FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Category作物、畑 1/1

私の住む町には20世紀半ば頃まで、柿の木と栗の木はほぼ全く無かったそうです。近隣の市町村は沢山の柿の木も栗の木も豊富にあったにもかかわらずです。それは私の住む町には柿と栗の木を植えてはならないと言う言い伝えがあったからだそうです。その言い伝えとは、・・・私の住む町中には諏訪神社があるのですが、(2010年に放火されて焼けてしまいました。【焼けてしまった地元の神社】)そこのお諏訪さまが、ある日散歩していた...

  •  18
  •  0

固定種の草むら

裏庭の芝生を掘り起こして畑にしてから5年目になります。毎年春、雪が融けてから、5月始め頃に、高めに作った畑の畝に堆肥や米糠を入れ、土を盛ったり、少し横に移動したり、草も取って、雑草もあまり生えてない状態に整備します。そして、家の南向きの部屋で育てた苗を定植したり、作物の種を蒔いたりします。その時期、多くの雑草の芽も生えて、何度か草取りをしますが、いつも意図的に少し抜かずに残します。特に朝顔や紫蘇、ち...

  •  14
  •  0

雨宿りアゲハ

子供の頃からアゲハ蝶は大好きです・・・。アゲハ蝶がやって来て花にとまると、そっと忍び足で近づいて、手で捕まえていました。それを家に持って行き、紙箱に箸で沢山細かい穴を開けて、綿に砂糖水を浸して入れて置きました。虫籠の代わりに母が教えてくれたのです。・・・でもそうするとアゲハ蝶は箱の中で暴れて、羽のあちこちが傷つきました。何日か経つと逃がしていましたが、今にして思えばあんなことするんじゃなかったと思...

  •  4
  •  0

食用鬼灯

2、3年前、『ばあちゃんの畑』と言うブログで、フルーツほおずきと言うものを知り、育てて食べてみたいと思っていました。昨年秋に、岩手県の龍泉洞のところで、食用ほおずきを見付けて一パック購入して友人と食べてみました。13個入りで700円、ほおずきの袋を見れば大きいけれど、中の食べる部分は、小さめのミニトマトやさくらんぼ、ブドウ粒くらいの大きさで一粒50円くらいですから、高いと思いつつ試しに食べたその味は、非常...

  •  4
  •  0

開墾

『開墾』は大げさですが、庭の荒れ地・・・おそらく何年か前・・・5年前か10年前か・・・・は花壇のように花や木が植えられていた場所・・・現在は雑草や雑木が生い茂った場所・・・を「開墾」して畑にしました。庭の東側と西側の2ヶ所、それぞれ、一坪程(3畳くらいかも知れません)の小さな土地です。雑草を抜き、土を掘って石ころや木や草の根っこを取り去りました。ススキの根と大きな石や瓦のかけらがなかなかしぶとかった...

  •  10
  •  0

固定種トウモロコシの勢い

 芝生を畑に変えた4年前から毎年トウモロコシを植えています。荒れ地や芝生を畑にする時は最初にトウモロコシを植えて、収穫後は茎を切って埋めればいい畑になるとものの本に書いてありました。確かにそうやって、芝生を畑に変えました。トウモロコシは種から蒔いた方がしっかり成長します。(苗を買って来て植えるとよく育ちません。)昨年までは普通に地元のホームセンターなどで購入していたF1品種を蒔いていました。育った...

  •  4
  •  0

ぐみ

私の家の庭には幸いな事に、私が切り倒した庭の木や切った木の枝を焼いて、炭と言うか、灰を作って置いてくれる人がいます。【米子さん】6月半ばの土曜日、まだ東北地方は梅雨入りの前、庭で作っているミニトマトの鉢の表面に灰を入れようと思って、庭の南西の隅の、炭、灰が貯めてある場所に行くと、地面の上に赤い実が落ちているのが目に止まりました。「あっ・・これは・・・・ぐみだ!・・・そうか、もうそんな季節か・・・!...

  •  7
  •  0