雑草の言葉

殻を背負っていると潰せない?

2022/09/19
自然観察 10
 農家の方から、少し耕地をお借りして、作物を植えている畑には、今年はナメクジはあまり発生していませんが、雨が多く降ったせいか、何故か昨年までは観られなかったマイマイが沢山発生しています。

  昨年よく観られたナメクジ、特に外来種のマダラコウラナメクジは、今年はあまり見かけません。マダラコウラナメクジは、普通によくいる在来のナメクジの2、3倍くらいの長さですから体積にすれば10倍〜30倍くらいでしょう。・・・作物もそのくらい食い荒らすでしょう。
マダラコウラナメクジ
  昨年、マダラコウラナメクジがどんなものかお見せするために、お借りしている畑にいたマダラコウラナメクジを、その農家の庭先に持ってきて置いたところ。

 実はこのナメクジを初めて我が家の庭で見つけたのは10年ほど前で、ちょっと怖いなと思って、ネットで調べたら、21世紀になってから日本に入ってきたと思われる外来種の「マダラコウラナメクジ」でした。我が家の庭で見つけたのはその1匹だけで、潰した後も繁殖を危惧していましたが、その後は見かけなくなって良かったです。
 京都大学で、日本のどこまで侵入して分布しているか調べているから、連絡して欲しいとネットにあったので、連絡した記憶があります。福島県で最初の例だったかと思いますが、数年後、京都に行った際にも、とある農園で1匹発見して、そこの主に教えたら、何故か私がマダラコウラナメクジを日本で一番最初に発見した人として彼にHPで紹介されてしまいました。

 ・・・それは兎も角、ナメクジは、作物の害虫として、土に埋めて、その土の上から踏み潰したりするのですが、殻のあるマイマイは、潰すのに躊躇してしまいます。明らかに作物の葉を食い荒らして、ナメクジと同じ「害虫」なのですが、潰せません。
マイマイ
    殻があるので、可愛く見えてしまうマイマイ
インゲンの葉を食い荒らすマイマイ
   私が栽培しているインゲンの葉を食べて枯らすマイマイ
 だから摘んで雑草の生い茂る草むらに投げ飛ばします。雑草を食べてくれればいいのですが、彼らは、また畑の作物にやってくるかも知れません。耕地をお借りしている農家の方の他の作物につくかも知れません。一時的に作物から取り去って草むらに隔離するだけですから、駆除したことにはならないかも知れません。
 カタツムリとナメクジは、共に軟体動物で、陸棲の巻き貝です。殻が退化したのがナメクジです。でも、カタツムリは可愛くて、ナメクジはグロテスクに感じてしまいます。
 殻があるかないかで、潰さないで保護するか、潰してしまうか・・・贔屓だと思います。
 そう言えば、子供の頃、マイマイを沢山捕まえて飼ったこともありました。あのマイマイは、土を掘った水路のつゆ草などに沢山ついていました。一方、ナメクジを飼いたいと思った事はありません。

 余談ですが、私は写真のマイマイのように、貝殻が、はっきり巻いているようには見えず、アワビのように、片貝に見える小さなカタツムリの仲間が「マイマイ」、巻き貝のオームガイのように、巻きがはっきりして、比較的大きなオーソドックスな種〜いわゆる「デンデンムシ」が「カタツムリ」だと小さい頃からずっと思っていました。
 しかし、本来は、カタツムリ全般をマイマイと言うようです。



にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comments 10

There are no comments yet.

guyver1092

 言われてみれば、私の地元の子供たちも(私も含めて)、カタツムリは平気で触りましたが、ナメクジは気持ち悪がっていました。
 今にして思えば、同じ陸貝の仲間なので、区別する方が変に思います。
 

2022/09/20 (Tue) 20:04
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 殻

やっぱり殻の威力は強いですね!
子供達も、捕まえるときは殻の部分で、カタツムリでも、あのネバネバした柔らかい体はあまり触りませんね!?

カタツムリを飼う子供はよくいましたが、ナメクジを飼っていた子供は知りません。・・・
・・・と、言いたいところですが、子供ではありませんが、ナメクジに「エリザベス」と言う名を付けて飼っていた人は、10年くらい前にネットで知りました。
 「蓼食う虫も好き好き」ですね。

2022/09/21 (Wed) 06:04

マイマイとナメクジ

「マダラコウラナメクジ」福島県での第一発見者でいらっしゃるとか。
どうやって移動したのでしょうか?何かにくっついていくのでしょうか?

思い出したのがこの写真絵本です。
「ナメクジはカタツムリだった?」武田晋一=写真・文 岩崎書店 2021年6月
生きものの写真を撮る著者がなぜ苦手なナメクジを撮ったのかから始まっています。写真家なので生態にはあまり触れず、拡大されたカタツムリは殻の巻具合などがよくわかります。
カタツムリを調べる旅で、居住地の福岡から北海道まで各地に分布する、「、、マイマイ」に出会い、その旅から帰ってから「体の中に小さな殻があるナメクジ」がいることを聞きます。
それが、外来種の「チャコウラナメクジ」でした。背中が盛り上がっていて解剖すると小さな殻がある。カタツムリの殻を退化させたものがナメクジなら、旅で見たあのカタツムリは、何十万年の進化後にはどうなっているのだろう?と結んでいます。

昔、梅雨の頃、庭のナメクジ捕獲のため、バナナの皮を置き、暗くなってから集まったナメクジを割り箸で摘むのにはまった家族がいます。「今日は〇〇こ、ゲットした」と。「飼う」までには至りませんでしたが、グロテスク感がないからですね。どこへ捨てたんでしょう?


