FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2007年02月 1/1

国際分業・?

No image

 今の社会の教科書は、見たことがないけれど、自分達が中学生や高校生の頃は、世界のどの国も他の国との貿易なしではやっていけないなどと社会の教科書に書いてあったと思う。だから、世界は協力して得意分野をいかして国際分業する・・・などと。今もたいして変わらないだろう。 当時私は、例えば「アメリカは貿易なしでもやっていけるだろう?」などと思ったものだ。アメリカが若し鎖国したら何が困るだろうか・?って考えたら...

  •  0
  •  0

フェアトレードは望ましい事だろうか?

No image

フェアトレード[fair trade]は『公正貿易』と訳し、いわゆる途上国の生産者から直接商品を、公正な賃金や労働条件を保証した価格で購入することです。直接購入することで、中間搾取を排除し、その分生産者がより多くを受け取る仕組みを作り、取り引きを継続することで、その仕組みをゆっくり育てます。 NGOや非営利生産団体が運営し、より多くの賃金を生産者に払うことと、より多くの生活困窮者を雇うことを目的としています。...

  •  2
  •  0

電気エネルギーの正しい使い方

No image

電気エネルギーの特色をわからずに、使用法を間違えて使っている人が沢山います。省エネの為にも本来は国でしっかり指導すべきです。最近見かける電力会社の省エネのCMも、本当に省エネを考えるなら、もっとしっかりした電気エネルギーの使い方を教えるべきでしょう。しかし電力会社は、電気エネルギーを使うべきでない所にまで使えと言うコマーシャルさえしている始末です。それで、形だけ省エネを呼びかけるのは、偽善と云われて...

  •  16
  •  0

地下資源リサイクルの掟

No image

リサイクル再考5 地下資源の特徴は、生態系を循環しないと言うことです。(生命に必要な金属元素はごく微量ですので考慮いたしません。)生態系を循環して再生しませんし、新たに生産もされません。・・・鉱物資源を「生産」すると言いますが、ただ掘り起こして精錬するだけの事です。 そんな地下資源は、人工物質とともに環境汚染物質の大半を占めます。(環境汚染を引き起こす人工物質も大抵地下資源である石油などから作られ...

  •  4
  •  1

重点目標はうんちやおしっこ 

No image

リサイクル再考4   前回、最もリサイクルすべき物は、生物の体内で作り出した全ての物であると断言致しました。そして、その中でも特に強調したいのが、人間や動物のうんちやおしっこです。 現代社会は、自然の摂理の感覚の欠如により、とんでもない糞尿の処理がなされています。一言で言えば、糞尿を生態系に循環させていないのです。その為、このままでは、食糧生産も落ち、社会は持続不能でしょう。だから、糞尿の処理につ...

  •  2
  •  0

最もリサイクルすべきもの 

No image

リサイクル再考3  どんなことがあっても絶対にリサイクルすべき物は、何でしょうか?!?・・・私は生物の体で作った全ての物であると考えます。(基本は有機物ですが有機物でなくとも、生物の廃棄物である二酸化炭素や水も勿論含めます。)これこそ、言葉の意味のまんま、Re-再び  cycle-循環する でしょう。 つまり、「生物の個体の中に取り入れられて、ほんの一時的に個体内に止まって循環から隔離されていたものを、また...

  •  0
  •  0

リサイクルすべきでない物

No image

リサイクル再考2  リサイクルは、回収して融かしたりして処理して、資源に戻すまでにかなりのエネルギーを使い、実はその方が資源の浪費になり、さらに環境汚染になる場合も結構あるのです。・・・自治体は、勿論その辺まで計算してリサイクルしているのかと思いきや、さにあらずです。資源の有効利用など考えずに、税金を使って形だけリサイクルしている感が否めません。酷いものです。本当は許されざるべき事です。税金を湯水...

  •  4
  •  0

.リサイクルには気をつけよ!

No image

リサイクル再考1 このブログを始めた初期の頃に、リサイクルに対する基本的スタンスは何度か言及しています。 → 【Produceless2】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-8.html この時↑リサイクルの本質も概ね説明したつもりです。そこであまりリサイクルに積極的でない理由も述べています。でも、現在行われているリサイクルがあまりにも酷過ぎて、すればする程逆に環境汚染になる類のリサイクルも多いので、もう一...

  •  2
  •  1

パンドラの箱 2

No image

愚かな人類が開けてしまったパンドラの箱は数あれど、最も開けるべきでなかったパンドラの箱は一体何だろう?という事で、【パンドラの箱(1)】では、化石燃料と原子力を揚げさせて戴きました。↓http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-76.html もっと広く、パンドラの箱の中身の共通点を考えてみると・・・・それは、『自然の循環系で処理しきれない物』と云う事で、大きな共通点がありました・・・『地下資源』という...

  •  3
  •  0

消費拡大?××

No image

 この前ラジオから、「インドにある日本大使館で日本食の試食会の催しを行った・・日本食の消費拡大を図る為・・」 などと言うニュースが流れてきました。 こんな優雅な事言ってていいんでしょうか?・・と言うか大使館ってこんなおバカなお仕事で胸を張って報道陣を呼ぶんですかね?・・食料の乏しい日本が、工業だけで飽き足らず日本食でも人口11億のインドに進出して消費を煽る作戦ですか?・・・とんでもない話です。・・・...

  •  7
  •  0

大自然の映像

No image

テレビなどの大自然を撮った番組を見ると、壮大な手つかずに近い自然が映って、まだこんなに大自然が残っているところがあるのだ、こんな大自然がずっと残って欲しい。この自然を守らなければ・・・・などと多くの人が感動します。でも本当にそんなに手つかずの自然が沢山残っているのでしょうか? 20年ほど前に、海洋調査船に乗って調査の手伝いをした事があります。東京湾から出向して北回帰線あたりまで行って、使い捨ての大...

  •  7
  •  0

雪国の臨時休業

No image

東京などでは、たまに大雪が降ると交通が大混乱し、電車がストップして、学校なども臨時休講になりました。大雪と言ってもそれは東京での話で、雪国であれば、大抵何の問題もない雪の量です。雪国の列車は東京の大雪ぐらいでは何ともありません。 それに比べ、雪国で大雪と行ったら大変です。電車の不通も雪崩などが原因で、雪の量も半端でありません。それでも北国では滅多に職場も学校も休みになりません。北国の人たちの雪に対...

  •  2
  •  1

BRICs

No image

 経済成長が著しいブラジル(Brasil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の頭文字をとって、BRICsと言うのは、アメリカの証券会社が投資家向けに書いたレポートで注目されたとのことである。現時点で世界のGDPの8%に過ぎないが、2039年にはG7(アメリカ、ドイツ、イギリス、イタリア、日本、カナダ)のGDPの合計を上回る見込みらしい。(この年に関しては結構怪しいと思うが・・・)これをアメリカなどの先進国の投資会...

  •  4
  •  1

インドの衝撃

No image

先日、NHKスペシャル3夜連続で、「インドの衝撃」をやる事を知った。気の重い現実を確認するのはそんなに気の進むものではないけれど、環境破壊の現実は直視しなければならない。3回のうち最も関心のある、一番憂鬱になりそうな第2回、「脱貧困 11億の消費大革命」を一昨日1月29日の晩に見た。案の定、かなり気の重くなる酷い内容だった・・・ 日本の高度成長時代さながら、インドの人々が物質的に「豊か」になろうとして、貧困...

  •  1
  •  0