FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2006年11月 1/1

自然農法の体験

No image

最近私は農業に関心深いのですが、実践と言うと躊躇いたします。私は結構面倒くさがり屋です。そう言う意味でも、前回書いた福岡正信氏の自然農法は魅力を感じます。目標は、『何もしない農業』ですから・・ 思い返すと、私も、『何もしない農業』の体験があることに気付きました。「農業」とは呼べないかも知れませんが、確かに何もしないで素晴らしい果実の収穫を得た体験がありました。 小学生の時、近くの同級生が、柿の種を...

  •  16
  •  0

自然農法

No image

私は、最近まで農業にはあまり縁がありませんでした。日本や世界の食糧自給という大変深刻な問題を考えていくうちに、次第に農業や土に興味を持ちはじめました。 特に今年から農業の本をいくつか読んで、とても素晴らしいと思ったのが、自然農法の本です。       福岡正信 著 『わら1本の革命』は、目から鱗の素晴らしい本です。環境関係で初対面の方から御借りして、あまりに素晴らしいので、後日拝み倒して譲り受けま...

  •  14
  •  0

除草剤

No image

抜くのも、鎌で刈るのもチェインソーで切るのも大抵の除草作業には反対ですが、最も愚かな除草方法は除草剤でしょう。除草剤の使用は論外でしょう。 殺虫剤や殺鼠剤などと同様、農薬の1つである除草剤は、もともと軍需産業の化学兵器からの転用です。だから、劣化化学兵器とでも言うべき、とんでもないものである事に間違いありません。 選択的除草剤、例えば、広葉雑草には効力があるが、イネ科植物には効かない等の除草剤でも...

  •  2
  •  1

雑草や落ち葉や生ゴミ 2

No image

 日本の社会で雑草や落ち葉をゴミ袋に入れて燃えるゴミと一緒に出すようになったのはいつ頃からでしょうか?雑草や落ち葉がゴミだと言う不自然な感覚を持っている人が増えた事はかなり危険な嘆かわしい事だと思います。 子供が幼稚園の頃、奉仕作業で幼稚園に行ったとき、草取り担当だったお母さん達が、それをゴミ袋に入れてゴミとして出そうとしていました。幼稚園の主任の先生に抗議したら、「どうしたらいいか教えて下さい。...

  •  2
  •  0

抜いた草や落ち葉 1

No image

 私は、雑草を抜く事は、大抵反対ですが、今回は、様々な事情で抜いてしまった雑草や落ち葉の処理について書かせて頂きます。 刈り払ったり抜いたりした雑草や落ち葉をゴミ袋に入れてゴミとして出す事は酷い話です。        大反対です。  近年は、ゴミ焼却発電なんかも盛んになり、雑草や落ち葉や生ゴミが、他の可燃物と一緒に燃やされてエネルギーになっています。カーボンニュートラルの考え方からは、合理的な処理...

  •  0
  •  0

庭の雑草をそのままに

No image

 海外の事は分かりませんが、日本人は雑草取りが好きです。 「庭に雑草を生やしたままにしておいて・・」と言うのはそこの家のだらしなさを非難するときの言葉でした。  でも、雑草はそのまま生やして置いた方がいいに決まってます。 『草も生えていない庭』のほうが問題です。 田舎町に住んでいれば、都会よりは土地も広く、多少とも庭がある家も多いでしょう。 そこをコンクリートで固めたり、石を敷いたりして駐車スペー...

  •  2
  •  0

草取り反対

No image

 草取り、雑草取りと言うと、色々な場所があります。田んぼや畑、公園、堤防、河川敷、歩道、道沿い、学校の校庭、花壇、庭、庭、・・・・私はその全てに反対ではありませんが、大抵反対です。理由は 1. 雑草は勿論緑色植物ですから、光合成をします。CO2を吸収してO2を出すのです。今、世界のCO2が過多になって、温暖化の問題などを引き起こしています。何の手入れの必要のない雑草を生やしておくだけでCO2が削減出来るのです...

