FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Categoryゴミ・廃棄物 1/1

使い捨て・・・

No image

プラスチックやビニールなどの自然に帰らない使い捨て製品が蔓延っています。食品をはじめさまざまな製品が使い捨て容器に入れて販売されています。かなり昔から問題とされて来た事ですが、一向に改善されていません。改善されるどころか、こんなものにまで・・・という使い捨て製品がどんどん作られてきました。割り箸は昔から使い捨てでしたが、(自然に分解される木で出来ていますので、石油製品よりは許容できます。)今では外...

  •  10
  •  0

取水口を放水口の下流に設ける

No image

『成長の限界』は1972年に書かれた古い書物ですが、環境問題に関する興味深い記述を発見することができます。その中でも最も印象深かった一節を紹介いたします。それは成長から均衡状態への以降するための実際的手段を考察している部分で、本書p167 にある記述です。システムにいくつかの簡単な安定化のためのフィードバック・メカニズムを導入する示唆として2つの例が示されています。はじめの例は「汚染と資源枯渇という社会的...

  •  4
  •  0

臭いものには蓋をする

No image

学生時代、大変世話になった友人の下宿に遊びに行った時の事です。その友人の部屋に置いてあったごみ箱はよくある円筒形で上側が開いているタイプでしたが、その上の口に、ダンボールで作った手製の蓋が被せてありました。「この蓋自分で作ったんだ?・・いいね!」「うんでも、臭いものに蓋をするという発想はよくないんだけどね。」「えっ??なんで・・・?臭いものに蓋をするのは当然だよね?・・・蓋をしないで匂うほうが嫌だ...

  •  4
  •  0

ゴミだけでも十分に破滅する

No image

現在地球の環境問題は色々あります。原発推進と連動して、二酸化炭素地球温暖化説ばかりが強調されてプロパガンダされた為に、もっとシビアな環境問題がその陰に隠れている場合が色々あります。そんな深刻な環境問題の一つがゴミ、廃棄物問題でしょう。二酸化炭素温暖地球化問題に比べて、廃棄物の問題はあまり大きく取り上げられていませんが、非常に深刻な問題です。生態系の循環を回らない物が地表にばら撒かれて増え過ぎ、生態...

  •  4
  •  0

瓦礫の広域処理問題

No image

日本各地で震災の瓦礫を受け入れる、受け入れないの議論が巻き起こっています。当方も津波の被災地を訪れて1年も経っていまだに瓦礫の処理が殆ど進んでいない実態を目のあたりにしました。4トラックで数百万回分くらい運ばなければならない量です。エネルギー、石油の無駄遣いもいいところだと思います。従来よりゴミも地産地消すべきだと考えていますので、瓦礫が放射性物質で汚染されていなくとも、瓦礫を遠くに持っていって処分...

  •  4
  •  0

捨て場

No image

前回の【使い捨て容器】の続編です。 資源の枯渇は問題としてよく取り上げられますが、捨て場・・最終処分場の枯渇・・に関してはあまり取り上げられません。しかし、ゴミ、廃棄物の捨て場の問題は資源の枯渇以上に切迫した深刻な問題です。しかし、だからと言って、そこの住民が嫌がる最終処分場をもっともっとどんどん作るべきだ・・とは全く思いません。【最終処分場は必要か?】でも述べたとおり、対症療法的な最終処分・・処...

  •  14
  •  1

使い捨て容器

No image

使い捨て文化に関しては日頃より心を痛めています。ここのサイトでも【使い捨て時代】など何度か言及しています。日本古来の『勿体ないの文化』が見直されて久しいのに、21世紀になっても使い捨て社会は酷くなる一方です。特に生態系を循環しないプラスチック類の使い捨てゴミの問題は非常に深刻化しています。【アフリカの国花】などがその例です。先日集会で、昼食に弁当が出ました。弁当の容器がプラスチック制で、割り箸が付い...

