FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Category思想 1/1

自然崇拝

No image

 自然崇拝は、人類の最も原始的な思想、哲学だと考えられています。しかし、最も原始的だからといって劣った思想と考えるのは、科学技術と合理主義を妄信した現代人の短絡的発想でしょう。 それは、まだ人類が、森に住んで狩猟生活をしていた頃の長い歴史・・人類の歴史の99%以上・・・を通して経験した事から必然的に発生したものでしょう。人間は自然の一部だと言う当然の認識から発生した人間と自然の共存の思想、哲学です。...

  •  6
  •  0

唯物論

No image

 科学の時代といわれる現代は、その科学万能主義の根拠として唯物論があります。 以前、中国の環境問題だったか社会問題だったかをネットで調べる為に検索していたら、大変興味深いサイトに出くわしました。・・残念ながらそのサイトをしっかりチェックしておかなかった為に、サイト名もわからず、その時流し読みしたきりアクセス出来ないのですが・・・このサイトに心当たりの方がいたら教えて下さい・・・・中国人が、日本語で...

  •  10
  •  0

クリスマスに思うこと

No image

 かなり以前から、日本ではクリスマスを祝っていました。キリスト教でもないのに変ですねえ・・・でも神仏混合の例もあるように、無節操なのが日本の宗教で、それが悪い事とも言えません。自分達の神こそ唯一とばかりに宗教で戦争するよりはずっとましでしょう。・・って、日本のクリスマスを、宗教の観点から語るのは、お門違いですね。商業や経済で語ったほうが現実に則します。×××× ×××× ×××× ×××× ×××× 幼い頃、クリスマ...

  •  6
  •  0

アイヌ人の自然の摂理に対する洞察の鋭さ

No image

前回、【アメリカ インディアンの言葉】でもかいたように、自然の摂理に対する的確な感性を持っている民族は、他の生物に対しても、他の民族に対しても共存共栄の思想があり、包容力がある分、好戦的でなく、自然の摂理に対する感覚が欠如しているエゴの強い、征服欲の強い民族に滅ぼされて来た歴史があります。 前回は白人が、アメリカ・インディアンを滅ぼした事について書きましたが、日本人もアイヌを滅ぼしたと言われていま...

  •  2
  •  0

アメリカ インディアンの言葉

No image

 前回、自然の摂理の感覚が麻痺した人々が増えていることを指摘いたしました。 持続可能な社会を考える場合の問題点は、自然の摂理の感覚を持っている人間のほうが、持っていない人間より強いとは限らない事でしょう。いや、往々にして、自然の摂理に対する感覚が欠如している人間の方が、強く、悪賢く、自然の摂理に対する感覚のある人間を滅ぼしてきました。有名な例が、アメリカ・インディアン(NA) を滅ぼした白人達でしょう...

  •  2
  •  0