2022/09/21 (Wed) 16:31
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: マイマイとナメクジ

福島県での第一発見者では無いですね。私の知人で、私よりも先に見付けた福島県民がいます。
京都大学に報告したのが私が福島県では一番最初かも知れないと言うことです。

マダラコウラナメクジは、日本に来たのは勿論きっと船で、木とか植物の鉢とかに着いてきたのでしょう。
ナメクジの進む速さは、1日に100〜200mほどのようですし、同じ方向に一直線に進み続けるわけでは無いので、広がる速さはそんなに早く無いように思いますが、もう既に全国に広がっているようです。マズイです。

>「ナメクジはカタツムリだった?」

って絵本は結構マニアックっぽいですね。観てみたいです。でも、生態に関して描いてないのは残念です。

ナメクジを割り箸で挟むのにはまった家族のお話は面白いですね。

そう言えば、ナメクジはビールが好きなんですよ。コップにビールを入れて、梅雨の時期などにナメクジの出そうな所に置いておくと、コップを登ってビールに入って酔っ払って溺死(?笑)するようです。
以前、実験したら、ナメクジは贅沢で、発泡酒よりもビールを好みます。
ビールの種類、銘柄別にどれがよりすきか調べようと思っていましたが、調べないまま何年も経ってしまいました。いつか調べて記事にしたいと思います。

2022/09/22 (Thu) 01:02

臭いか?味か?

ナメクジの触覚は嗅覚なのですか?味覚もありますか?
人間が好むのは、バナナの皮だけならあの甘い香り?ナメクジなら味と香り?
「ビールが好きで酔っ払って溺死した」はナメクジからすると好みの臭いのする方へ行ったらジメジメ以上の水分のため生きていけなかった?など不思議です。

ナメクジが好きなビールの種類、銘柄が、雑草さんのぞれと同じだったら親近感が生まれるのかなあ?
結果が楽しみです。

2022/09/22 (Thu) 13:56
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 臭いか?味か?

ナメクジに嗅覚や味覚があるかは知りません。触覚とはまた別の感覚かと思います。
そもそも、嗅覚と味覚はそんなに違わないのでは無いでしょうか?
視覚は光の波を感じ、聴覚は音波を感じますが、それに対し味覚と臭覚は、共に何らかの分子が舌なり鼻の細胞に接触した時の反応なのでは?だから「触覚」でしょうか?

>ビールに入って酔っ払って溺死(?笑)

ってのは、ちょっとふざけて描いたもので、ビールの麦芽かなんかの匂いが好きでやってきて、そのままビールに入水して死にます。溺死かどうかはわかりません。
ただ、ビールに引き寄せられてやって来て入水するのです。
ナメクジがどんなビールが好きでも、きっと親近感は湧きません(笑)
虹さんはナメクジに親近感が湧くことがあるでしょうか?
 

2022/09/22 (Thu) 18:23

しょっ角

すみません。「触覚」ではなく「触角」です。
小学生が観察した「カタツムリとナメクジのしょっ角のふしぎ」(自然科学コンクール)がありました。
子どもの好奇心に付き合うおとなの役割にも気付かされました。
おとなが冗談にしてしまうのも反省です。

2022/09/24 (Sat) 08:32
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: しょっ角

あ、いわゆる「ツノ」の事ですね!?念の為確認したら、上についている長いほうで、先端に目玉がついている一対も触覚だそうですね。
「大触角」と言うようです。確かにあの目玉がついている大触角は、物に触れると縮めて方向転換しますね。この大触角はそれこそ「触覚」を感じるところですね。
下の、小さめのいわゆる「ツノ」が「小触角」で味や匂いを感じるところだそうですね!?やっぱり味覚と臭覚はあんまり区別出来ないんじゃないでしょうか?

>子どもの好奇心に付き合うおとなの役割にも気付かされました。おとなが冗談にしてしまうのも反省です。

なるほど、具体的にどんなことでしょうか?興味深いエピソードがありそうです。

2022/09/24 (Sat) 19:53

鼻をクンクン

昔「わたしの鼻のニオイ嗅いでごらん、カレーライスのにおいがするよ!」と言った子どもがいます。そのニオイは道でどこかの家から漂ってきたのでした。「どれどれ、ほんとだ!」とその子の鼻をクンクンしておしまいにせずに「ニオイ」を、幼いながら科学的に発展させたら楽しかったかも?でした。むろん私はその術を持たないのですが。

2022/09/26 (Mon) 06:18
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 鼻をクンクン

>「わたしの鼻のニオイ嗅いでごらん、カレーライスのにおいがするよ!」

子供の発想って面白いですね。

>「ニオイ」を、幼いながら科学的に発展させたら楽しかったかも?

 初めからそう言う引き出しを持っていなければ、アドリブでは非常に難しいかと思います。
幼稚園の先生とかでも難しいと思いますよ。

2022/09/26 (Mon) 20:46
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
自然観察