FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2006年10月 1/2

ねずみ講のような経済学

No image

ねずみ講とは、無限連鎖ともいい、加入者がねずみ算式に会員を増やす事により、加入金額以上の金額を得る一種の金融組織で、法律で禁じられています。 ねずみ講は、やめた時点で破綻するので、破綻しない為には無限に続けなければなりませんが、人間の数は有限でそんな事は不可能です。すぐ破綻し、社会問題になります。 破綻を伸ばし、会員が増えれば増える程被害が大きくなり、カタストロフィーになります。よく考えて見れば、...

  •  1
  •  1

マスに上る鯉

 最近寝不足が続いていたが、今朝も明け方に寝た。今日は10月の最終日曜だし、天気も良かったので魚捕りするなら今年最後だと思った。 最近コンタクトがとれた青菜漬さんのご主人に連絡したら、もう、小さい魚しかいないとの事。でも娘に自転車で隣町まで行く経験もさせたかったので、午後に自転車で娘と美里町まで向かった。一応扇形の網と小さなバケツとを持って。隣町と言ってもわが町との境界線の近くにあり、自転車をゆっく...

  •  2
  •  0

教育課程

No image

 この頃、ニュースで高校で必修科目で世界史等をやらずに、他の科目を履修させて、やった事にしている事が問題になっているが、はっきりいって、どうでもいい問題である。余り関心がない。保健や家庭科くらいしっかりやって欲しいくらいか。まあ、スポーツで騒ぐよりはましかな程度。当事者は大変だろうけれどこんな事で騒いでいる猶予などない。 高校生はそんな世界史とかやるより、もっと考えるべき問題が沢山ある。 問題にな...

  •  1
  •  0

埋める

No image

 前回は、拡散の方法がどんなに愚かかを述べたが、拡散ほど愚かではないが、やはり愚かな方法に「埋める」という方法がある。大気中や海に「散らす」のに対して、地面に穴を掘って埋める方法である。 勿論、有機物を埋めて微生物の力で肥えた土に戻すのは、大賛成だ!!  そう言う循環系以外の廃棄物が問題だ! 危険なゴミは、外に漏れると大変だからと更に大きなゴミとなるシートまでつくって敷く。そして当然の事ながらシー...

  •  1
  •  0

高い煙突

No image

 酸性雨の原因は、化石燃料の使用によって排出されるNOx とSOxによる大気汚染だ。工場の煙突からの廃棄ガスや自動車の廃棄ガス。 自動車の廃棄ガスは急激に自動車の増えた最近は深刻だが、昔は主に工場の煙突からの廃棄ガスのほうが問題視された。日本でも1960年代頃から『公害問題』として騒がれていた。 そして、公害対策に限らず、なにか問題が起きたら、 『元を絶つ』と云うのが基本だと思うが、本当にしょうもない方法、...

  •  1
  •  0

雑草目線~第3幕~ by坂番

...

  •  1
  •  0

空中鬼

No image

(本日は、件の友人にならって、『です、ます調』で書いてみます。) 中国で空中鬼、または空中死神 、 ヨーロッパで、緑のペスト(植物に対するペストと云う意味) と呼ばれているものが何だかご存じですか? 私もその単語は最近知りました。 酸性雨の事です。経済成長と酸性雨はアバウトに比例関係があるのですが、何故か奇跡的にここ日本では、被害が顕著に出ていない、ので日本人の中には、「対岸の火事」的に思っている...

  •  2
  •  0

ダムはムダ

No image

件の友人から岩手県一関市周辺でのダム工事に対するメールが届いた。的を突いた分かりやすい内容だった。ダムについてはまだ載せていなかったので、そのままブログに載せていいか確認したところ、ラフな口調の語尾を”ですます調”に変えて、しっかり書き換えて(笑)送ってくれたので、そのままの形で載せさせて戴く。・・・(ココカラ)・→この間実家の一関に帰ったら胆沢ダム工事をPRする折込新聞が我が家にも入ってました。上質...