  •  50
  •  0

ゴミ屋敷考

No image

前回の【ゴミこそ地産地消・・・地消は廃棄まで・・・】の続きです。 テレビなどで、よくゴミ屋敷のことが問題になります。ゴミが家の中や敷地に放置されて、ゴミに埋め尽くされた家の事です。家の主が他の家からゴミを集めてくる場合もあるようですし、割れ窓理論よろしくゴミ屋敷には他の人がさらにゴミを持って来て捨てる場合もあるようです。しかし、そんな場合を除いて自分の家で出たゴミだけでも、1年、5年、10年・・と溜...

  •  8
  •  0

ゴミこそ地産地消・・・地消は廃棄まで・・・

No image

 地産地消・・・地元で作った物を地元で消費・・・と言う昔の社会では当然だった事が最近また見直されています。(・・昔はごく当然の事だったので、「地産地消」と言う言葉も無かったのではないでしょうか?・・)グローバル化の弊害も見えるようになって、地産地消はますます見直されてきています。「地産地消」と言う言葉は、現在は大体食物について使われています。これから持続可能な社会を築くにあたっては、食物ばかりでな...

  •  24
  •  0

腐らないもの

No image

 現在、スーパーでもコンビニでも製品の多くはプラスチックの容器に入っています。スーパーやコンビニに置かれている商品のうち、容積にしても重量にしても、大きな割合が一度だけ使う容器のプラスチックです。現在レジ袋の廃止運動が進んでいて、レジ袋の廃止によって、どの位の石油が節約されて、CO2の排出がどの位減った・・・なんて盛んにアピールされています。それはそれで勿論好ましい方向ですが、レジ袋はポリエチレン[PE...

  •  28
  •  0

アフリカの国花

No image

 かつてゴミのない大陸と言われたアフリカには近年までゴミ箱がないのが普通だったそうです。人々は不用になった物をそこらへんに捨てていたそうです。生ゴミや木で作った物なら動物が食べたり、すぐに腐って分解したから、ゴミ箱は要らなかったのです。・・アフリカに限らず、どこの国でも昔はゴミ箱なんてそんなに必要ではなかったでしょう。 1990年あたりまでアフリカでは、市場で買った食材を鍋とかに入れて持ち帰っていたの...

  •  8
  •  0

再利用のシステム再構築

No image

 私の町での資源ごみの回収では、瓶は色ごとの回収です。透明系、茶色系、緑系、青系・の色の箱に分けて入れて回収します。茶色の一升瓶とビール瓶、スタミナドリンクの100ccの小瓶が同じ箱で一緒に回収です。 これは即ち、回収した瓶を洗って再利用[Reuse] しようと言う事ではなくて、融かして再資源化[Recycle]しようと言う事です。折角ビンの形に作ったガラスを石油などのエネルギーを投入して融かして、またビンを作る・・・...

  •  12
  •  1

リサイクルに尽力している場合か?

No image

最近、スーパーやコンビニ、企業、学校などで、たった一度くらいしか使わなかったまだ新しい段ボール箱を解体して気軽にリサイクルや廃品回収に出しているのが目立ちます。 曰く、「これは捨てるんじゃない、リサイクルして再資源化するんだ・・環境に配慮して資源を大切に使っている・・・」 ・・この考え方は、非常にまずいと思います。その段ボール箱を運搬するにも、溶かしてまた紙を作るのにもエネルギーや他の資源を沢山使...

  •  12
  •  0

ごみゼロの日

No image

 5月30日、夕食時に何気なくTVのローカルニュースを見ていたら、「今日はごみゼロの日です。県内の各地で、取り組みが行われました。郡山市では・・・」などと流れた。5月30日が530だから「ごみゼロの日」って事だ。ゴミを出さない運動か?って、何とは無しにどんな事やってるのか見てたら「みんなで駅前や道路を清掃しました。」・なんてのはまだいいのだが、「ポイ捨て禁止を呼びかけ、ゴミ袋を配りました。」・・・って、通行...