  •  4
  •  0

大切なお仕事

No image

 多くの企業戦士が言います。「自分には大切な仕事がある。」       官僚や企業戦士に言わせますと、自分達が日本をしょって立っているということでしょう。でも、それは逆の可能性が高いとは思いませんか?貴方方のお仕事は、持続可能な社会から見るとないほうがいいと考えませんか?お仕事なされない方が社会の為だと思いませんか?貴方だけでは有りません。総合商社、広告代理店、証券会社、プロスポーツ・・・。大抵の...

  •  0
  •  0

大きなテレビ

No image

現在の私の家の居間のTVは、私が学生時代から20年以上も使っている小さなものです。4:9 のワイド画面でないのにブラウン管が古くなり、画面の上下が切れてワイドテレビのような縦横比です(笑)。 そろそろ寿命で代えようかと思いながら10年以上が立ちました。・・・これが大切です。何でもじっくり考えているうちにもっといい製品が出るものです。だから迷った時には買わないに限ります。10年前に買い替えていたら今頃後悔して...

  •  0
  •  0

GNPに代わり得る指標

No image

『豊かさ』という概念は個人的、社会的な価値観で、数値化して量で計ったら矛盾が生じるに決まっています。まして、物質やサービスの生産量や消費量で計ったらお笑いです。      GNP[国民総生産] とか GDP[国内総生産]のような、資本家や官僚に都合のいいようにに利用されている指標が、『国民の豊かさ』を計る指標だったら悲し過ぎます。このように概念自体が大きな矛盾を含む指標が、いまだに『国民の豊かさ』のスタ...

  •  0
  •  0

とんでも経済

No image

私は、経済学と言うものを軽蔑している。もうとっくに矛盾が生じてなくなってしかるべき経済概念が21世紀にもなってまだ使われていることに唖然とする。 例えばGDP(国内総生産)。同じ事をするのに低コストで簡単に出来てしまう場合GDPは下がるという矛盾はずっと指摘されているのに今だに国の豊かさの指標として使われている。経済学者が愚かだと言うよりも、それを指標にする事によって得をする(ように感じる)人達が世の中...

  •  0
  •  0

老人介護施設にて

No image

 数年前まで在宅看護を受けていた父は、最近は介護施設に入りっぱなしです。毎週末にそこに子供と洗濯物の交換等にいきます。(近くなので勿論自転車で・・)はじめは面倒でしたが、今は毎週の習慣となっています。昨日も、日中に行って来たところです。 老人介護施設は老人ホームのように老人達が生活していますが、老人ホームとの違いは、介護施設ですので、自分で歩いて生活するには不自由な方ばかりです。色々なことを忘れて...

  •  0
  •  0

事業コンサルタント

No image

ODAとは、いわゆる「先進国」がいわゆる「発展途上国」に援助する事業です。建前上は,相手国からの要請にもとづいて事業がおこなわれるのでが、現実には,先進国側から事業をもちかけている場合ばかりです。 プロファイとは、 project finding の業界用語です。「事業探し」つまり「案件探し」です。日本の商社、事業コンサルタントが、世界中で事業を捜しているのです。捜していると云うよりも、勝手に事業を作り出している...

  •  0
  •  0

巨大開発

No image

近年人間が行った巨大な開発、山、河川、海岸・・全て巨大開発は失敗に終わっています。ごく短期的に有効に見えても長い目で見ると失敗です。失敗どころか大きな不幸をもたらしています。 1992年のモントリオール国際環境会議で国連開発計画のチェリー氏が、「不幸な開発もあったが、そうでない開発もあった。」と発言し、それに対してなされた「では、不幸でなかった巨大開発はどれか」との質問に答えられなかったそうです。(高...

  •  0
  •  0

脱原発

No image

 現在原発を推進している数少ない愚かな国の1つ日本。いかに愚かかは今までかなり述べてきましたが、まだ述べきれてはいません。でも、それを述べていると、対策を述べるのがかなり後になってしまうので、ひとまず日本で原発をやめる方法を述べたいと思います。日本でも脱原発するのは、実は大した事はないと思います。        18年くらい前、千葉県柏市のカルチェ5で、学生時代に同じ塾で社会の先生のバイトをしていた...

