FC2ブログ

雑草の言葉

Welcome to my blog

Archive2013年10月 1/1

グローバル崩壊を個別に免れる事は可能か?

No image

世界は近い将来・・・21世紀中に【グローバル崩壊】する事になる可能性が非常に大きい事を前回論じました。ここのサイトで繰り返し論じているように、グローバル化の大きな問題点は、『問題の先送りによる肥大化』です。地球規模までに肥大化してしまった問題が地球全体に蔓延してしまったら、もうよそへ押し付けるわけにはいかず、環境が耐え切れなくなって地球規模に崩壊する・・・これが(私の定義するところの)グローバル崩壊...

  •  8
  •  0

グローバル崩壊

No image

アメリカや中国、ヨーロッパの国々などの経済危機から経済崩壊が始まり、それが世界に波及すると言うような経済のグローバル崩壊が危惧される機会が増えてきました。確かに経済のグローバルな崩壊は、早晩・・・遠くない将来にやってくるでしょう。元来「グローバル化」と言う言葉は、環境問題から、戦争、貧困の問題などを地球全体で考えると言う意味で言われ始めた言葉だったのかも知れませんが、何でも悪用する輩はいます。財閥...

  •  4
  •  0

高度経済成長時代の遺物

No image

国会議員から地方自治体の議員まで「何とか経済成長路線に戻したい」「自由な投資・貿易の推進・拡大こそが日本の国益を最大化する」・・と、相変わらずな経済成長、グローバリズムな考えに洗脳されている政治家がいまだに多数派です。私はこの手の考えを持つ人々を「高度経済成長時代の遺物」と呼んでいます。現在の世界の多数派である「高度経済成長時代の遺物」によって、地球環境は大きな打撃を受け続けています。いつカタスト...

  •  12
  •  0

『経済成長』考 <後半>

No image

~前回の記事 【『経済成長』考 <前半>】 の続きです~さて、前段で仮定した社会では、極相林の生産力の上限まで人口が増えた場合、人々はどのような反応をするでしょうか。自分たちの財産である極相林が劣化することは、自分の財産の減少であると認識し(会計の貸借対照表上、資産額が減る)、江戸時代享保あたりの日本人のように人口増加をやめる選択をしたとすれば、社会システムに人口の暴走を止めるマイナスフィードバック...

  •  12
  •  0

『経済成長』考 <前半>

No image

現在、日本は低成長時代を迎え、政党は与党も野党もこぞって経済成長による日本の再生などと主張しています。与野党とも、経済成長が無限にできるとの前提での主張のように思われます。しかし、たとえば水槽で飼える魚の数の上限は、水槽の大きさにより決まります。地球も巨大であることを除けば、水槽のように閉じた系であるので、この中で生き物が安定して存続できる数の上限は決まっているはずです。その有限の世界の中で無限の...

  •  16
  •  0