FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Category思想・価値観 1/1

その日暮らし

No image

以前、記事【追われる生活】2012-11-11の書き出しに、以下のことを書きました。『多くの現代人(以前、こ日本人)は、生まれてから暫くの間、幼少の頃までは、余裕のある生活・・・時間がたっぷりあって、色々な新しい事に興味関心を持って飽きるまでやる事が出来た時期があったのではないでしょうか? それが、小学校、中学校、高校と進むにつれて追われる生活に変わって来ます。勉強に追われ、部活動に追われ・・・。・・そして...

  •  12
  •  0

希望と夢

No image

~夢は要らない。希望があれば~ 現代社会では「夢と希望」と言うように、『夢』と『希望』はひとくくりで語られる事が多々ありますが、かなり違った概念かと思います。『夢』とは、将来実現したらいいなと思う願望のこと(実現性が高いかどうかは関係ありません。)一方『希望』を『夢』と差別化を明白にして定義すれば、「将来に対する期待。先行きの明るい見通し。」となりましょう。簡単に言えば、『夢』とは、実現性があろう...

  •  23
  •  0

高度経済成長と言う特殊な局面でつくられた特殊な価値観

No image

 誰でも考え方、価値観は、自分が生きている時代に大きく影響されると言います。「大きく影響を受ける」・・・と言うよりも、「その時代と共に生きて、その中で価値観が培われ、形成されていく」・・と言うべきでしょう。一方、現代の「自由社会」では、何でも自由な考えをしてよく、「自由な教育」を受けて、多様な価値観が認められ、多様な価値観が育っている・・・と漠然と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし実際...

  •  4
  •  0

直ぐに企業を辞める新人たち

No image

先日、日帰り温泉に置いてあった一年ほど前の週刊誌に、読んでみたい内容の見出しがありました。「1年たたずに辞める新入社員たち」。・・見出しの上にはサブタイトルとして「君たち、社会をなめていないか?」とありました。内容の半分は、「自分の能力を過信する若者」「辛抱が足りない世代」等、ありふれた内容で、特にコメントする必要も感じないのでスルーします。(ネットで検索してみたら、私がスルーした内容が多くの議論...

  •  8
  •  0

人間の判断力

No image

~何故平気でいられるのか?~ 日本に限らず、世界中の殆どの国家が、いまだに「成長戦略」を政治、国家戦略の重要な部分に置いています。それにもかかわらずバブルの崩壊やデフォルトなどの経済危機が世界的な広がりを見せています。世界中の多くの自然が消滅し資源も減少しています。そして何よりも資源の開発と浪費によって、深刻な環境破壊、環境汚染が地球の至る所で起こっています。様々な問題が対症療法的にしか解決されず...

  •  12
  •  0

追われる生活

No image

多くの現代人(日本人)は、生まれてから暫くの間、幼少の頃までは、余裕のある生活・・・時間がたっぷりあって、色々な新しい事に興味関心を持って飽きるまでやる事が出来た時期があったのではないでしょうか? それが、小学校、中学校、高校と進むにつれて追われる生活に変わって来ます。勉強に追われ、部活動に追われ・・・。大学時代は、比較的余裕がある時代だと言われますが、二十歳の頃、余裕を持って生活している現代人は...

  •  4
  •  0

経済のトレンド

No image

「経済のトレンド」と言えば、投機目的の経済動向の話題のようですが、・・投機的短期のトレンドの話ではありません。・・でも敢えてそんな誤解を呼ぶようなタイトルにしてみました。(笑)・・・「経済」と言う概念自体に対する時代のトレンドを考えた場合、投機で使う「長期」と言う言葉はどれも短期過ぎる話です。そうではなくて、世紀にわたる「長期」の話です。つまり経済がどのようなものである(べき)か・・と言う「トレン...

  •  20
  •  0

悲観論か?

No image

 人間は楽観的な部分と悲観的な部分とを両方持ち合わせています。その割合は人それぞれで、楽観的な部分が大きい人がオプティミスト[楽観主義者)]、悲観的な部分が大きい人がペシミスト[悲観主義者]と呼ばれます。しかし実際は人をどちらかに固定する事は出来ません。環境の変化によって・・時と場合によって・・一人の同じ人間がオプティミストになったりペシミストになったりします。私自身その両方を持ち合わせていて、ど...