  •  2
  •  0

ゴミは地域で処理しよう。

No image

 現在、ゴミ、廃棄物の処分場の枯渇が問題になっています。ゴミの処分場はどこでも自転車操業状態です。しかし、その問題は問題の深刻さと比べて、あんまり問題にされていません。時々テレビなどで特集を組まれると、そのときは大変だとは思っても、いつの間にか忘れ去られてしまいます。他の華やかな (?)環境問題、地球温暖化問題やエネルギー問題(環境問題とは言えませんが・・)などと比べると一見地味な問題に見えます。...

  •  2
  •  0

最終処分場は必要か?

No image

最終処分場とは、不要になったもののうち再利用や再資源化が困難なものを処分する施設との事ですが、早い話が処理し切れなかった廃棄物の最終置き場です。  江戸時代あたりのゴミなら埋め立てしても安心ですが、今の酷いゴミは、そう簡単にはいきません。有機塩素系や水銀などの重金属系の廃棄物は厄介です。・・・放射性廃棄物に至っては、お手上げと言うしかないでしょう。   最終処分場にも種類があり、有害廃棄物は遮断型...

  •  0
  •  0

買い換えは環境対策ではなく、経済対策

No image

「環境に優しい商品」・・・と云う言葉は好きではありません。うさん臭いものばかりで大抵信用出来ません。 最近、エコ製品が世の中に溢れています。・・・それを最大のセールスポイントにしている製品も多々あります。・・・騙されないようにその見極めが大切ですが・・・しかし、現在使っている「環境にあまり優しくない製品」と言われている製品を廃棄してまで環境に「優しい製品を買うこと」が、本当に環境負荷が減ると鵜呑み...

  •  6
  •  0

資源の枯渇より汚染の捨て場の枯渇

No image

 再生不可能な地下資源などはいずれ枯渇します。・・特に、現代の大量生産大量消費の社会のままでは枯渇はすぐでしょう・・石油をはじめ多くの資源が今世紀中に枯渇されるといわれています。(石油は、20世紀に枯渇すると言われていましたが・・・)そして、地下資源の枯渇の問題は、色んなところで議論されていますが、枯渇する資源は、自然の循環に乗って再生しないからです。つまり最後には処分不可能な廃棄物になるのです。・...

  •  2
  •  0

ゴミの持ち帰りは好ましいか?

No image

 山や森、川や湿原など、自然が残された場所では、ゴミ箱が設置されていない所が多く、ゴミの持ち帰り運動が定着しています。 私は以前より、このゴミの持ち帰り運動には疑問を持っていました。いや、普通にゴミ箱を設置せよという積もりは毛頭ありません。人がこんな所まで持ってきたゴミを、わざわざ税金を使って回収する必要はないでしょう。それなら自分達で持ち帰るべきです。 私の疑問は、こういう場所からゴミを持ち帰る...

  •  0
  •  0

ゴミまで過剰包装

No image

 最も多いゴミは何でしょう?・・・ゴミ収集所で出されたゴミ袋の中を見ると、袋の中は、容器や袋だらけなんてことはよくあります。つまり、特に「使い捨て」にする必要のない容器や袋包みなどの「使い捨ての入れ物」が、最も多いゴミではないでしょうか? 日本でも過剰包装の勿体無さが叫ばれて久しい筈ですが、過剰包装はなくなるどころか余計に増えています。パッケージ専門店なんてのまで現れる始末です。  なくならない過...

  •  0
  •  0

使い捨ての出来る生活

No image

私は物をあまり捨てません。・・・まだ使える物・・・ペットボトルや食品トレイなどしか思い浮かびませんが・・・を捨てる時、罪悪感があります。 一瞬なんとも嫌な気持ちがします・・・・ しかし一方、ほとんど罪悪感を感じない場合があります。それは例えば、食べ忘れて腐ってしまったもの・・・腐らせてしまうまで食べ忘れていた事には、失敗したと罪悪感がありますが、これを捨てることには罪悪感がありません。・・・これを...

