雑草の言葉

今年最後の収穫

2023/12/19
作物、畑 6
 毎年、秋のはじめ頃(9月)に、ある程度大きくなったキウイを「試しに」収穫してみるのですが、不味いです。不味いなら収穫しなければいいものを、今年も間引きも兼ねて9月に収穫してみました。今年は喰えるやと思いきや、追熟しても不味過ぎて、畑の堆肥にしました。初秋は暖かいので、もいだ後は追熟しなくても柔らかくなって早く腐るのです。

その後、10月半ば以降にもいだものは食べられるようになりました。 11月の記事【冬のカキウイ】2023/11/13 に、HNたっきーさんから、
「霜が降りて葉が萎れてから、収穫する」
のようなコメントを頂いたので、私も倣ってみようかと思いました。

キウイ棚 東から撮影左手が南’23年12月
  キウイ棚:12月14日だけど
   南側(写真左手)の葉はまだ緑で萎れていないものも多い


 その後、キウイ棚を時々観に行くと(家から600mほど離れた場所にあります。)キウイの葉はあまり萎れていなくて、まだ元気でした。それでも何度か多少(20個くらいずつ)は、収穫しました。
そして、12月に入ってもまだまだ晴れていい天気の日がありましたが、数日後には寒波が来ると予報されていた12月14日に最後の収穫に行くことにしました。
キウイ棚 緑が残る 23年12月
キウイ棚ゴールド23年12月
 こんなに遅い時期に収穫したことは昨年までに無かったような記憶ですが5年以上前には収穫が遅れて12月になった事も、あったのやも知れません(美味しかったから)。
キウイ棚今年最後の青空か?23年12月
  棚の上に伸びるキウイが空に映える。
  雪国で12月半ばというのにこんなに青い空

   ・・・この数日後には寒波が来て雪が積もりました。

 キウイ鳥かなんかに喰われた23年12月
  鳥かなんかに喰われた穴の開いたグリーンキウイ

キウイ棚の下の食用鬼灯23年12月
  食用鬼灯(スカッとパール種)も色付いて、数個収穫できました。
  食用鬼灯を12月に収穫したのも初めてかと思います。

キウイ棚に烏瓜23年12月
  キウイ棚に大きなカラス瓜もなっていました。
  美味しく無いけど2つばかり収穫しました。


結局この日は、まだ残っていたキウイのうち、大き目のものを100個(グリーン85個、ゴールド15個)ほど収穫しました。小さめのキウイは、最初はもいで地面に落としていましたが、面倒なので、まだ百個以上は残っていたと思われますが、途中からそのままにして帰りました。例年最後の収穫の日は、小さめのものも殆ど収穫していましたが、今年は間引きをしなかった為もあって、小さめのものが残り過ぎました。美味しい美味しく無いは別として、今年は大豊作でした。


 余談ですが、私が栽培するキウイ棚のキウイは、ここ数年、そんなに美味しくありません。7、8年前は、お裾分けしたキウイを食べた方から「凄く美味かった」「売っているのよりも美味かった」「また欲しい」・・・などと好評でしたが、ここ数年はそんなに美味しくありません。
 原因はやはり収穫時期が早かったこともあるでしょう。(7、8年前はいつ頃収穫していたかは記憶にありませんが、美味しかった時は、遅めの収穫だったのでしょう。)

 そしてもう一つ要因と考えられる事は、堆肥です。5年ほど前から、枯れ葉や植物性の堆肥ばかりを入れていました。しかし、今年は久しぶりに春先に多少の鶏糞を入れましたら、ここ3、4年前よりは美味しくなりました。(ここ数年では一番「まとも」な感じ)。だから、土に(熟成させた)動物の糞を入れると美味しくなるのでは無いかと考えています。タイの洞窟に棲むコウモリのフンを肥料に使うと、マンゴーとかが甘く美味しくなると地元の人が言っているのを最近テレビで観て、結構確信が持てました。来年は、牛糞とか鶏糞を入れようかと思います。(本当は馬糞かバッドグアノを入れたいのですが、なかなか手に入りません。)

