FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

CategoryCO2 1/1

低炭素という低俗な戦略

No image

「低炭素 [low-carbon] 」と言う言葉が流行っています。マスコミや政府は好んでこの言葉を使い、様々な学会でも頻繁に飛び交っているようです。最近は「エコロジー」の言葉の代名詞のようにさえ使われています。低炭素社会[low-carbon society]から始まって、低炭素経済、低炭素技術、低炭素商品、低炭素サービス・・・そして、「発展途上国における低炭素投資」、等という完全にビジネスとしか思えない怪しい表現もどんどん作ら...

  •  5
  •  2

二酸化炭素が温暖化の主因と言えるか?

No image

現在、二酸化炭素の増加が地球温暖化の主因であると言うしっかりした証拠は存在しません。二酸化炭素が温暖化の主因である証拠として一番に挙げられていることは、二酸化炭素の増加に伴って、地球の平均気温の上昇が起こっている事を示すデータですが、必ずしもきれいに連動していません。二酸化炭素の増加に伴う地球の地上気温の上昇の傾向は、気温の観測資料からは必ずしも明瞭ではありません。つまりまともな証拠は観測されてい...

  •  14
  •  0

二酸化炭素温暖化対策の大罪

No image

 二酸化炭素(酸素原子と炭素原子)は、普通に生態系を循環する物質の代表です。生態系にかなりの量必要な物質です。酸素原子と炭素原子は、水素原子や窒素原子と並び、生体を作る主要な原子です。最近、クライメートゲート事件や、IPCCの「ヒマラヤ氷河が2035年までに消滅する」との予測のミスの報告などによって、地球温暖化説の虚構がますます取りざたされています。 二酸化炭素に「温室効果」(・・・というよりも原理から言...

  •  30
  •  0

二酸化炭素への換算・・

No image

今月は、気候変動枠組み条約締約国会議[COP15]がデンマークのコペンハーゲンで開かれました。話題の中心は、やはり国別の温室効果ガス排出量削減目標でした。  いわゆる温室効果ガスと言えば、二酸化炭素が連想されて、他の温室効果ガスは知らない人も多いのではないでしょうか。他の温室効果ガスと呼ばれるメタン、一酸化二窒素、代替フロン等の排出量も、地球温暖化係数というもので二酸化炭素に換算されて総量で表されます。...

  •  22
  •  0

二酸化炭素排出量削減について

No image

 鳩山首相は、国連本部で開かれた国連気候変動首脳級会合の開会式で演説し、2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する新たな日本の中期目標を表明しました。 政権交代して、民主党政権は予想以上に頑張っています。政権交代して本当に良かった・・・と思っている人は多い事でしょう。私も今のところ、今回の政権交代ははじめの期待以上に評価しています。 しかし、「温室効果ガス1990年比で25%削減」は戴けません。そ...

  •  4
  •  0

COP13を終えて

No image

 インドネシアのバリ島で開かれた国連の気候変動枠組み条約第13回締約国会議(COP13)が去る12月中旬に閉幕しました。 CO2温暖化説の詳しい内容を知る以前は、アメリカが京都議定書にサインしなかった事などに、怒りなどを感じたものですが、最近はこの手の会議の内容が、馬鹿らしい感じがして、積極的にこの会議の内容を知ろうとは思いません。・・・知るほどにやるせなさと人類の愚かさを思い知ります。・・・ 私はCO2...

  •  2
  •  1

環境省への抗議文

No image

 以前、CO2海底下地層貯留の愚かさについて、論じました。↓ http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-75.html 最近、HN”ラグナログ”さんという方から、このことについて、環境省に抗議して欲しいとの旨のコメントを戴きました。(2007/1/7付け記事【IPCCの報告が本当ならば】へのコメント)彼自身も、しっかりした抗議メールを送っていらっしゃるようなので、私も環境省の意見募集に以下の抗議文を送らせて戴きます。 ...

  •  9
  •  0

気象予報出来ずして気候予測は有効か?

