雑草の言葉

ライトアップしまくりの夜

2024/01/13
資源・エネルギー 4
 私は夜、見かける度に「なんでこんなおバカなことをやっているのだろうか」と、不快になるものがあります。
 それはこんなもの↓↓です。
ライトアップ町の電飾1 24年

 この写真は私の家の近くの交差点の横の小さな空き地(広場?)にある夜の電飾です。町でやっているようです。社明運動(社会を明るくする運動)の一環らしいです。一般に「社会を明るくする」の「明るい」と言う表現は、比喩でしょうけれど、この「社明運動」は、文字通りライトで「明るくする」という発想には苦笑するしかありません。
 自治体だけではありません。夜営業しているお店の看板くらいは仕方ないとしても、お店でもない個人の家でさえ、ここのところ、夜間に電飾する家はたくさんあります。彼らも通りがかった人の心を明るくするとでも思っているのでしょうか?日本の、世界のエネルギー不足についてどう考えているのでしょう?


 ウクライナ戦争やイスラエルのパレスチナ自治区侵攻などによって、世界のエネルギー不足が懸念されています。そんな中、日本のエネルギー自給率は、食料自給率以上に低く、ここのところずっと20%未満です。
 そんな問題はどうでもいいと言わんばかりに、こんなエネルギーの無駄遣いを日本中でやっているのです。

 今、いろいろな観光地で、川や林、並木や滝、建物など・・・さまざまなものを夜ライトアップするのが流行っています。日本ばかりではありません。世界中でこんな愚行がなされています。それは綺麗かもしれませんが、昼間に太陽光の下で観ればいいではありませんか。エネルギーの無駄とは考えないのでしょうか?
こんな事の為に原発が再開されると思うと、到底楽しむ気にはなれません。


 福島第一原発事故の後、いろいろな場所に建てられた避難民の仮設住宅街などで、「住民を明るくする」などと言う理由で、ライトアップが各地で為された事を、何年間もニュースで流されていました。これを「善意?」で企画した人々は、このような電気の無駄使いの為に原発が作られた事をどう思っているのでしょうか?

 原発に限りません。火力発電も石油を使っているわけですし、CO2も、NOx もSOx も排出します。化石燃料の枯渇も早めます。風力発電だろうが太陽光発電だろうが、化石燃料無しには大した量の電力を生み出せません。貴重な資源も消費します。石油の消費無しに世界の需要(・・と言う名の無駄な欲望)は満たされ無いのです。・・・その「需要」に夜間ライトアップのような無駄な電力もカウントされているのでしょう。馬鹿馬鹿しい「需要の増加」です。
 エネルギー不足とか言って、こんな事を平気でやっている人類にはやっぱり22世紀は無いかもです。
ライトアップ街の電飾2 不要24
 買い物に行く途中で、ここの記事にする為に写真を撮ったのですが、
 この前で立ち止まって観ていた人を見たことは1度もありません。
 私も写真に撮っている間、「こんなものを写真に撮っているんだ」と笑われているような気恥ずかしさを感じました。


夜は、お月様や星あかり、雪あかりや蛍のような自然の灯りを楽しむべきでは無いでしょうか? 

 にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

爽風上々

ライトアップ

私もキラキラと電灯が輝く夜を見ている今の幼い子供が老人となった時の世の中を想像したことがあります。
あと数十年も世界が続いているならですが、おそらくもはや電力を思うように使うこともできなくなっているということはありそうな未来です。
その時、その老人は乏しい光の中での家族との対話で「じいちゃんが子供の頃は夜でも電灯でキラキラと輝いていたものだ」と孫たちに話しているかもしれません。
しかし子や孫は「またじいちゃんのほら話が始まった」と相手にもしないという光景です。

このシーンだけを膨らませて小説が書けないかと思ったのですが、文章力の乏しさから全くそれ以上にはイメージが広がらずあきらめました。
しかし今の乳幼児がたどるであろう人生を想像するとどうしても暗いものになってしまいます。