  •  0
  •  0

カタストロフィーの理論

No image

 私のような環境問題に対し、きわめてシビアーな警告 (これでもそんなにシビアーでない)に対して、「まだ、現実に起こっていない色々な危機感を煽っているだけ」と思っている人達が結構いる。 彼等は言う。「以前から酸性雨が日本に降る降るといってるのに、いつから降っているのだ?森や林は大丈夫ではないか?日本の食料だって、自給率が50%を割って久しいのに、食料不足になっていないではないか?地球温暖化だってまだ大...

  •  0
  •  0

オール電化住宅

No image

最近、電力会社(や住宅会社)は、「オール電化」を煩いくらいに宣伝している。 例えばレンジとかヒーターとか熱を発生させる装置に電力を使うのは変換 効率から言っておかしくないか? というメールを、元雑誌編集長で現フリーライターの友人からメールが来たので、書かせて頂く。 電力と言うのはクリーンで安全だが高いと言うのが今までのイメージだった。 先ず、クリーンと言うのは、使う段階の話であって、発電所では、火力...

  •  10
  •  0

人力のススメ

No image

 このタイトルで,昔,10年以上も前,とある図書館報に文章を載せた記憶がある。今ここに書く事は、内容的にはそのときと大体同じになると思う。  何度か書かせて戴いたように、 人力の発動システムは、理想のシステムだ。燃料の炭水化物も機関としての細胞も最高の組み合わせ。  人間の力で出来る事を、”便利な”機械を使うと、桁違いに何倍ものエネルギーを使う。使用したエネルギーあたりの仕事量で考えるとかなり非効率で...

  •  10
  •  0

自転車生活

No image

 多くの人は、高校生くらいまで、徒歩を除くと最も多く利用する交通手段は自転車であった筈だ。 最近は、高校生などでも親の送り迎えが目立ち始めているが、嘆かわしい現実である。『治安の悪化』という事を除けば、色々な意味で『親に車で送ってもらうこと』に対する『恥ずかしい』という意識も必要だ。 私自身、小学生の頃、足の矯正で、家にはマイカーがなかったので親がタクシーを予約してタクシーで小学校に通った事がある...

  •  6
  •  0

自転車 vs 自動車

No image

 「自転車対自動車」とくれば、今までの私の話の流れからすると、自転車と自動車のエネルギー効率や、環境負荷の話を想定されるでしょう?でも、その話は大体したし、自転車の圧勝に疑問の余地はない。そうではなくて、  今回は単純に自転車と自動車のレースの話。 ただ、しっかりしたレース会場でやるのではなく、暴走族のように、一般道での非公式レース。自転車の運転手は学生時代の私。自動車の運転手は不特定多数。(笑)...

  •  2
  •  0

中国の道の風景

No image

 かつて、10年くらい前までだろうか?中国の北京などの大都会のTV中継では、あの日本にはないような広々とした道を、無数の自転車が何列にも並んで連なって延々と走っていた。 人民服か何かを着て全体主義国家っぽくて、少々不気味さもあったけれど、素朴で微笑ましい風景でもあった。ある意味、環境意識の非常に進んだ国にさえ感じた・・・少なくとも、日本やアメリカの廃棄ガスをまきながら、騒音を立てて走る自動車の群れと比...

  •  0
  •  0

最高の組み合わせ

No image

 発動機(エンジン)とその燃料で最高の組み合わせは何だろう? と、聞かれたら、私は、エネルギー効率ですか?環境に対してですか?などと聞き返すまでもなく、間髪入れず『燃料は炭水化物でその発動機は生物(の細胞)』と答える。 この組み合わせには、エネルギー変換効率も人間の作ったものは全く及ばない。環境負荷で考えたらそれこそ完璧。排出物も水とニ酸化炭素。人間が作ったガソリンエンジンのNOx や SOx 原子炉の...