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-余談編   「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」          近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 -スミマセン!!!!!今回は本書の番外編として、本書に一番思い入れのある部分を書こうと思いましたが、近藤邦明氏のHPの公開討論を見て、気象&気候シミュレーションの関係を、人間に置き換えて考えてみると分かりやすいと、ふと思いましたので、予定を変更し...

  •  4
  •  0

CO2温暖化説への見解

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-9   「地球温暖化は憂うべきことだろうか?- CO2温暖化脅威説の虚構」          近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 - 今まで、本書を中心に、他の書物やいろいろな方のコメント、コメント頂いた方々のご紹介のHPを参考にCO2温暖化脅威論について、考察して参りましたが、私の現段階での見解を述べさせて戴き、この事に関しては一旦閉めさせて戴きます。 CO2温暖化説への私の見解は、...

  •  15
  •  0

IPCCの報告が本当ならば

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-8   「地球温暖化は憂うべきことだろうか - CO2温暖化脅威説の虚構」          近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 -  CO2地球温暖化を信じている多くの人は、肌で温暖化を感じて(実はヒートアイランド現象などの為だったりもするのですが・・)、マスコミの様々な報道を見て、地球温暖化を信じているわけです。その原因がCO2と言われれば、そうかと思うだけです。 そしてある程度...

  •  14
  •  0

石油代替エネルギ-システム

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-7   「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」         近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 - 現在、有効な(工業的)エネルギ-は石油だけと近藤邦明氏は言っています。    これから、石油枯渇の時代を迎えるにあたって、大切なことは代替エネルギ-を考えることと言われていますが、その方法があまりに出鱈目です。 本来、エネルギー問題は環境問題の主要...

  •  7
  •  0

温暖化は脅威か?

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-6   「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」           近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 - 今年は暖冬です。私の住んでいる福島県の会津地方は雪国です。(ずっとここに住んでいた訳ではありませんが・・・)こんなに雪の降らない冬は記憶にありません。屋根から落ちた雪と屋根が繋がってしまう心配も今のところありません。 スキー場やその周辺の宿が困...

  •  10
  •  0

気候シミュレーションは根拠になり得るか?

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-5  「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」         近藤邦明[著] 不知火書房 - 考 -  前回は複雑系のカオスである気候の長期予測の無効性について述べました。日本が誇る世界最高レベルのコンピュータ「地球シミュレータ」であっても100年後の気候の予測は、信頼するには程遠く、「あるモデル下での1つのシミュレーション結果」というだけの評価に過ぎ...

  •  3
  •  0

気候シミュレーションは有効か?

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-4  「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」   近藤邦明[著] 不知火書房  - 考 -  バタフライ効果 - とは、北京でチョウチョが羽ばたけば、ニューヨークの天候が変わる(蝶の羽ばたく場所と天候の変わる場所は色んなバージョンがあります・・)というカオス理論を代表する言葉です。カオス[chaos]とは「混沌」とか「無秩序」とか訳しますが、物理の...

  •  23
  •  1

CO2温暖化が疑わしい証拠

No image

CO2温暖化脅威説は本当か?-3  「地球温暖化は憂うべきことだろうか? - CO2温暖化脅威説の虚構」             近藤邦明[著] 不知火書房 -考- 前回は、CO2が温暖化の主原因ではない理由を述べました。(前回の分を見直すと急いでわかりにくく書いてあるのでもっとやさしくまとめます。失礼!) 赤外線を吸収するのが温室効果ガスですが、分子の種類によって、それぞれいくつかの狭い赤外線の吸収帯がありま...

  •  15
  •  0

CO2が温暖化の主因でない理由

No image

CO2温暖化脅威説は本当か-2 「地球温暖化は憂うべきことだろうか?- CO2温暖化脅威説の虚構」            近藤邦明[著] 不知火書房 - 考-  先ず、近年、地球が温暖化している事は、我々が実際肌で感じている事ですし、観測データ的にも間違いのない事ですが、この本ではそれがCO2の増加に起因するものかと言う事を考察致します。 これは、かなり専門的な内容で、検証も大変な事ですから、「CO2は、大気...

