FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2009年11月 1/1

~鎮守の森3~神社巡りの山の小径~

 会津地方に、まだ訪れた事のない由緒のある大きな神社がある・・・という事で、猪苗代町の土津[はにつ]神社・・・と云う所に行ってみたました。この神社の裏側の北側には500mくらい続く並木に囲まれた小径もありました。・・・東に続く小径を行けばもう一つ、古い由緒のある桜で有名な神社がある・・・という事で、水路に沿って歩いて行ってみたら、確かに岩椅[いわはし]神社がありました。さらにそこから山道を下っても小さな...

  •  12
  •  0

~世界一のブナ天然林地帯・・・の一部~

  ブナの木は日本で愛されて来ました。ブナの木が市町村の木に指定されている自治体も沢山あります。日本一のブナの原生林は、秋田県と青森県の県境に位置する白神山地・・・と思われています。確かに白神山地のブナの原生林は、人が入ったり切られたりしないようにしっかり管理されているようで、素晴らしいブナの原生林のようです。 しかし、ブナの原生林の日本一の面積を誇るのは、福島県の会津地方の南会津の地域、会津美里...

  •  28
  •  0

物が余ってるうちが花

No image

 不況は、物が売れなくて困る状態です。つまり供給過多で需要不足の状態です。・・・でもそれって社会全体で考えれば、困る状態ではないでしょう。・・・社会全体として考えれば、これで当分物を作らなくていい・・・働かなくても物が十分にある・・・と考えて然りでしょう。・不況を嘆く前に、物が十分にあると言う事で失望しなければならない異常な社会のシステムについて考えるべきでしょう。食料をはじめ、物が不足したら由々...

  •  6
  •  0

「エコ替え」、ではなくて「エコ止め」

No image

 「エコ替え」が環境対策としてあまり有効ではない、それどころか逆効果である場合のほうが多い・・事に気づいている人は多いでしょう。ここのサイトでも繰り返し述べてきました。エコ替えは、環境対策ではなくて、経済対策、売れなくなった物を売る為の景気対策です。つまり現在の大量生産大量消費路線の延長で、エコ商品というものをなんとか売りつけようという、消費喚起の対症療法です。環境問題の解決には程遠い対策です。そ...

  •  10
  •  0

エコ替え、補助金は構造変換を妨げる

No image

 日本では、自動車が売れなくなってきて、若者の自動車離れなどという事も言われるようになってきました。 最近、自動車のCMと言うと、エコ替えの呼びかけと、その為の、補助金、減税がメインです。補助金で国が購入代金の一部を負担するから、税金も減額するから自動車を買い替えよう!・・と呼びかけています。燃費のいいガソリンと電気のハイブリッドカーに買い替えても、廃車するには廃棄場所が必要ですし、ハイブリッドカー...

  •  66
  •  0

未だにバブルを煽る身勝手な経済アナリスト

No image

 世界同時不況から恐慌に突入しそうな今年に入ってからも、経済アナリストなどと自ら名乗る人々による投資の儲け話は活発に続けられています。バブルの夢をもう一度・・・という事で、また近々バブルがやってくるから、乗り遅れずに儲けよう・・・・などと盛んに煽っています。・・・曰く、今こそチャンス・・・。「巨大バブルがやってくる」なんて本も出版されています。・・・確かに、程度の差はあれ、世界中を考えれば、バブル...

  •  6
  •  0

管理は簡単なほうがよい

No image

庭の花壇にしても、道端の花壇にしても、わざわざ野生には生育しない人手の必要な植物を植えるから、毎年手入れが必要になるのです。タンポポ、つゆ草、ススキ、月見草、昼がお・・・・そのようないわゆる「雑草」であれば手入れは必要ありません。そこに最適な草が生えるのですから・・・天然林はそのまま放っておいて定常性を保ちますが、人工林は手入れしなければ荒れてしまいます。(その後、放っておけば長い年月をかけて天然...

  •  14
  •  0

出来る事から・・・って?

No image

 環境問題に関してはよく、「出来る事から始めよう」みたいな呼びかけが為されています。まあ、何もやらないよりも、先ずは出来る事から取り組んで行こう・・と言う事は悪い事ではないでしょう。「出来る事から」と言う意味も、色々レベルがあります。  ① ちょっと電気や車の使用を控えて減らす・・・と言う事も「出来る事」ですが、  ② 原発の分(日本で言えば30%程・・)電気の使用を減らして原発をなくす、自家用車を所...

  •  8
  •  0