  •  5
  •  0

使い捨て時代

No image

 かつて使い捨て時代などと言われた時代がありました。ひと昔以上前、1970年代頃でしょうか?「消費は美徳」とさえ言われたとんでもない時代です。  経済優先の考え方から、大量生産・大量消費・大量廃棄が行われ、数々の公害問題が起きた時代です。 子供の頃この言葉を聞いたときは、なんとも嫌な気持ちにさせられたものです。日本には、「勿体ない」と言う言葉があるのに、経済優先の悪しき流れに乗って、こんなコピーフレー...

  •  0
  •  0

地下資源リサイクルの掟

No image

リサイクル再考5 地下資源の特徴は、生態系を循環しないと言うことです。(生命に必要な金属元素はごく微量ですので考慮いたしません。)生態系を循環して再生しませんし、新たに生産もされません。・・・鉱物資源を「生産」すると言いますが、ただ掘り起こして精錬するだけの事です。 そんな地下資源は、人工物質とともに環境汚染物質の大半を占めます。(環境汚染を引き起こす人工物質も大抵地下資源である石油などから作られ...

  •  4
  •  1

重点目標はうんちやおしっこ 

No image

リサイクル再考4   前回、最もリサイクルすべき物は、生物の体内で作り出した全ての物であると断言致しました。そして、その中でも特に強調したいのが、人間や動物のうんちやおしっこです。 現代社会は、自然の摂理の感覚の欠如により、とんでもない糞尿の処理がなされています。一言で言えば、糞尿を生態系に循環させていないのです。その為、このままでは、食糧生産も落ち、社会は持続不能でしょう。だから、糞尿の処理につ...

  •  2
  •  0

最もリサイクルすべきもの 

No image

リサイクル再考3  どんなことがあっても絶対にリサイクルすべき物は、何でしょうか?!?・・・私は生物の体で作った全ての物であると考えます。(基本は有機物ですが有機物でなくとも、生物の廃棄物である二酸化炭素や水も勿論含めます。)これこそ、言葉の意味のまんま、Re-再び  cycle-循環する でしょう。 つまり、「生物の個体の中に取り入れられて、ほんの一時的に個体内に止まって循環から隔離されていたものを、また...

  •  0
  •  0

.リサイクルには気をつけよ!

No image

リサイクル再考1 このブログを始めた初期の頃に、リサイクルに対する基本的スタンスは何度か言及しています。 → 【Produceless2】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-8.html この時↑リサイクルの本質も概ね説明したつもりです。そこであまりリサイクルに積極的でない理由も述べています。でも、現在行われているリサイクルがあまりにも酷過ぎて、すればする程逆に環境汚染になる類のリサイクルも多いので、もう一...

  •  2
  •  1

埋める

No image

 前回は、拡散の方法がどんなに愚かかを述べたが、拡散ほど愚かではないが、やはり愚かな方法に「埋める」という方法がある。大気中や海に「散らす」のに対して、地面に穴を掘って埋める方法である。 勿論、有機物を埋めて微生物の力で肥えた土に戻すのは、大賛成だ!!  そう言う循環系以外の廃棄物が問題だ! 危険なゴミは、外に漏れると大変だからと更に大きなゴミとなるシートまでつくって敷く。そして当然の事ながらシー...

  •  1
  •  0

高い煙突

No image

 酸性雨の原因は、化石燃料の使用によって排出されるNOx とSOxによる大気汚染だ。工場の煙突からの廃棄ガスや自動車の廃棄ガス。 自動車の廃棄ガスは急激に自動車の増えた最近は深刻だが、昔は主に工場の煙突からの廃棄ガスのほうが問題視された。日本でも1960年代頃から『公害問題』として騒がれていた。 そして、公害対策に限らず、なにか問題が起きたら、 『元を絶つ』と云うのが基本だと思うが、本当にしょうもない方法、...

  •  1
  •  0