 今年の春、東京にお住まいの方と知り合いになって、家庭菜園を見せて頂きました。その時彼は「なるほど!」と合点がいく方法で熟成された馬糞をお使いになっていました。匂いもあまり気にならない、見るからに効きそうな熟成馬糞です。その馬糞堆肥を使っている方から最近蜜柑を送って頂きましたが、プロの農家の作った美味しいみかんのように味が濃くて美味しいのです。熟成馬糞は手に入りませんが、鶏糞や牛糞と米糠や刈草を混ぜて堆肥にして春先などに施肥して、遅めの初冬:霜の降りる時期(11月下旬から12月)に収穫すれば、美味しいキウイが復活できるのでは無いかと期待しています。来年の実験です。炭[K]や貝殻[Ca]も入れます。
 人気ブログランキング にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ
にほんブログ村  
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

fukuchan

キーウイーは簡単に出来るかと思ったら、おいしいキーウイーを
作るのは難しいのですね。
最近林道にキーウイーの木がたくさんできていますが、
1本もなりません。男木ばかりかもしれません。
出来たらちぎってみようと楽しみにしているのですが。

2023/12/20 (Wed) 10:03

☘雑草Z☘

To fukuchanさん

 キウイの手入れはそんなにしていません。基本的に春先(2~3月)に剪定して(私はあんまり切らずに残す方ですが)その後秋までに数回堆肥や肥料を入れるだけです。(花が咲いて実が付いたら間引きをすることも多いです。)後は秋からひたすら収穫でした。晩秋に御礼肥も入れます。(御礼肥の後にも収穫しましたが・・・。)
でもキウイの土からの栄養の補給は激しいようで、このキウイ棚の元の主が堆肥を入れないで何年も置いた結果、キウイが食べれないくらい不味くなりました。そこで私が引き継ぎました。
特に、ミネラル分(何の元素かは不明です。)の不足で実は美味しくなくなるようです。
思い返した結果、ここ何年かは、植物性の堆肥しか使っていなかったら、そんなに美味しくなくなったのかと考えたのです。鶏糞や牛糞を入れていた時期が頗る美味くなったので、来年はそうしようかと・・・。それから収穫時期は出来るだけ遅く、晩秋から初冬。それまで我慢。試しの早収穫も10月以降にしようかと思います。まあ実験です。実験は面白いです。
そうそう、夏場の雨が降らずに乾いた時期は、数日に1回一人バケツリレーで水を1回に10ℓ×20杯=200ℓくらい撒きますね。この作業をする8月が一番大変かもです。
 一方家の渋柿の木は、枝を切るくらいで堆肥も入れませんし、手入れは特に致しません。

2023/12/20 (Wed) 21:24

みかんと食用鬼灯

今年は過去にないほど気温が高い年で、みかんが豊作だとか。
我が家のあまり剪定もしない温州みかんが過去にないほど、たわわに実りました。黄色になるに従って、やはり数個は鳥に喰われ、穴が空きました。
熟成馬糞のおかげでもあり、その馬の餌が無農薬の牧草だそうでありがたいことです。コウモリの糞でマンゴーが甘くなるのと同じなのですね。

今年の食用鬼灯は黄色になったのが数個で、まだほとんど青い袋のまま、かなりの数がついています。これを全部食べたかったです。
会津鉄道の駅で食用鬼灯を買った旅行者が「宿根草のように育てている、未熟な緑の種でも発芽能力があって、大きく育った」という記事を見ました。私も根っこが枯れずにこのまま越冬できるか、落ちた実の種から芽が出るのか、試してみようと思います。

2023/12/21 (Thu) 06:39

たっきー

おはようございます

雑草さんの写真を拝見して驚いています。まだそんなに葉っぱが付いているんですね、こちら信州伊那谷では落葉樹は全て冬枯れてしまい、キウイの木も例外なく葉を落しました

冬に剪定して、場合によっては摘果するくらいで、ほったらかしの我が家のキウイですが、調べてみるといろんな品種があって、収穫時期もわせ種や晩生種などがあることを初めて知りました。

