雑草の言葉

廃炉後でもプルトニウムは増える!

2023/06/17
原子力 6
 室田武氏の「原子力の経済学」を購入して読んだのは、3.11の原発震災の年が終わり、次の年が明けた頃〔2012年〕でした。非常に名著だと思った記憶があります。
原子力の経済学 室田武

 しかし10年以上前のことですので、多くの内容を忘れていました。
 今年5月に読み直してみましたところ、何故こんなに興味深く印象的な事を忘れていたのだろうか?と思う内容が書かれていました。(読み飛ばしてしまったのか、眠かったのか?)

 それは、毒性の非常に強い元素とも言われ、中性子をぶつけると核分裂を起こす、長崎型の原子爆弾(核分裂爆弾。)の材料にもなったプルトニウム239についてです。
 プルトニウム239の半減期は2.4万年です。原発が稼働中は原子炉の中のウラン238が中性子を取り込んでプルトニウム239になりますので、プルトニウム239は増え続けます。しかし、なんと、原発が停止して廃炉になった後も、かなり長い期間・・・何万年もの間、プルトニウム239は増え続けるそうなのです。(1万年後には2倍以上になるようです。)
 その理由は、超ウラン元素(ウランよりも原子番号の大きい元素)であるアメリシウム243などの放射性元素の崩壊によって、新たにプルトニウム239が生成されるからなのです。・・・なるほど・・・

アクチノイド核変換フロー
 wiki「アクチノイド」より
 軽水炉におけるプルトニウム238からキュリウム244の核種変換のフロー



本書には
『使用済み燃料の天然ウランに対する相対毒性は、800年頃までは一旦小さくなり、極小値に達するが、その後増加しはじめ、70万年後に極大値をとる』
とあるので、核廃棄物の管理は100万年以上必要になるのかも知れません。それならばとんでもない話です。
 そう言えば、ウランやプルトニウムも属する原子番号の大きいアクチノイド元素群の元素は、質量数も大きく、全て不安定で、(人間が原子炉等で核反応によって作り出した)自然界にはほとんど存在しない放射性元素です。安定するまでには何度も放射線を出して崩壊していくのでしょうから、かなり長い間放射能が残るという事です。非常に長い期間の管理も必要です。

 ちなみにネットで検索すると「プルトニウムの化学毒性は、ウランとほぼ同じと考えられ、放射線障害の方が遥かに大きく、化学毒は無視できる」とあります。確かにプルトニウムには半減期の非常に短い同位体が多数存在します。プルトニウムに限らず超ウラン元素には半減期の短い同位体もたくさんあるようです。つまり、比放射能(単位質量当たりの放射能の強さ)が強い同位体がたくさん存在するのです。プルトニウムが地上最強の毒物とは言えないとしても、プルトニウムを含む超ウラン元素は、化学毒は一般の重金属並みとしても、放射性物質としての毒は非常に強いものばかりと言えるでしょう。人間がこんな元素を作り出していいはずがありません。生態系に対する冒涜です。人間にも大きくはねかえってくるでしょう。

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

たっきー

100万年前といえば・・・

おはようございます
100万年もずっと増え続けるなんて、まさにパンドラの箱のようです・・・

100万年前の人類といえばジャワ原人、北京原人、骨が見つかっただけで詳細は不明

100万年先まで管理することなんて、可能だとしても、費用はどのくらいかかるのか、ワタクシのような不勉強な者には分かりません

一つ分かる事は、一刻も早く原発から手を引く事、国民の多くはそれを望んでいると思います、それで電気代が上がると言うのなら、あまり嬉しい事ではありませんが、受け入れる覚悟はあります

2023/06/17 (Sat) 06:41
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 100万年前といえば・・・

 100万年どころか、1万年も管理できないと思います。
火山活動が活発で地震が多く、地下水の豊富な日本は、1000年も経たないうちに厳重に固められて、地下に埋められて放射性廃棄物も地下水に溶け出して手がつけられなくなるのではないでしょうか?
豊かな地下水が放射性物質で汚染されることは我慢がなりません。
万が一百万年管理するとしたら、その原発が産み出した電力を全部使っても全く足りないでしょうね。

>それで電気代が上がると言うのなら、

電力会社がそう言っているのなら、電力会社の嘘ですね。石油が高くなれば、原発も高くなります。火力発電所よりも大きい原子力発電所を建てるときも石油ですし、燃料のウランを掘り出して精錬して濃縮するのも全て石油です。

原発は最もお金のかかる発電方式ですが、日本では発電にかかる費用は「電気事業法」で「総括原価方式」で決められます。
 電気代が  発電のために必要な資産✖️報酬率
で決められるので、かかる費用が大きいほど、儲けも多くなります。
原発は、石油火力などより遥かに発電にお金がかかるのに、誤魔化して「発電費用が少なくて済む」と言っているのだと思います。
20世紀半ばに原発が始まった頃は「電気代が只同然になる」と宣伝していたようです。
原発推進の広告は嘘で塗り固められています。

でも万が一原発を止めれば電気代が上がるとしても、原発は直ぐに止めるべきですね。  

2023/06/17 (Sat) 20:38

guyver1092

結論のみ覚えていました

 細かい仕組みまでは覚えていませんでしたが、70万年後に極大に達するという部分と、100万年ごにウランと同じになるというのは覚えていました。
 10万年保管と10分の1を宣伝していますが、とんでもない、地球の生命圏に対する裏切りです。原子力を推進する者は、まさしく地球の癌細胞ですね。

2023/06/20 (Tue) 21:06
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 結論のみ覚えていました

guyver1092 さんは、非常に多くの事を既に読んでいらっしゃってご存知ですね。脱帽です。

>100万年後にウランと同じになる
と言うのは、比放射能、毒性の強さの事でしょうか?

>10万年保管と10分の1を宣伝していますが、

これは聞いたことがありませんでしたが、原子力推進者たちは、10万年保管すると全体の放射能が10分の1になると宣伝していると言う事でしょうか??
最初の量にもよりますが、10分の1では話になりませんね。
何らかの毒物があったとして、致死量の10分の1なら飲むか?・・って話になりますよね。
一般に放射性元素は半減期の10倍の年数の保管で1000分の1未満にする事が必要とされますね。
そもそも10万年の保管でさえほぼ無理でしょう。無責任にもほどがあります。

>地球の生命圏に対する裏切りです。原子力を推進する者は、まさしく地球の癌細胞ですね。

まさしくおっしゃる通りです。

2023/06/22 (Thu) 04:31

guyver1092

Re: Re: 結論のみ覚えていました

 プルトニウム239はα崩壊後、ウラン235になると理解しています。

 10万年は以下のページにも紹介されています。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/60660

 キチガイに刃物と言いますが、人類の敵がマスコミを抑えているのではどうにもなりませんね。

2023/06/23 (Fri) 22:20
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: Re: Re: 結論のみ覚えていました

確かにプルトニウム239はα崩壊すれば原子番号も質量数もウラン235ですね。
プルトニウムは核分裂しても崩壊してもやばい物質ですね。原子力推進派からすれば有用な物質なのでしょう。
まさしく気違いに刃物です。文明崩壊の引き金ですね。

2023/06/24 (Sat) 21:10
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
原子力