FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2008年05月 1/1

芝生

No image

前回の、【花より作物】に続いて、植物の話の雑談   私は、基本的に光合成をする緑色植物は好きだし、必要だと思う。木でも雑草でも・・・カーボンニュートラル〔カーボンオフセット〕とか言って、一年草は、また水と二酸化炭素と無機物に分解されるから、あってもなくても同じだなんてうそぶいている輩が多くなったこの頃だけど、何をおっしゃるウサギさん!!草が水と二酸化炭素まで分解される間には多くの段階があり、小動物...

  •  8
  •  1

花より団子、花より作物!!!

No image

今回は、食糧問題に関する雑談。・・いつもよりくだけた書き方させて戴く。・・・・ ・・・・   私は以前より、日本は近い将来食糧危機がやってくると予想している。これは今まで【食糧と人口】のカテゴリーで何度か言及している。 昨年あたりからその前兆が現れてきた。そして今年になってやっと多くの日本人も問題にし始めた。・・そう、「やっと」・・まだまだ甘い。何せ、政府の食料自給率の目標は、100%ではなく、50%ほ...

  •  9
  •  1

本当のインフラとは・・

No image

 現在、世界のいわゆる「未開の地」と呼ばれる所・・発展途上国と呼ばれる国の至る所で、インフラの整備ということが盛んに行われています。インフラの整備は、ある意味、錦の美旗であり、環境破壊の免罪符にさえなっているように感じます。・・・何せ「生活の基盤作り」ですから・・ 元来のインフラストラクチャー[infrastructure] とは、「下部構造」という意味です。生活などを支える基盤という意味でしょう。 現在インフラ...

  •  2
  •  0

ここ200年ばかりの急激な成長の背景

No image

 ヨーロッパでの産業革命以降の急激な発展・・と呼ばれるものは、科学技術の発展に負う部分も大きいのですが、それだけでは、現代のこれだけ大きな経済成長はなかったでしょう。ここ200年ばかりの経済成長には他の大きな要因がありました。それは、新世界の存在です。そう、イギリス、スペインをはじめとするヨーロッパの国々は、新世界と呼ばれた南米、北米、中米・・のアメリカ大陸を強奪することで、経済を膨張させる事が出来...

  •  0
  •  0

構造 2

No image

 現在、多くの道路建設の必要性は建前論で論じられているのは明らかでしょう。現在国会で盛んに議論されている道路特定財源の問題。本当に道路が必要か?とかいう問題ではなく、実際はゼネコン従事者の生活のためであったり、道路族が潤う事が主たる目的である事は明らかです。しかし、そういう事を否定できないのが現代社会の構造の矛盾ではないでしょうか?  その産業そのものが必要というよりも、その産業に従事する人々の生...

  •  15
  •  0

構造

No image

 これまでこのサイトでは、幾度となく環境問題の全体的な構造を論じるとともに、ゼネコンをはじめとして、個別に環境破壊の業界を批判してきました・・・確かにモラルのない企業、団体、そしてその中で働く個人も沢山います。彼等は企業の論理に従って行動しています。彼等が環境を破壊し、資源を浪費しても、それは市場システム、企業の論理から考えれば全くの合理的な行動であることが沢山あります。 そう、社会の構造がそうな...

  •  0
  •  1

人間と他の生物とのバランス

No image

 生物どうしのつながりの観点から、植物は「生産者」と呼ばれてきました。何せ、地球上では安定な単純分子の無機質である水と二酸化炭素から生物の活動のエネルギーとなる炭水化物(糖やデンプン)を光合成で作り出します・・・酸素も一緒に作り出すから大したものです。さらに炭水化物に窒素を化合させて体を構成するタンパク質(アミノ酸)まで作りだすのだから素晴らしい限りです。 生物どうしの繋がりから考えると、消費者と...

  •  3
  •  0

人口圧

No image

 環境問題は全ての人間の環境負荷の総計です。エコロジカル・フットプリント(地球に対する負荷)を考えるまでもないでしょう。環境問題の専門家達が使う事がある環境悪化の原因の IPAT公式は 影響[Impact]    =人口[Population]×豊かさ[Affluence]×技術[Technology]つまり、地球の供給源や吸収源に対する影響=環境負荷[Impact]は、人口[Population]と豊かさの水準[Affluence]とその豊かさを支えるために用いた技術が与え...

  •  8
  •  0