FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2008年01月 1/1

経済成長は格差を是正しない

No image

 日本に限らず、世界中で格差問題が顕著になってきています。日本、アメリカ、中国、インド、ロシア・・・それぞれの国内でも個人的な経済格差は開いていますし、国同士を比べても、経済的に豊かな国と貧しい国の格差は開いています。 貧困問題の解決策には、経済成長が必要だ、経済成長による解決以外に解決策はない・・と信じている人は、(この20世紀になっても)いまだに沢山います・・沢山と言うより主流でしょう。  20世...

  •  10
  •  0

世界同時株安に思う事

No image

  世界の同時株安がマスコミで連日報じられています。アメリカのサブプライムローンの焦げ付き問題に端を発したと言われますが、サブプライムローンの焦げ付きは、あくまできっかけでしょうか? 毎日、ニュースや新聞で株価を報道するのにはうんざりです。ニュース等で本日の株取引の情報になりますと、チャンネルをかえたりテレビ、ラジオを消します。 株式といってもギャンブルでしょう。ギャンブルと言えば、私も20代の頃は...

  •  6
  •  0

地球のガン細胞 

No image

 ガイア説とは、地球を1つの生命体と考える説です。私もその考え方に賛同いたします。地球を実際の地上の生物に例えますとマリモでしょうか?(笑)・・・もうそんなに緑ではありませんが・・(苦笑) それはさておき、地上の生物をガイア地球の細胞の一つ一つと考えると人間はガン細胞に違いありません。 癌細胞とは、生体の細胞がコントロールを失って、無制限に増殖するようになったものです。その特徴は ・無制限に栄養を...

  •  2
  •  0

食料増産の前に人口止めよ

No image

動物は、その動物を食べる他の動物がいない場合、食料が豊富にあればどんどん増えます。食物連鎖の頂上にある人間を食べる動物はいないと考えていいでしょう。だから、基本的に食料の増産は、人口を増加させると考えるべきでしょう。 貧しいから人口は増える、貧しくなければ人口も安定するという考え方もありますが、・・・その考え方のほうが主流な考え方のようですが、生物学的には、環境が良くなれば・・食料が増え、死亡率が...

  •  8
  •  0

より多くの人間が地上に住む方法

No image

 食料の自給自足も出来ない日本が、少子化対策と称して、人口減少を必死に食い止めようとしている対策の愚かさについては、今までこのブログで何度も述べたところです。少子化対策をしている日本政府は大馬鹿者です。(カテゴリー【食料と人口】) この21世紀に、「人は多ければ多い方が良い」とか、「産めよ、増やせよ。」のような、地球とその資源の有限性を考えられない愚かな人間が多い事は危惧すべき事です。 すると、「人...

  •  2
  •  0

人類存亡のパラドックス・・・だから人類は滅びる。

No image

環境問題の本質は、経済成長と開発、人口爆発です。  これらを止めて縮小し、安定で持続可能なレベルにならなければ、個別の環境問題を技術で解決しても、根本解決にはなりません。ずっとこのブログが訴えてきたテーマです。 ところで、経済を縮小し、人口を減らせば、そうしない国と比べ相対的に、いわゆる「国力」は低下します。・・他の国から征服される心配がなければそれが一番いいのですが、国力を下げた国は、軍事的、経...

  •  24
  •  0

森の崇拝

No image

日本の自然崇拝の中で最も基本になるのは、森やそこに生える木に対する崇拝でしょう。 日本の神社には、必ず森や林があります。神社の神殿や拝殿というものは、7世紀頃出来たものらしく、それ以前は森そのものが神様だったようです。神様をあの神殿に閉じ込める事は出来ない筈であり、神様は空から時々木に降りてくると考えられていたのです。御神木にはしめ縄が張ってありますが、それは、この木に神様が降りてきますよという印...

  •  2
  •  0

自然崇拝

No image

 自然崇拝は、人類の最も原始的な思想、哲学だと考えられています。しかし、最も原始的だからといって劣った思想と考えるのは、科学技術と合理主義を妄信した現代人の短絡的発想でしょう。 それは、まだ人類が、森に住んで狩猟生活をしていた頃の長い歴史・・人類の歴史の99%以上・・・を通して経験した事から必然的に発生したものでしょう。人間は自然の一部だと言う当然の認識から発生した人間と自然の共存の思想、哲学です。...

  •  6
  •  0