  •  0
  •  1

被曝労働

No image

 最近、件の友人大推薦の 『京都精華大学環境社会学科細川弘明氏の授業公開』に嵌ってます。ここの原発関係の部分を見て、今まで自分が書いた内容でちょっと間違った部分も発見しました。お詫び致します。書き換えるかそのままにするか考慮中です。私は原発についてはある程度知識はあると思ってました。 ・・が、そうでもありませんでした。結構凄い事(北朝鮮並に非人道的なこと)をこの公開授業ではじめて知りました。その事...

  •  4
  •  1

パンドラの箱

No image

 愚かな人類が科学技術で開けてしまったパンドラの箱は沢山あるけれど、(ほとんどの科学技術かもしれない・・)最も開けるべきでなかったパンドラの箱は一体何だろう? 産業革命のときに空けてしまったパンドラの箱は化石燃料。 (それ以前から使われていた石油はパンドラの箱を開けたのではなく、隙間からこぼれた程度だろう・・・)その名の通り燃料として使ってCO2 の増加による地球温暖化、NOx , SOx の排出による酸性雨や人...

  •  0
  •  0

CO2を海底に埋める

No image

 廃棄物の海洋投棄について定めたロンドン条約に基づく議定書の締約国会議がロンドンで開かれ、海底下の地中に投棄可能な廃棄物に二酸化炭素を追加する議案が採択されました。こちらのブログ↓ に仕組みと関連記事もリンクされています。≪自然の摂理から環境を考える≫http://www.sizen-kankyo.net/cgi/mt-tb.cgi/49↑のブログの意見と重複もありますが、このCO2の海底投棄に関し、反対意見を述べさせて戴きます。 何故実際のCO2の...

  •  2
  •  0

酸素不足

No image

 局所的な海水や湖水等の酸素不足の問題は、環境問題として取り上げられていますが、地球の大気中の酸素不足が心配されていないのは問題ないからでしょうか?       現在大気中に20%程含まれている酸素ですが、今後、大気中の酸素の量が減ってゆく予測はないのでしょうか?私はそれを危惧致します。大気中にある酸素と海水等に溶けている酸素との平衡で、大気中の酸素が不足する分を海洋が供給するとか、CO2濃度の増加によ...

  •  4
  •  0

Time is money ?

No image

 救急車や消防車など以外に交通機関に化石燃料を使う価値があるのでしょうか?当分の方策として一部の公共交通機関は、化石燃料もやむを得ないかも知れませんが。 化石燃料50g燃やすと人間1人分の1日のCO2排出量になります。燃費のいい自動車でもたった1km程度進む距離です。ガソリンと電気のハイブリッドカーでも2kmは走れません。たったこれだけのCO2を吸収するのにある程度大きな木が1本で1日がかりです。 CO2ばかりでなく、...

  •  3
  •  0

移動時間

No image

  最近、隣町くらいまで、距離で言うと片道十数キロメートルくらいまでは天気の悪くない日はよく自転車を利用しています。 近頃チョット寒くなってきたけれど、登山用の合羽などを着れば、結構大丈夫です。 でも、雨の日はちょっと躊躇。悪天の日は、出かけないのもスローライフ。  時間的な事を自転車と自動車を比較してみます。 町場で1km以内の移動であれば、自動車を車庫から出しているうちに着いてしまいますから、自...

  •  0
  •  0

せーの!

No image

自然の摂理、自然の循環に反するので、経済成長と言う概念はいつかは否定されるでしょう。 問題は、経済成長からの脱却が、間に合うかどうかです。地球環境が破局へ暴走を始める前の引き返しの可能な地点でなければなりません。あまり猶予はありません。(【Point Of No Return】で述べた通りです。) 差しあたって早急に経済を10分の1以下まで縮小すれば、持続の可能性はかなり増えて色々猶予が出てくるでしょう。その方法の一...

