FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2008年08月 1/1

洗剤は適量を使用??

No image

 「もったいない50の実践」 という小中学生向けのポスターのコンクールのチラシを見ました。応募要項を読むと 主催 福島県 と書いてあります。 運営は 福島県生活環境部環境共生課 というところがやっているようです。入選作品で「もったいない50の実践カレンダー」をつくるとの事。ポスターや標語を書かせる事しか思いつかないこういう組織も情けないものがあります。ポスターの絵をみんなに書かせる事やカレンダーを作る...

  •  18
  •  0

四面張り

No image

 U字溝のように、川の底と両側面をコンクリートで固める三面張りは、地下に水が染み込む事を妨害して地下水を減らすし、水を下流に素早く流して水の有効利用も出来なくします。何よりもその場所の生態系を分断し、破壊するからろくなものではありません。昔より反対です。 最近わかった事は、地元の農家の方々なども必ずしも賛成はしていないとの事・・ただ、行政からのトップダウンで、反対すると補助金なんかが減らされるから...

  •  8
  •  0

田舎町まで不夜城

No image

 先日夜、街灯などに集まる虫が昔と比べて減ったかどうか調べる為に自転車で、町の中を見て回りました。夜の9時頃でしょうか・・?夜だというのにどこもかしこもコンクリートで固めて暑苦しい・・と文句を言いたいところですが、今回の主題ではありませんので省略致します。 虫が集まりそうな、特に目立って明るい場所を探そうとして唖然としました・・・。どこもかしこも明る過ぎる・・・ガゾリンスタンド、コンビニ、無人サラ...

  •  4
  •  0

地下水

No image

    前回の【オアシスの水】の続編です。  私の住んでいる町は、河沼郡という所にあります。地名からも想像出来るように、川や沼が沢山あった所らしく、かつては地面をほんの少し・・1~2メートルも・・掘るとすぐに地下水が湧いてきました。地下水脈までパイプを差して、地下水を自噴させ、そのパイプの水の出口に水が溜まる丈夫な水槽を作たものを軒先や庭に持っている家が沢山あったとの事です。それを地元ではどっこんせ...

  •  0
  •  0

オアシスの水を輸入して売る

No image

 缶ジュースって、中身のジュースよりも缶の材料である鉄やアルミニウムの方が価値があるのではないか?・・・って子供の頃からよく思ったものです。中身のジュースなんて殆ど水分で、そこにちょっと成分が入っているだけ・・・それに比べ、鉄やアルミニウムは、地下資源を精錬して作るのです。  一昔前には、水が不足している砂漠地方に限らずヨーロッパなどのように海外では水が売られているところも多いけれど、 水に恵まれ...

  •  20
  •  0

ガソリン価格は高騰したけれど・・・

No image

 ここ2年ほどの間に、ガソリン価格が2倍近くに跳ね上がり、色んなところに影響が出ています。庶民生活も圧迫されていると言われています。・・・でも、それだけ切実に節約して後の事でしょうか?・・確かに日本の企業の省エネ技術は世界一と言われますし、企業努力もされていると言われます。・・・でも、その企業の事業自体が無駄な場合も多々あります。省エネする・・・と言うよりも、寧ろその事業自体がなくなる事が、最高の...

  •  7
  •  1

無駄も必要・・か?

No image

 よく、「無駄も必要」・・とか言われます。まあ自己矛盾する言葉ですが、逆説的な意味合いもあるのでしょう。 「無駄だと思っていた事もいつかは役に立つ事もある」・・とも言われます・・それはそうです。そう言う場合も確かにあります。 人間の社会生活には多少なりとも無駄はついて回ります。・・それはある意味仕方がないことです。でも、その無駄を議論するには、程度問題が大切でしょう。・・つまり、許容範囲の仕方がな...

  •  2
  •  1

破滅するまでアクセルを踏み続ける積もりでしょうか?

No image

 人類は、生物ですから、活動しないわけには行きません。しかし、生物の活動が半永久的に続く為には、安定した(準)定常状態になる事が必要でしょう。有限の地球上でいつまでも成長を続けたり、増え続けることは破局への道であることは明らかです。  しかし、現在でも世界の多くの人々は、つい最近、20世紀に確立された、「経済成長」という巨大カルトに翻弄されています。何事でも、いつまでもスピードアップ出来る筈がありま...

  •  2
  •  1