FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2008年12月 1/1

エコノミスト

No image

 最近、海外でも日本でも、多くのエコノミスト[economist・・・経済の専門家]が世界の金融危機について分析し、世界金融の立て直しについて見解を述べてマスコミを賑わしています。大規模な公共投資を行え・・とか、証券会社、銀行、自動車会社などの大企業を公的資金で救えとか救うなとか・・・・その中には、まるでこの状況を数年前から予測していたような口調のエコノミストも沢山いますが、彼らの大部分・・・殆ど全部は、直...

  •  4
  •  0

企業救済の名のもとに守るもの

No image

 現在、世界の金融危機に際して、企業の救済方法などがさかんに論じられています。米自動車大手3社(ビッグ3)の救済についても、政府からの緊急融資が決まりました。かつての日本の住専問題の時のように、結局、公的資金の導入が為されました。その目的は、労働者救済のようにも言われていますが、「何をおっしゃるうさぎさん」・・・です。 公的資金の導入の目的は・・ 金融安定の為・・と言われます。 金融安定・・・って...

  •  9
  •  0

Big3は救済すべきか

No image

 アメリカ自動車業界の大手3社、いわゆるビック3が経営難に陥っています。公的資金による救済を求めています。関連会社の連鎖倒産が起これば300万人が職を失うとか言われています。 確かにこれらの会社で働いている人々にとっては大変な問題です。大きな社会問題にもなるでしょう。しかし、人類の未来の事を考えた時、公的資金の導入云々の前にこれらの自動車会社が必要かどうか・・・もっとシビアに考えた場合、大きな自動...

  •  8
  •  0

経済成長の崩壊

No image

 現在世界は大きな不況に突入しつつあるといわれています。マスコミなどは、何十年に一度だとか百年に一度の経済危機なんて騒いでいます。でも、これが100年に1度の周期のような不況の筈が御座いません。・・・100年後にもこんな不況が起こる筈が御座いません。・・それは100年後は経済基盤がしっかりしているという意味では御座いません。100年後には現在のような経済システムが破たんしている・・もしくは社会自体...

  •  2
  •  0

いわゆる途上国に不要になった物を贈る(送る)事

No image

 不用になった衣服などを、発展途上国に送る(贈る)・・・と言う事をボランティアなどで行っている・・・と言うお話はずいぶん昔からありましたが、現在も結構活発に行われているようです。使い捨てが常識化してしまった現在社会で、「勿体ない」と言う感覚は必要な感覚ですし、他者の為にボランティアで一生懸命尽くすと言う行為も・・・自分の為にしか努力しない人々と比べれば賞賛に値するでしょう。 しかし、私自身はこの行...

  •  8
  •  1

都市の規模

No image

 私の住む福島県の会津地方の最大都市は10万都市の会津若松市です。(人口13万人)最近どの位の規模の都市まで持続可能だろうかと考えている私は、会津若松市を観察する度に、10万都市でも十分に大き過ぎると感じます。スーパーやコンビニが沢山あるのは当然として、ファミレスや家電量販店、ホテルのチェーン店もあります。デパートも大きなショッピングモールもあります。駅前にはタクシーが並んでいるし、朝晩の交通渋滞が...

  •  6
  •  0

ドーピング社会が普通だと思い込んでいる人々

No image

 動物が生まれながらに持っている本能を最も持っていない動物がヒトだと言われています。人は生まれてから後天的に獲得した知識や体験から世の中のしくみを体得していきます。本能も行動に規制をかけるでしょうが、人間は生まれてから育つ間に多くの知識を身に付けて、行動の判断基準にしていきます。 さて、現代社会はドーピングされた不自然な社会で持続可能ではない事はこれまで論じてきました。・・・・【ドーピング社会】【...

  •  2
  •  0

地球は十分に大きいか?

No image

子供の頃は漠然と途方もなく凄く大きいと思っていた地球。・・・でも中高生の頃に地理とか理科の教科書に書いてあった実際の地球の大きさは、かなり小さいと言う印象でした。 地球の表面積(陸地面積+海域面積、地球の全面積)は509,949,000㎢である。とか 地球の陸地の総面積は、148,890,000㎢、である。 と言われてもあまりピンと来ませんが、半径6400㎞、大円コースで一周4万㎞と記されるととても小さく感じます...

  •  6
  •  0