FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2009年02月 1/1

ドーピングしたほうが強い

No image

 ドーピングとは、スポーツ競技などで、薬などを使用して、不正に競技能力を高める事です。禁止されている大きな理由は、フェアプレイでないという事や、薬物などの副作用で健康を害するからでしょう。しかし、もしドーピングが禁止されてなかったら、スポーツ選手達はどうするでしょうか…程度の差はあれ、健康を損なっても、ほとんどのスポーツ選手はドーピングをするでしょう。禁止されてなかったら、フェアじゃない・・・なん...

  •  2
  •  0

そんなに働く必要があるのか?

No image

 現代は昔ほど重労働をしなくて良くなった・・・科学の進歩で大きな力を使う力労働は機械がやってくれるし、煩雑な事務処理はコンピュータがやってくれる・・・便利な世の中になった・・・と言われますが、本当にそうでしょうか?・・・最近こそ不況でワークシェアリングも脚光を浴び始めましたが、それでもいまだにほとんどの業種で労働時間は過剰に思えます。定職に就いていれば、週に5日以上1日8時間以上、・・・と言うのは...

  •  14
  •  0

衣食足りて・・

No image

 現代社会・・・少なくとも日本は、物質的に豊かになったと言われます。物が溢れている事に間違いはないでしょうが、作り過ぎて物が有り余っている事に『豊か』と言う表現を使うことには違和感があります。それを『豊か』と表現する事自体が精神的に貧しい現れではないでしょうか。『衣食足りて礼節を知る』と言う格言があります。意味は、読んで字の如くですが、『衣食足りて』をちょっと拡大解釈して「経済的に十分である」とか...

  •  8
  •  0

保護主義批判について

No image

 ここのところの経済不況、恐慌に対して、輸入品に高い関税をかけたり、輸出補助金を出したり、自動車会社に対する公的資金の導入など広く自国の産業を保護する動き・・・保護主義の流れがあります。 この流れに対し、経済の縮小を起こし、更なる不景気を招くから、保護主義に走ってはいけない・・・現在の世界の流れは自由貿易であり、公正な国際競争、国際分業、の為にも保護主義に陥ってはいけない・・・と繰り返す経済評論家...

  •  2
  •  0

100年に一度の経済危機と言うナンセンス

No image

 昨年11月に、【100年に一度?の経済危機・・】と言うタイトルで記事を書いた時には、景気の見通しも現在ほど下方修正されておらず、日本では、バブルを経験しているから、欧米・・・特にアメリカほど酷い不況には陥らないという経済評論家も沢山いました。だから、『100年に一度の経済危機』なんて言葉も日本ではあまり耳にしませんでした。・・・・しかし、年が明けて大不況が日本にも押し寄せてきた現在、日本でも沢山の人々が...

  •  8
  •  0

成長志向

No image

 普通、人間には向上心があり、昨年より今年、今年より来年は良くなろう・・・と考えます。現状と比較して、次はもっとよく・・・と言う成長志向はある意味向上心を持った人間の普通の欲求でしょう。勿論私もかつては野心の塊でした(笑)『人間の欲望は切りが無い』と言われる所以です。 さて、経済、GDPは成長率ばかりが注目されます。これは成長志向の人間の性[さが]として当然のことと言えば当然ですが、非常に危険な発想です...

  •  2
  •  0

マイナス成長

No image

ここのところ色々な機関が、経済見通しを発表する度に成長見通しを下方修正しています。IMF[国際通貨基金] が1月末に発表した世界全体の2009年のGDPの実質成長見通しは、0.5%と、第二次世界大戦後最低の予想となったとニュースは伝えています。(因みに2010年の見通しは3%だそうですが・・何をおっしゃるうさぎさん、こんな数値はあってなきに等しいでしょう。あてずっぽうのレベルとそんなに変わらないでしょう。色んな...

  •  6
  •  0