もしかしたら、雑草さんのお宅と我が家とは、品種が違う事に加えて、気候風土の違いがあるのかもしれませんね

調べたサイトでは糖度計で糖度を測って収穫時期を判別するように書かれていました、文明の利器を使えば間違いないなぁ〜と・・・


それから、馬糞のお話し
わたしの知り合いが馬を飼っており、その馬糞でお米を作られています。

エサが草だけだからなのか、糞も全く嫌な匂いがしていませんでした。
年単位で熟成させて、重機で撹拌するとカブトムシの幼虫がウジャウジャ出てきます・・・

あれなら扱いやすいなぁ〜と思いました
余談でした

2023/12/21 (Thu) 06:57
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: みかんと食用鬼灯

 そうですか!?みかんの露地栽培が出来ない東北の雪国の者としては、みかんはリンゴのように手間暇がかかるんももかと思っておりました。でも、柿のようにほったらかしでもしっかり実るのですね!?いい果物です。こちらでも露地栽培できるのなら植えたいところです。

>やはり数個は鳥に喰われ、穴が空きました。

私の栽培しているキウイは、グリーンもゴールドも数個穴が空いていましたが、キウイは、比較的虫にも鳥にも食べられない強くて育て易い作物だと思います。みかんもそうなのでしょうか?

>会津鉄道の駅で食用鬼灯を買った旅行者

それは恐らく會津田島駅でしょう。田島駅のある南会津町は、食用鬼灯を栽培されている農家があるようです。私も試しに買ってみたことがあるのですが、私が作っている3種類の食用鬼灯のうち、一番小さい矮性種のハニーゴールド種と同じ味で、もっと大きい実でした。私の作っている中くらいの大きさのスカットパール種くらいの大きさです。(形は違っていました。)当時は、ハニーゴールド種の味はあんまり好きでなかったので、種を採ろうとは考えませんでしたが、ハニーゴールド種は我が家では女性に一番人気です。大粒のハニーゴールド種は育ててみたいところです。

>私も根っこが枯れずにこのまま越冬できるか、落ちた実の種から芽が出るのか、試してみようと思います。

私の少ない経験では、根が残って翌年も収穫出来る可能性は低いですが、落ちた実から種が発芽する事は普通に良くあります。
我が家では、矮性種のハニーゴールド種は毎年種を採っていませんが、溢れた種から毎年沢山発芽して、沢山間引きしております。

2023/12/21 (Thu) 22:26
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: おはようございます

今年は極端な暖冬のために、12月半ばまで気温も高めで氷点下にはならず、積雪も無かったので、12月半ばまでキウイの緑の葉っぱが残っていたのかと思います。でも、北側の葉はほとんど枯れていました。緑が残っていたのはほとんど南側の枝の葉でした。

>ほったらかしの我が家のキウイですが、

我が家の柿の木もほったらかしですが毎年美味しい実が実ります。(渋柿なのでさわすか干すかした後美味いのですが)
一方キウイ棚を作ったものの、ほったらかしにして置いたら不味い実しかならなくなった他の方の土地のキウイ棚を引き継がせて頂いて、私が作っております。元々空き地か家が立っていた所のようで、キウイを作る時に土は入れたようですが、私が引き継いだ時には痩せた土地になってしまっておりました。

>収穫時期もわせ種や晩生種などがあることを初めて知りました。

私の育てているキウイはグリーンもゴールドも、9月に収穫すると不味くて食えないし、遅めの11月以降に収穫すれば食べても美味いので、私が面倒見ているキウイも晩成種だと思います。

>馬糞のお話し

も大変参考になりました。

>馬糞でお米を作られています。

やっぱり馬糞はいい肥料なんですね!?
牛や豚などの家畜と違ってホルモン剤とか与えない、コウモリのような野生の動物や馬のフンがいい堆肥になるのでは無いでしょうか?
カラスやスズメの糞もいいかもです。我が家では、餌の少ない晩冬から初春にかけて、餌を探してやってくる雀などの鳥の為に、米ぬかや古米を庭に撒くのですが、そこで米糠を食べている鳥が糞をして、いい堆肥になっているのかと思われます。

2023/12/21 (Thu) 22:52
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
作物、畑