雑草の言葉

原発よりはマシだけれど・・

2023/12/11
エネルギー 6
 先日(11月26日)、ズームミーティングで話題が(特にテーマでもなかった)原発の方向になった時、色々な方が私見を述べました。

 「脱炭素化と言って悪者扱いされていても、石油の方がウランよりは遥かに良い。」
「太陽光発電も様々な問題が指摘されているけれど、原発よりはずっといい。」
・・・・そのズームミーティングに参加していた方々はみんな、人間には対処しきれない原発の多大な負の側面を十分に知っていて、原発は最悪のエネルギーシステムである事は共通認識でした。
 原発処理水タンク 東京新聞より

 だから「原発は止めて、他のエネルギー源を使うべきだ」、「脱原発して他のエネルギーをもっと使うべきだ」・・・のような意見を述べていました。
大飯原発 20年
  
 私も、脱原発派ですので、その点は勿論賛成でしたが、「他のエネルギーをもっと使おう」と言う意見ばかりで、エネルギーの使用量に関しての意見は出なかったので、私が最後に言いました。
「皆さん、原発の代替エネルギーの話ばかりされていますが、私は石油だろうが太陽光発電だろうが、エネルギーの使用量を大幅に減らして、経済成長をやめなければ、22世紀は無いと思っております。自己満足かも知れませんが、個人的にも、自転車で通勤するなどエネルギーの使用量を減らす努力をしておりまます。人力をもっと活用すべきでしょう。」
 
 すると、一人がすかさず反論しました。
「これから人口は減少するから、経済成長は自ずと止まるから大丈夫。」

世界と日本の人口の推移 朝日新聞デジタルより
  朝日新聞デジタルより 
 
 もうズームミーティングの時間も無かったので、彼に対する反論は次の機会にすることにしましたが、ここに書かせて頂きます。
 そんなレベルの経済縮小(100年で半減もしない経済縮小)では、全く話にならないでしょう。桁違いに経済を縮小して、桁違いに消費エネルギーを減らさないと無理でしょう。
 そもそも、世界の人口は、増加率は減り始めていると言っても、まだまだ増えています。現在でも過剰なのに、今世中に100億を超える勢いです。人口は当分減らないのです。減り始めると言われる今世紀末からでは間に合わないでしょう。それよりも早く成長の限界に達し、突然減り始める可能性は否定できません。
 日本に限定しても、2100頃に少子化で人口は4割ほど減る予測ですが、その程度で一人当たりのエネルギー消費量を増加もしくは維持できるのでしょうか?
原発が許されない理由 欧米の開発状況
 小出裕章著:原発が許されない理由p78の図表より

 エネルギー消費量 や 環境負荷は、
(一人当たりの消費量[環境負荷])×人口
ですから、一人当たりのエネルギー消費量[環境負荷]と人口が共に7割くらい減って、総エネルギー消費量はやっと一桁減るのです。人口が7割も減るとしたら、世界的な戦争なりパンデミックなど世界が大きな不幸に見舞われなければなりません。〜このまま人口増加と経済成長が続けば、そのような悲惨な状況に陥る可能性も低く無いと見ております。

 そもそも、人口減少は成長の限界に達した兆候かも知れません。もうキャパシティは無い・・・と言う。自然に僅かに人口が減ったとしても、エネルギーの消費量を意図的に桁違いに減らさなければ、文明崩壊は免れないでしょう。

 「これから人口が減るから、エネルギー消費量を減らさなくても、経済も縮小しなくても大丈夫」なんてお気軽な事はそのうちに言っていられなくなるでしょう。

 にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村  人気ブログランキング 
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

fukuchan

アフリカの人口が爆発的に増えて、経済発展しますよ。
エネルギーの環境負荷もですが、
飲み水もなくなるのではないですかね。
飲み水争いの戦争が起こるのではと思います。

2023/12/11 (Mon) 10:37

☘雑草Z☘

Re: タイトルなし

アフリカは、経済発展のフロンティアとして、多くの国で開発競争をしています。
それで豊かになるどころか、伝統的生活スタイルが崩れ、都市化してスラム化してきました。とんでもない事です。
飲み水も農業用水も不足しています。アメリカのように化石水は確実に減っていて枯渇に向かっています。
まずは「先進国」と自任している国から経済成長を降りなければならないでしょう。