  •  38
  •  0

高々数百年が永遠か?

No image

コロンブスの新大陸発見と言う名のヨーロッパ人によるアメリカ大陸侵略開始、アジアなどへの植民地主義的な大航海時代から500年ほど。産業革命から300年くらい。経済成長なんて概念が出来てからはまだ、高々100年です。その間に確立されてきた・・・と言うよりも世界中に蔓延ってきた現代社会的価値観・・・科学万能主義、地域の開発と工業化、金融資本主義、経済成長主義に現代人は縛られ過ぎています。・・洗脳されていると言え...

  •  12
  •  0

限界は敗北のしるしではない

No image

 物事には限界があります。その限界が明確か不明確かの違いはあるでしょう。だから、はっきり限界線を引けない場合もありますが、それでもアバウトな限界ラインは存在するでしょう。(宇宙に限界はあるかとかそんな議論は今致しません。)勿論、科学技術にも限界があります。その限界をしっかり認識するのも大切な科学です。限界を調べてそれに沿った方法を提示するのも科学でしょう。 色々な条件を考慮した場合、現実の問題とし...

  •  2
  •  0

ゼロサムゲーム

No image

 地球は外部の宇宙とエネルギーの交換はするが、物質は交換しない【閉じた系】と考えられる事は前回述べました。だから地球上で行われている変化はグローバルに考えれば、物質的にはゼロサム[zero-sum]・・差し引きゼロ・・と考えられるでしょう。ゼロサムゲームとは、全体の利得の総和がゼロになる状況のゲームです。 例えば仲間内の賭け事がゼロサムゲームの代表例でしょう。ある物の価値が変わらないと考えた場合、その物の売...

  •  2
  •  0

そんなに働く必要があるのか?

No image

 現代は昔ほど重労働をしなくて良くなった・・・科学の進歩で大きな力を使う力労働は機械がやってくれるし、煩雑な事務処理はコンピュータがやってくれる・・・便利な世の中になった・・・と言われますが、本当にそうでしょうか?・・・最近こそ不況でワークシェアリングも脚光を浴び始めましたが、それでもいまだにほとんどの業種で労働時間は過剰に思えます。定職に就いていれば、週に5日以上1日8時間以上、・・・と言うのは...

  •  14
  •  0

衣食足りて・・

No image

 現代社会・・・少なくとも日本は、物質的に豊かになったと言われます。物が溢れている事に間違いはないでしょうが、作り過ぎて物が有り余っている事に『豊か』と言う表現を使うことには違和感があります。それを『豊か』と表現する事自体が精神的に貧しい現れではないでしょうか。『衣食足りて礼節を知る』と言う格言があります。意味は、読んで字の如くですが、『衣食足りて』をちょっと拡大解釈して「経済的に十分である」とか...

  •  8
  •  0

森の崇拝

No image

日本の自然崇拝の中で最も基本になるのは、森やそこに生える木に対する崇拝でしょう。 日本の神社には、必ず森や林があります。神社の神殿や拝殿というものは、7世紀頃出来たものらしく、それ以前は森そのものが神様だったようです。神様をあの神殿に閉じ込める事は出来ない筈であり、神様は空から時々木に降りてくると考えられていたのです。御神木にはしめ縄が張ってありますが、それは、この木に神様が降りてきますよという印...

  •  2
  •  0

迷信

No image

 現代人は迷信深い人間なんてあまりいやしない・・・と思いきや TVなどに、自称、霊感のある人だとか霊視が出来るとか占い師だとか予言者だとかが頻繁に出て来て、正式な職業名は分からないけど、彼等、彼女らが人気を博している。彼らの出る番組の視聴率はいいらしい。 そんな風潮にはかなり辟易・・・している人は結構いるだろう。ギボアイコ、ホソキカズコ・・・エハラとかいう男もいたような・・・。もしも万が一霊が存在し...

  •  5
  •  0