FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2010年01月 1/1

冬のお不動~

 雪国の冬の神社や鎮守の森の雰囲気は中々いい感じでしょう。・・・それを写真に撮って記事にする・・・昨年の秋頃から計画していました。・・・神社の候補はいくつかありました・・・。正月に福島県の湧水の本を見ていたら、頭無のお不動様の水・・・というのが載っていました。山の中の小さなお堂・・という感じで独特の雰囲気です。湧水も湧き水というよりも滝の水のようですが、澄んでる感じです。この磐梯山の麓にあるお堂に...

  •  24
  •  0

二番底・・・?

No image

アメリカで、日本で、そして世界で、景気の二番底が来るとか来ないとか昨年後半あたりから盛んに論じられています。アメリカには二番底が来るけど日本は大丈夫だとか、ドバイショック、バランスシートの調整がどうのこうのと経済学者、経済アナリストが論じてます。・・いちいち経済用語を調べるのもあまり意味がないし、聴くに堪えない内容なのであんまり聴いていないのですが、経済人ってどうしてこんなにどうしようもないのでし...

  •  40
  •  0

金融工学は詐欺の味

No image

 金融工学[Financial engineering] って違和感のある言葉に聞こえます。「工学」 と言う単語が持っているイメージに「金融」は馴染みません。「数理文学」 みたいな不協和音に聞こえます。 「フルーツご飯」 とか 「クリームラーメン」 のような喰えない感覚。 実際食べてみると変な味がするでしょう。・・・そして、後からそれが“詐欺の味”だったという事に気付くのです。 多くの工学の研究者は、工学を金融などと一緒に...

  •  20
  •  0

持続可能な社会の共通認識

No image

 現代社会のシステムでは、人類社会が崩壊してしまうと言う危機感を持ち、持続可能な社会に移行する事に関心を持つ人が増えてきました。その中で、科学技術だけで何とかする・・・という軽率なお気楽な方々は別として、(・・こういう方々が環境問題の指導者の中にも多い事は困ったものです・・)環境問題の根本解決には、経済成長を脱しなければならない・・と気付いてきた人も多いように感じます。その事は今年最初の記事【兆し...

  •  32
  •  0

地下資源を使うという事

No image

 工業化社会、経済の成長に大きな役割を果たしたものに、地下資源があります。  地下資源の生産とは、元々そこに埋まっていた地下資源を掘り出して生成する事です。はじめから存在する資源を掘り出しているだけですから、『生産』とは言いますが、倉庫にしまって置いてあったものを出して来て使えるようにした・・・というイメージに近いでしょう。ただ倉庫から出すのとは違うのは、遥かに面倒な作業・・掘って製錬する・・と言...

  •  12
  •  0

生態系の維持

No image

最も重要な環境問題は何か・・?の答え方が最近見つかりました。生態系の問題であります。人間が生態系を破壊する行為が環境問題と言えるのではないでしょうか。簡単に言えば、  環境問題=生態系の問題  環境破壊=生態系の破壊 と言えるという事です。人間が生態系を破壊しない事、即ち生態系が維持される条件をしっかり守れば、環境問題はすべて解決と言っても過言ではないでしょう。逆に言えば、人間が生態系を破壊する行...

  •  48
  •  0

先ずは脱グローバル資本主義

No image

 資本主義社会は資本家が資本の増殖を目的に無節操に利益を追求する事を是認する社会です。資本主義の目的は簡単にいえばお金儲けにある・・といえましょう。その為に労働者や土地までを商品化して、資本のあるものが労働者の何倍もの・・・百倍、千倍、一万倍以上にお金を稼げるというシステムを築きました。そしてそれを正当化する為に色んな資本主義経済の理論が作られていきました。 しかし最近、脱経済成長路線のレベルまで...

  •  16
  •  0

兆し

No image

 現代社会の主流はいまだに成長路線です。経済成長に洗脳された人間が世界に溢れています。成長路線の中で、世界の環境は破局に向かって悲惨になっていくばかりです。 そんな中で、成長路線に疑問を持つ人々が増えてきました。…当然の帰着です。有限な地球上で、破局に向かってひた走っている文明の暴走を止めるには、成長路線から脱却するしかない事は明らかです。成長路線とは根本的な公理でも前提でもなく、単なる一つの根拠...

  •  26
  •  0