2024/01/16 (Tue) 14:47
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: ライトアップ

>あと数十年も世界が続いているならですが、

爽風上々さんもそう考えますか?私も、21世紀が崩壊の世紀になるんじゃ無いかと何度か書いてきましたが、最近の世界情勢やいまだに経済成長にこだわっている国、人々を見るに、この頃その危機が現実味を帯びて感じられます。

>おそらくもはや電力を思うように使うこともできなくなっているということはありそうな未来です。

私もそう思います。「新エネルギーの開発」と言っても、エネルギーの種類を考えると、有望なまともな新エネルギーもほとんど出てこないんじゃ無いかと思います。

>「じいちゃんが子供の頃は夜でも電灯でキラキラと輝いていたものだ」と孫たちに話しているかもしれません。

それは興味深いお話になりそうです。かなり以前、爽風上々さんが北朝鮮かどこかの工作員が原発に入って電源喪失させる・・・という小説のネタを披露して下さいましたが、その後、そう言う話が世間でも出てきました。「先見の明」があるんだと思います。原発工作員の小説を書こうと思えばある程度長くなると思いますが、
>じいちゃんが子供の頃は夜でも電灯でキラキラと輝いていたものだ」と孫たちに話している
お話は、星新一のようなショートショートでいいかと思われます。爽風上々さんは上質の記事を量産されていますので、スラスラ書けるんじゃ無いかと思われます。日本の原発が攻撃される想定も、私はミサイルでしたが、爽風上々さんは「捨て身の工作員」と言う新たな発想でした。
孫のじいちゃんに対する返事も、「またじいちゃんのほら話が始まった」と相手にもしないという光景とは、新鮮な発想です。
私ならきっと、ちょっと賢い子が「じいちゃん達がじゃばじゃばと電気を使いまくったから悪いんだ、どうしてくれんの?」というと考えます。

>今の乳幼児がたどるであろう人生を想像するとどうしても暗いものになってしまいます。

そうですね。PCのゲームをやって、万能と思われるAIがあって、人間には無限の未来が広がっている・・・と思っているうちに制御不能な衰退が始まって破局・・・

2024/01/17 (Wed) 08:28

guyver1092

アベノミクス

 アベノミクスでもインフレを強制的に起こすと、必ず需要インフレになって景気がV字回復すると主張していましたが、結果は惨憺たるものでした。一番問題なのは、国民のほとんどがこれを信じて、なお悪いことに「虚仮の一念岩をも通す」の言葉通りに、信じていればいつかは需要インフレになるとの信念をもってアベノミクスを妄信した結果、日本の経済は国際的地位を下げまくったことです。
 ライトアップで社会が明るくなるというのも、虚仮の一念でしょう。アベノミクスと同じく、失敗し、電飾機器メーカーと電力会社が喜ぶのでしょうね。なお、ライトアップする電気は二酸化炭素を出さないと信じれば、本当に出なくなると信じているようです(皮肉です)。

2024/01/18 (Thu) 19:53
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: アベノミクス

なるほど、「虚仮の一念」という言葉があるのですね。
「ライトアップで社会を明るくする」と「アベノミクスで景気回復」との対比が鮮やかです。
どちらも「虚仮の一念岩をも通す」とは虚構で、騙されてる人は多くとも「虚仮の一念はやはり岩は通さなかった」というのが実態でしょう。
それどころか「虚仮の一念社会を崩した」じゃないでしょうか?破局に近づけたと言えましょう。

>ライトアップする電気は二酸化炭素を出さないと信じれば、本当に出なくなると信じているようです(皮肉です)。

皮肉を加えさせて頂きます。
ライトアップする電気はクリーンエネルギーで、決して放射性廃棄物も出さない。

2024/01/20 (Sat) 08:39
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
資源・エネルギー