FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2009年12月 1/1

沼の点在する神社~鎮守の森4~

  鎮守の森の中に小さな沼が点在する神社があります。会津地方の河沼郡や大沼郡には、その名が示す通り、沼が多かったようですが、水田の整備や開発でかなり埋められたようです。河沼郡会津坂下町には、田んぼの真ん中に見える森の中に廣瀬神社があります。その鎮守の森の中には幾つかの沼が「神沼」として点在しています。明治以前は神が座す霊地として、林木が大いに繁茂し、48の沼が存在して「四十八瀬神社」と呼ばれていたそ...

  •  10
  •  0

二酸化炭素への換算・・

No image

今月は、気候変動枠組み条約締約国会議[COP15]がデンマークのコペンハーゲンで開かれました。話題の中心は、やはり国別の温室効果ガス排出量削減目標でした。  いわゆる温室効果ガスと言えば、二酸化炭素が連想されて、他の温室効果ガスは知らない人も多いのではないでしょうか。他の温室効果ガスと呼ばれるメタン、一酸化二窒素、代替フロン等の排出量も、地球温暖化係数というもので二酸化炭素に換算されて総量で表されます。...

  •  22
  •  0

先ずは止める事

No image

現在行われている地球温暖化対策に反対なのは、二酸化炭素温暖化説を否定しているからではありません。確かに懐疑派で、二酸化炭素温暖化主因説は信じてはいませんが、さりとて完全否定派でもありません。しかし、現在行われている二酸化炭素削減対策にはほとんど大反対です。二酸化炭素地下貯留、原子力発電、エコ替え、省エネカーの補助金&減税、風力発電、太陽光発電、排出権取引…グリーンニューディールなどの政策はすべて環...

  •  4
  •  0

歴史は何度も繰り返さない

No image

バブルの時代には過去数年株価が上がり続けたから、これからもそうなる・・株価は上がり続ける・・と証券マンや経済アナリスト達が、株の購入をどんどん進めました。・・・彼らは商売としてやっていただけではなく、本当にそれを信じていた輩も多かったように感じます。でも結局バブルは崩壊しました…右肩上がりの経済が続く筈が御座いません。 「いや、長い目で見ると経済は右肩上がりになる。・・・何故なら長い目で見れば経済...

  •  4
  •  0

ゴミ屋敷考

No image

前回の【ゴミこそ地産地消・・・地消は廃棄まで・・・】の続きです。 テレビなどで、よくゴミ屋敷のことが問題になります。ゴミが家の中や敷地に放置されて、ゴミに埋め尽くされた家の事です。家の主が他の家からゴミを集めてくる場合もあるようですし、割れ窓理論よろしくゴミ屋敷には他の人がさらにゴミを持って来て捨てる場合もあるようです。しかし、そんな場合を除いて自分の家で出たゴミだけでも、1年、5年、10年・・と溜...

  •  8
  •  0

ゴミこそ地産地消・・・地消は廃棄まで・・・

No image

 地産地消・・・地元で作った物を地元で消費・・・と言う昔の社会では当然だった事が最近また見直されています。(・・昔はごく当然の事だったので、「地産地消」と言う言葉も無かったのではないでしょうか?・・)グローバル化の弊害も見えるようになって、地産地消はますます見直されてきています。「地産地消」と言う言葉は、現在は大体食物について使われています。これから持続可能な社会を築くにあたっては、食物ばかりでな...

  •  24
  •  0

腐らないもの

No image

 現在、スーパーでもコンビニでも製品の多くはプラスチックの容器に入っています。スーパーやコンビニに置かれている商品のうち、容積にしても重量にしても、大きな割合が一度だけ使う容器のプラスチックです。現在レジ袋の廃止運動が進んでいて、レジ袋の廃止によって、どの位の石油が節約されて、CO2の排出がどの位減った・・・なんて盛んにアピールされています。それはそれで勿論好ましい方向ですが、レジ袋はポリエチレン[PE...

  •  28
  •  0

経済学に疎くとも・・

No image

 昔から、経済学にはほとんど興味ありませんでした。少しの間でも本気で学ぼうと考えた事はありません。 あんまり興味はないけれど、わからない事だらけでした。景気対策、消費拡大、為替の事、株の仕組み、そして様々な怪しい理論・・・よく分からないけれど、一見矛盾に満ちて非合理な仕組みだらけに感じていました。・・ほんのちょっとばかりその仕組みを調べてみても、疑問・・は消えるどころかもっと大きく不条理感ばかりが...

  •  26
  •  1