  •  7
  •  0

.CO2温暖化脅威説は本当か?-1

No image

今年の夏に「地球温暖化は憂うべきことだろうか CO2温暖化脅威説の虚構」                 近藤邦明[著] 不知火書房という新聞広告を見つけました。同じ欄に、他にも危なそうな本が紹介されていた事や、(出版社はあまり知らないのですが・・)出版会社がうさん臭そうに感じた事もあり、とんでもない眉唾だ!・・と思いましたが、ずっと気にかかっていました。このタイトルが頭から離れませんでした。 普通...

  •  8
  •  1

CO2を海底に埋める

No image

 廃棄物の海洋投棄について定めたロンドン条約に基づく議定書の締約国会議がロンドンで開かれ、海底下の地中に投棄可能な廃棄物に二酸化炭素を追加する議案が採択されました。こちらのブログ↓ に仕組みと関連記事もリンクされています。≪自然の摂理から環境を考える≫http://www.sizen-kankyo.net/cgi/mt-tb.cgi/49↑のブログの意見と重複もありますが、このCO2の海底投棄に関し、反対意見を述べさせて戴きます。 何故実際のCO2の...

  •  2
  •  0

真のCO2ニュートラル

No image

 地球上ではヘリウムフラッシュ(ヘリウムが核融合して炭素になること)やカーボンフラッシュ(炭素が核融合してマグネシウムになること)がある筈がないから(あったら大変だ!!)、地球を取り囲む大気や地球の内部も含めて、地球上の炭素原子の量は変わらない。これが本当の言葉の意味でのカーボンニュートラルであろうが、それは言葉の定義の話だからどうでもいい。環境問題の意味するカーボンニュートラルは、「CO2ニュートラ...

  •  2
  •  0

CNがCMに

No image

 "カーボンニュートラル"とネットで検索すると、日本ではまだ、この言葉が「定着していない新しい言葉」なので、その概念を説明するページに出合う。または、カーボンニュートラルとしてバイオマスやぺレット等のグリーンエネルギーに取り組んでいる会社のHPに辿り付く場合が多い。これはこれで、今まで私が危惧してきた問題点も内包している。 さて、「Carbon Neutral"と英語で検索したら、凄い事になっていた。かなり、日本と...

  •  2
  •  0

金融機関のCN

No image

 イギリスに本社を持つある銀行のグループでは、CO2の排出量をいくつかの方法で削減する事によって、”理論上相殺する”というカーボンニュートラルのコンセプトを打ち出して注目を浴びているそうだ。 具体的には、この会社のグループが世界で実施している事業活動によって発生するCO2排出量を以下の3つの方法で、削減、相殺し、CO2を排出しないと 言っている。  (1)事業所における省エネ活動 (2)風力発電を含むグリーン電...

  •  0
  •  0

CNに物申す2

No image

「植物をそのまま置いておくほうが、燃やすよりはいいでしょう?」と、質問すると  カーボンニュートラルの推進派は答える(かも知れない)。「植物が腐ってゆくと最後にはCO2 とH2Oになるから、長いスパンで見ると燃やして燃料にするのとは変わりない。だから、燃料として活用した方がいい。」 確かに分子の結合エネルギーは負のポテンシャルエネルギーであり、状態量であるから、同じ炭水化物は、燃焼でCO2とH2Oに分解しても...

  •  2
  •  0

カーボンニュートラルに物申す1

No image

 カーボンニュートラル[ Carborn Neutral ] って最近地球温暖化対策を論議する時によく耳にする言葉だ。 そのカーボンニュートラルの意味は、「ある程度長い目で考えると、『木材(植物)を燃やしても大気中のCO2は増えない』という考え方だ。何故なら、 木は光合成によって、二酸化炭素と水で炭水化物を作り、そこから自分の体となるタンパク質を作る。それを燃やせばまた、元と同じ量のCO2とH2Oに戻 るから。」と言う原理だ...

  •  0
  •  0