2023/12/12 (Tue) 08:22

爽風上々

経済成長とエネルギー消費の呪縛

人間が生きている時間などごく短いもので、今の人間は誰もが経済成長とエネルギー消費の時代の中で生まれ育ってきました。
それに対する疑問も何一つ感じていない人がほとんどです。
しかし肝心の資源に対する不安を何も持たずいつまでもこれが続くと思っています。
気候変動などと争点をすり替えた論理で何やら世界を動かそうとしていますが、本当の問題点は化石燃料消費による二酸化炭素発生などではなく、化石燃料自体の資源減少です。
そうなったら経済成長などはどこかに吹っ飛び生き残りをかけた戦争になる恐れが強いものと思います。
現代文明は化石燃料に依存したエネルギー依存文明であるということを認識し、それがいつまでも続くはずもないことを理解することが必要です。

2023/12/12 (Tue) 09:12

guyver1092

エネルギーを使う

 記事を読む限り、ミーティングの参加者の共通認識として経済成長を肯定しているように感じます。
 そして、人口減少するから大丈夫という認識は、文明崩壊に対する無理解があるようにも感じます。
 世界の人口の減少を意図した経済運営を行った結果の人口減少なら良いのですが、意図せず人口減少することは、文明崩壊の顕現そのものです。

 ローマクラブの言うように、人口が制御不能の状態で減少することは、文明の維持が不可能なほどあらゆる資源が流通しなくなる事態が発生するからこその餓死、共食いによる人口減少であろうと考えます。
 地球には人口の定員があるので、この定員以下に人口を抑える政策をとらない限り、文明崩壊は必ず起こるでしょう。

2023/12/12 (Tue) 20:35
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 経済成長とエネルギー消費の呪縛

「経済成長」という概念は,20世紀半ばに経済学研究において登場したのですから、ごく最近の事です。こんなカルト的な概念に世界中が翻弄されて破局に向かうほど、人間は愚かな存在なのでしょうか?

>今の人間は誰もが経済成長とエネルギー消費の時代の中で生まれ育ってきました。

今の人間は、「科学技術の進歩」を「経済成長」と混同しているのでしょう。確かに現在の科学技術は「省エネ技術」はあるものの、エネルギー消費拡大を伴って、経済成長に連動しています。しかしこれからの科学技術は「如何にエネルギーを使わないか?」に特化するべきでしょう。

 化学エネルギーの総量は、そのポテンシャルエネルギーの総量と考えられますから、化石燃料以外の有効な大量の化学エネルギーは出てこないでしょう。人間の手に負えない核エネルギーは論外です。するとやはり太陽エネルギーの範囲で生活することが「持続可能」でしょう。

>本当の問題点は化石燃料消費による二酸化炭素発生などではなく、化石燃料自体の資源減少です。
>現代文明は化石燃料に依存したエネルギー依存文明であるということを認識し、それがいつまでも続くはずもないことを理解することが必要です。
仰る通りです。爽風上々さんは以前から化石燃料の枯渇が一番の問題点と考えておられるようです。
しかし私は、化石燃料が枯渇することは悪いことばかりではないと考えます。CO2排出よりも、マイクロプラスチックなど、マテリアルとしてのプラスチックの環境負荷は途方もないと考えるからです。
破局の原因は「エネルギーなど資源の枯渇」か「環境汚染・破壊」か?・・どちらもでしょう。爽風上々さんの仰るように、化石エネルギーの争奪戦で戦争になる恐れはかなり大きいと考えます。

2023/12/13 (Wed) 09:51
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: エネルギーを使う

私の記事の書き方が悪かったのかと思いますが、そのズームミーティングの参加者みんなが経済成長を肯定していたわけではありません。
ただ、エネルギー源として原発よりは他のエネルギーを使うべきだという議論ばかりで、エネルギー縮小=経済縮小 と言う話が出なかったので、私がそれを主張したのです。

>意図せず人口減少することは、文明崩壊の顕現そのもの
>人口が制御不能の状態で減少することは、文明の維持が不可能なほどあらゆる資源が流通しなくなる事態が発生するからこその餓死、共食いによる人口減少

仰る通りです。現在の日本の人口減少は、「格差・貧困」問題も大きいいですが、「成長の限界」を想起します。日本は自給自足出来ませんし、輸入をストップされたら、もっと悲惨な人口急減が起こるでしょう。

>地球には人口の定員があるので、この定員以下に人口を抑える政策をとらない限り、文明崩壊は必ず起こるでしょう

おっしゃりう通りです。ただ、人間は個々人の環境負荷の違いは桁違いに大きいですから、(一人当たりの消費量[環境負荷])によって人口の定員は変わるでしょう。アメリカの富裕層並みなら10億人も無理かもしれません。そして現在「経済成長」によって、世界中がアメリカ並みに近づいています。恐ろしい事です。
「地球の人口の定員」や「持続可能な年間に使えるエネルギーの総量」に関しては、試算してからまた改めて議論したいと考えます。

2023/12/13 (Wed) 10:10
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
エネルギー