雑草の言葉

杜撰過ぎる実験の結果報告

2024/02/03
一寸日常生活 2
「昨年12月の記事【冬の実験と観察】2023/12/13  の報告です。プランターで育てたミニトマトを温室で越冬して、2年目にも、実を付けるか?・・・と言う実験結果です。
 ミニトマトは見事に枯れました。そりゃそうです。温室とは言え、暖房を入れる訳ではなく、暖冬と言っても夜中〜明け方は氷点下になる日もあります。

越冬黄色ミニトマト24年1月16日
  1月16日の状態
1月半ばに収穫してたら、もう少し沢山収穫できて、美味しい実もあったやもです。


 先の記事から1ヶ月後あたりの1月半ばならもっと食えそうな実もありましたが、2月に入って改めてみたら、朽ちている実も多々ありました。
越冬ミニトマト24年2月2日その2
   2月2日には葉も枯れ切っていました。

収穫時期を逸したようです。しかし、丁度、黄色く色づいた実も10個以上はありました。
越冬ミニトマト24年2月2日その1
  美味しそうな実も無きにしも非ずだったのですが・・・

 朽ちた実は土の上に落として、食えそうな実を10個ほど収穫して食べてみました。半分は不味くて捨てました。半分の5個ほどは、食えましたが、味というか、口触りがもこもこ・・。
 葉も大体枯れ切ったので、実を枝にならして置いたまま、追熟した・・と言うよりも、青いままのミニトマトを取って置いて、黄色くなったって感じです。
先の記事には
 「年が明けてから色づいて熟した、食べて美味いミニトマトが1個でも収穫できれば、成功ということにします。」
 と書きましたので、その意味では「やや成功」かもしれませんが、まあ失敗でしょう。
 こんな杜撰な実験ではやっぱり失敗でした_Orz…………….
越冬ミニトマト収穫24年2月
  収穫した黄色ミニトマト。美味しく?頂きまた。

カブトムシの幼虫の方は、真冬に起こしたら良く無いと思いますので、掘り返して見ていません。まだ結果は分かりません。カブトムシの幼虫はプランターで飼育していますが、そのプランターはこのサンルームの隣の土間に置いてます。暖冬の為、幼虫が凍え死にすることは無いかとは思うのですが・・・。
人気ブログランキングにほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

アーヤパパ

雑草の言葉さまお久しぶりです。僕も何年前だったか忘れてしまいましたが、青い実を沢山付けたミニトマトがありましてね、その年、台風の影響で一度枝が折れて、夏の終わりに復活したミニトマトだったんです。雑草さんと同じように、簡易的にビニールで覆い、12月中旬まで熟させたのですが、もちろん見た目には黄色で美味しそうでしたが、食べるには無理な味でした。そのようなミニトマトをピクルスにすれば食べられるという記事を見つけて挑戦しましたが、とても食べられませんでした。材料費だけで翌年のトマトの苗が買えてしまうくらいの出費でしたよ。何をやっているかわからないので、それ以来ミニトマトは止めました。トマト類は軒下の日陰菜園ではおいしくはなりません。キュウリがせいぜいです。あとは半日蔭を好むショウガとかニンニクの成績が良いはずなのですが、軒下半日蔭+風通しが悪いの3悪では、収穫の途中で腐ってしまうものも多く、なかばもう諦め状態です。そんな中キュウリだけは毎年成績が良いので、キュウリの栽培だけは続けています。

2024/02/03 (Sat) 09:16
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: タイトルなし

アーヤパパ さんお久しぶりのコメント有難う御座います。お住まいは愛知や岐阜の方でしたっけ?

>12月中旬まで熟させたのですが、もちろん見た目には黄色で美味しそうでしたが、食べるには無理な味でした。

なるほど、同じような状態ですね。
今回の実験で思った事は、青い実が、葉の光合成で追熟されたんじゃなくて、単に青い実をもいで、そのままにして置いたのが、萎びて追熟されたように見えただけだと言う事です。やっぱりしっかり葉で光合成しないとダメですね。

>材料費だけで翌年のトマトの苗が買えてしまうくらいの出費でしたよ。

それは馬鹿らしいかも知れません。やはり先人の経験を大切に「冬野菜」を育てた方がいいですね。

>キュウリだけは毎年成績が良いので、キュウリの栽培だけは続けています。

そうなんですね。確かにキュウリは失敗しないですね。
面白いのは、地這いキュウリでも、ネットに這わせても問題なく臨機応変です。
生ったのを見落とすと直ぐに巨大になりますが、キュウリは小さいうちに収穫した方が美味しいです。

2024/02/03 (Sat) 17:19
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
一寸日常生活