  •  4
  •  0

真のCO2ニュートラル

No image

 地球上ではヘリウムフラッシュ(ヘリウムが核融合して炭素になること)やカーボンフラッシュ(炭素が核融合してマグネシウムになること)がある筈がないから(あったら大変だ!!)、地球を取り囲む大気や地球の内部も含めて、地球上の炭素原子の量は変わらない。これが本当の言葉の意味でのカーボンニュートラルであろうが、それは言葉の定義の話だからどうでもいい。環境問題の意味するカーボンニュートラルは、「CO2ニュートラ...

  •  2
  •  0

CNがCMに

No image

 "カーボンニュートラル"とネットで検索すると、日本ではまだ、この言葉が「定着していない新しい言葉」なので、その概念を説明するページに出合う。または、カーボンニュートラルとしてバイオマスやぺレット等のグリーンエネルギーに取り組んでいる会社のHPに辿り付く場合が多い。これはこれで、今まで私が危惧してきた問題点も内包している。 さて、「Carbon Neutral"と英語で検索したら、凄い事になっていた。かなり、日本と...

  •  2
  •  0

金融機関のCN

No image

 イギリスに本社を持つある銀行のグループでは、CO2の排出量をいくつかの方法で削減する事によって、”理論上相殺する”というカーボンニュートラルのコンセプトを打ち出して注目を浴びているそうだ。 具体的には、この会社のグループが世界で実施している事業活動によって発生するCO2排出量を以下の3つの方法で、削減、相殺し、CO2を排出しないと 言っている。  (1)事業所における省エネ活動 (2)風力発電を含むグリーン電...

  •  0
  •  0

CNに物申す2

No image

「植物をそのまま置いておくほうが、燃やすよりはいいでしょう?」と、質問すると  カーボンニュートラルの推進派は答える(かも知れない)。「植物が腐ってゆくと最後にはCO2 とH2Oになるから、長いスパンで見ると燃やして燃料にするのとは変わりない。だから、燃料として活用した方がいい。」 確かに分子の結合エネルギーは負のポテンシャルエネルギーであり、状態量であるから、同じ炭水化物は、燃焼でCO2とH2Oに分解しても...

  •  2
  •  0

核拡散防止

No image

 今回、北朝鮮は、核実験を行った。成否は兎も角、核爆弾を作った訳である。 前世紀に、核爆弾を作ろうとした北朝鮮に対し、アメリカは、北朝鮮に核開発をやめる代わりに、”平和利用”(???)の原子力発電の技術を提供した。 これが今回の北朝鮮の核開発に繋がっている。アメリカは他の技術援助でなく、原子力発電の技術に協力した。風力発電でもソーラー技術でもバイオマスでもなく・・。  原発と核爆弾は同じ原理によって...

  •  0
  •  0

川の学校に参加して

No image

「カーボンニュートラル」について、まだ中途半端で続きをかかないと誤解されそうだが、急きょ、今日記すべき出来事があったので、ホットなうちにそちらを先に書 かせて戴く。 小学校ではこの頃、学年の生徒全員を川に連れて行って「川の学校」などと言うものをやっている。それも、5kmくらいの道のりをバス等もチャーター せずに自転車で移動させて行っている。大変いい事だ! 普段PTAにはあまり協力的ではない私も、今回移動に...

  •  1
  •  0

カーボンニュートラルに物申す1

No image

 カーボンニュートラル[ Carborn Neutral ] って最近地球温暖化対策を論議する時によく耳にする言葉だ。 そのカーボンニュートラルの意味は、「ある程度長い目で考えると、『木材(植物)を燃やしても大気中のCO2は増えない』という考え方だ。何故なら、 木は光合成によって、二酸化炭素と水で炭水化物を作り、そこから自分の体となるタンパク質を作る。それを燃やせばまた、元と同じ量のCO2とH2Oに戻 るから。」と言う原理だ...