  •  5
  •  0

2つの地球

No image

 地球を完全に2つに分けられるなら---- -------完全にとは、分子もエネルギーも何の交流もなくという意味です。2つの地球を存在させると考えてもいいと思います。--------今すぐにでも分けて欲しいと考えます。1つは、今のまま経済成長続ける地球。もう一つは、経済成長をストップし、ひたすら持続の可能性を追う地球。 全ての人にどちらへ行きたいか決めてもらって、移動し、そこで交流を絶ちます。子供は親に決めさせるかとか...

  •  0
  •  0

美味しく食べて思うこと

No image

 お腹が空いている時に、食べると旨い。特に高級なものでなくても、納豆にみそ汁、白いご飯・・・粗食と云われている物や庶民的なものの方が実はおいしい。毎日空腹を満たす程度に美味しいものを食べているだけでも幸せな筈です。 世界中には満足に物を食べれない人が10億人以上います。お腹一杯食べれるだけで本当に幸せです。他に何の贅沢を・・・ 自分の生活に必要な衣・食・住 しか望まない人は愚かでしょうか?  現代人...

  •  0
  •  0

ハイブリッドカー買い替え補助金

No image

 ガソリンと電池のハイブリッドカーは環境に優しいと言う事で買う時に政府から補助金が降りるそうです。 その審査は厳しいそうです。補助金を出すのに厳しく審査するのは当然です。しかし、非常におかしい条件です。どう言う条件かと言うと、従来のガソリン車等から買い替える場合のみ補助金を出すと言う事です。初めて車を買う人がハイブリッドカーを購入する場合には補助金が出ませんが、その人も次に買い替えるときハイブリッ...

  •  4
  •  0

選挙カー

No image

 福島県では前知事のゼネコン汚職事件を受けて新知事の選挙が始まりました。また、例によって選挙カーでの名前の連呼も始まりました。こんな選挙運動を恥ずかしく思わないのでしょうか? 政策を話すのならまだしも、名前を連呼して、「お願いします」。の繰り返し・・。時々、やる気や熱意のある事をアピールする・・。立候補するくらいですから、善くも悪くもみんなやる気はあるのです。 問題は、政策の筈です。 名前の連呼を...

  •  2
  •  0

動乱

No image

 この予測は、ブログアップすべきかホンのちょっと躊躇しますが、このブログが世の中に与える影響なんてあんまりないし(香港で蝶が羽ばたくと、アメリカで突風が吹く等と云う影響論もあるけど・・)持論はかくべきだと考えてますのでアップします。 このままの経済成長が進めば大きな動乱は世界中で今世紀中に必ず起こるでしょう。日本も例外ではありません。と云うより、日本でこそ必然的に起こる筈です。  何故かと云えば話...

  •  0
  •  0

少子化のススメ

No image

 前回少子化を肯定する意見を書かせて戴きました。前回に限らず、このブログでは一貫して少子化対策の愚かさを食料自給など環境の観点からかいています。 食料の自給自足は、独立国家として成り立つ為の根幹です。食料の自給自足が出来ない日本は一人前と言えないだけでなく、国家基盤が非常に危うく、かつ環境破壊大国で、世界に多大な迷惑をかけています。(これも今までに何度も述べています。) 最近日本の人口がピークを過...

  •  4
  •  0

少子化問題

No image

 日本ではここ数年少子化問題が騒がれていますが、それは元々社会保険庁の悪徳役人達が年金として集めたお金を湯水の如く使ってしまって、年金制度が破綻しそうだから、下の世代の多くの人数からもっとお金を集めようと思ったのが始まりです。 普通に考えれば、個人が年金として支払ったお金を積み立てて(政府の援助も上乗せしても)年金として貰うのなら人口が減っても何の問題もないのに、集めたお金を「また下の世代から集め...

  •  0
  •  0

痛みを伴った改革

No image

    今の日本の政府の言う「痛みを伴った改革」はしっかり将来を見通したものではなく、愚かな政策です。「痛みを伴った改革」によって構造改革するのは反対ではありませんが、現在の政府の目標とする構造は、全く持続可能ではないからです。 この21世紀に構造改革と言ったら、徹底的に持続可能な社会を目指すものでなければ話になりません。 環境先進国と言われているヨーロッパの国々でさえ、まだまだ持続可能なレベルで...

  •  2
  •  0