FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2008年03月 1/1

小麦の大幅値上げを前にして

No image

 いよいよこの4月から小麦が30%値上げされます。日本の小麦輸入量の90%はアメリカからですが、アメリカの小麦の確保もままならなくなった現在、日本の商社は、南米のアルゼンチンなどからの輸入を増やす方向に戦略を変えています。南米からの方が輸送コストは20%くらい上がるのですが、それでも小麦を南米諸国から買うほうが有利になってきているのです。・・・。南米では害虫のつきにくい遺伝子組み替え小麦が主流ですが、日本...

  •  16
  •  0

バラ色の未来

No image

 かつて、SF小説を読んでも映画を観てもマンガを見ても、未来の社会では、科学、文明が発展し、生活はどんどんと良くなるようなことばかり描いてありました。勿論、文明や科学に警鐘を鳴らすSF小説、映画、漫画、も存在しましたが、多くの場合、未来は現在よりもバラ色でした。私たちは昔でなく、現代に生まれてきて良かった・・・現代でなく、もっと素敵な未来に生まれたかった・・・などと思わせる未来に対する理想化がありまし...

  •  0
  •  0

滅びの前の宴

No image

 福島県の二本松市にある岳温泉は、昔は現在よりももっと山の中の標高の高い場所にありました。それが現在の位置に移動したのは、元の温泉地が崩壊してしまったからです。 1824(文政7)年8月、大雨と無気味な山の唸りで不安だった宿泊客は、その不安解消も兼ねて、芸者も呼んで飲めや歌えのどんちゃん騒ぎをしていたそうです。そして、夜五つ過ぎ(午後8時過ぎ)、連日の雨と台風の直撃を受けて、温泉の上にある安達太良山系...

  •  2
  •  0

現代人の壊れた感覚 

No image

以前書いた【自然の摂理に対する感覚の欠如】の続きです。 現代は、自然の摂理に対する感覚が麻痺した人、欠如した人で溢れています。 人類の歴史と比べれば、ほんのごく短期間の、産業革命以降に現れた、持続可能でない現代社会。このある意味特殊な、破滅に向かっている経済成長神話社会で生まれ育ったのだから、自然の摂理に対する感覚が壊れているのも当然でしょう。 資源を大量に消費し、必要のないものを大量に生産し、大...

  •  0
  •  0

ゴミは地域で処理しよう。

No image

 現在、ゴミ、廃棄物の処分場の枯渇が問題になっています。ゴミの処分場はどこでも自転車操業状態です。しかし、その問題は問題の深刻さと比べて、あんまり問題にされていません。時々テレビなどで特集を組まれると、そのときは大変だとは思っても、いつの間にか忘れ去られてしまいます。他の華やかな (?)環境問題、地球温暖化問題やエネルギー問題(環境問題とは言えませんが・・)などと比べると一見地味な問題に見えます。...

  •  2
  •  0

道路特定財源に一言

No image

 ガソリン税暫定税延長問題と道路特定財源の見直しについて、マスコミ、国会、ネット・・色んなところで盛んに議論されています。その、とんでもない使い道が次から次へと明らかになって、多くの人が呆れ怒っています。道路特定財源は全く必要ないでしょう。一般財源にして、その中から必要に応じて道路に回す事も出来るのですから(もう、ほとんど道に使う必要はありませんが・・)その事についても、各場所から色んな事が述べら...

  •  6
  •  0

現代人類は有利な条件を使えるか?

No image

 昨年読んだジャレド・ダイアモンドの『文明崩壊』[Collapse]は、上・下巻に分かれています。私にとって下巻がより興味深い面白い内容でした。ジャレドは、慎重な楽観主義者としてその下巻を以下のようにの締めています。・・今日のわたしたちは、テレビやラジオをつけたり、新聞を開いたりすれば、数時間前のソマリアやアフガニスタンでの出来事を見たり聞いたり読んだりすることができる。テレビのドキュメンタリー番組や書籍...

  •  0
  •  0

サブプライムローン問題雑感

No image

 アメリカのサブプライムローンの焦げ付きに端を発した【世界同時株安に思う事】は、一月ほど前に書かせて戴きました。この手の話題はあまり関心がないのですが、今回も、サブプライムローン問題から感じる雑感をちょとばかり書かせて戴きます。  先ず、低所得者向けローンと言う事で(Subprime の本来の意味は、『低所得者』ではなくて、『信用度が高くない』と言う意味で・・・などと言うことは、サブプライムローンの仕組み...

  •  0
  •  0