  •  0
  •  0

ゴルフをする人へ

No image

私は、スポーツとしてのゴルフには全く関心がない。というよりも大嫌いだ。ゲートボールの方が環境は破壊しないし、微笑ましい。それをゴルフにするのは見栄か?それならせいぜいパターゴルフか打ちっぱなしくらいで止めるべきだ。   ゴルフをしている人は、きっかけは何だろう?健康?つき合い?商談?この時代にステータスシンボルと思っている人は流石にいないとも思うが、そうとも言い切れないようだ。何せ土壌汚染を全く無...

  •  19
  •  1

環境問題に無関心

No image

21世紀になっても、特にここ日本では環境問題に無関心の人が多い。  例えば、ブログランキングのカテゴリー一覧を見ても、<環境問題・保護>は何故か、<語学・英会話>や<小説・詩>、<建築等>と共に [学問・文化・芸術] のカテゴリーに属させられている・・可笑しいけど でも笑い事じゃないな。担当者のセンスを疑うと共に、世間ではそれだけにしか見られてないと言う事だろう  <地球温暖化>、 <自然破壊>、<...

  •  0
  •  0

どぶさらい

No image

「どぶさらい」ってなんか凄い言葉だ。とても汚い作業をするような感じだ。今は、「側溝等の清掃作業」なんても言ってるが、私の幼い頃は「どぶさらい」と言って楽しみにしていたと思う。要は、家の前の用水路兼排水路の川(青菜漬さんの言葉を借りると「マス」)の底に溜まった泥をすくい上げる作業である。 (今でもそうだが、)夏の時期、1,2ケ月に一度くらいその「どぶさらい」があり、朝早くから近所の大人がスコップかな...

  •  0
  •  0

廃品回収をして

No image

 今日は年に1度の町内の子供会の廃品回収の日だった。小雨決行。お祭りには非協力な私も、こういうのには積極的だ。親子三人で参加した。この町内子供会は小学生が6人だけの弱小子供会だ。参加者の三分の一が私の家族だった(笑)。 集合時刻の頃集合場所の公園に行ってみるとみんなもう既に回収に出かけていたので、急いで後を追って手伝った(冷汗)。みんな楽しく一生懸命で微笑ましい光景なのであるが、私は素直に喜べなかっ...

  •  0
  •  0

光合成

No image

 子供の頃は、植物に水をやるのは、動物が水を飲むのと同様、体の水分を保ち、しおれずに、水分でみずみずしくする為、及び植物の体内での物質循環の為だと思っていた。勿論それもあるだろうが、まさか植物が、水に二酸化炭素という、有機物の気配さえないばりばりの無機物から、炭水化物やタンパク質を作っているとは思いもしなかった。 そう、圧倒的な太陽エネルギーの中で、私が最も素晴らしいと思うものは、植物の光合成だ!...

  •  5
  •  0

太陽エネルギー

No image

 現在最も有効なるエネルギーは太陽のエネルギー                           である。広い意味で。 そのものずばりのソーラーは勿論、風力も水力も(この中では、結構効率の悪いものもある)元を辿れば、太陽放射による空気と水の循環が生み出したエネルギーだ。。石油、石炭などの化石燃料も、長ーい年月で熟成させて貯えられた太陽エネルギーの永久定期貯金。光合成によって出来た炭水化物(デンプ...

  •  1
  •  0

原子力発電

No image

 私は、学生時代、原子力発電に関わってみたいとホンの少しだけ思った事がある。ホンの少しの質量欠損が莫大なエネルギーに変わると言う事に、化石エネルギーの代替えとしての価値を感じたからだ(核燃料開発事業団の所長の娘が美人だった事もホンの少し関係あるかも知れない)・・・無知と言うのはかくも(核も)恐ろしい。  原子力発電施設にここまでやれば安心なんていう事はあり得ないが、かなり安全に作るには大掛かり過ぎ...

  •  6
  •  0

雑草目線~第2幕~ by 坂番

9月28日昼茨城県東茨城町より...

  •  4
  •  0