雑草の言葉

飲食店街への御提案

2007/01/31
身近なエコ 2
私は、100万年ほど前から、飲食店に限らず、割り箸や使い捨て容器の禁止を提案しておりますが、(一部誇大表現あり・・)経済成長にばかり目が向いている政治家の方々が法令化に持ち込むまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
 そこで、数年前からは、(今度は誇大表現なし・・・)飲食店の方々に、割り箸や使い捨て容器をやめるように提案致しております。
 割り箸や紙おしぼりの代わりに、塗り箸やタオルのお絞りを出されて嫌だと感じる人は、割り箸やお絞り製造、販売業の方くらいでしょう。ほとんどの人は、嫌な感じどころかいい感じを受けるでしょう。経費節減にもなっていいでしょう・・・って顔なじみになった飲食店の方に、たまにちらりと言ってみるのですが、慎重なのか億劫なのか分かりませんが、聞き流されています。・・・でも、昔から、割り箸を使わずに黒っぽい塗り箸を箸立てに沢山入れて置くお店も有ります。そう言うお店は安くてうまいお店が多いと思います。最近、そういう取り組みをはじめたお店も有ります。チェーン店などでも割り箸を使わないお店を見かけるようになってきました。

 ・・それって普通に持つべき感覚で、特に宣伝する必要はないのですが、何となく踏み込めない飲食店の方々にご提案です・・。

 飲食店に使い捨て食器非使用ステッカー(「棄てっかー?」ではありません。お間違えのないように・・なんてつまらぬ冗談じゃなくて・・)なるものを作って 貼るのです。そう、「赤信号、みんなで渡れば恐くない」です。(・・とんでもなく不適切な例えですねぇ・・)自分のお店が先頭を切って始めるのが不安でも、地域の飲食店街とか商店街とかでみんなで始めれば、出来るのではないでしょうか?
 一部の面倒くさがりの飲食店(・・そんな飲食店には行きたくないですね・・。)を除いて、多くの飲食店は、経費削減の為にも、出来れば割り箸や紙タオルはやめたいのではないでしょうか?
 その飲食店街共通の『使い捨て食器非使用ステッカー』を作って、協賛店に貼る。デザインは商店街で公募してオシャレでシックなふさわしいものにする。使い捨て容器は広く定義し、箸、フォーク、スプーン、ストロー、食器、お絞り、ナプキン、コップ、皿・・・爪楊枝は、木もあまり使わないし、抵抗もあるでしょうから免除致しましょうか?
ステッカーの説明文として、「私たちのお店では、限りある資源節約の為、割り箸、紙お絞り、紙コップ、ストローなどの使い捨て食器は一切使用致しません。そのかわり、塗り箸、タオルのお絞り、等を洗いまして何度も使わせて戴いております。ぜひご賛同を!」などと書いておく。 

 この記事を読んでいらっしゃるあなた、若し飲食店関係の方でしたら、あなたの街で、使い捨て食器の非使用運動致しませんか?きっと話題になり、街に活気が出ます・・・資源を大切にし、勿論経費削減にもなります。 お客さんも増えこそすれ、あまり減ることはないでしょう・・・
 
 以上、この前、HN ”おかっぱ頭”さん から、このブログに戴きました素敵な提案を膨らませて御紹介させて戴きました・・・おかっぱ頭さんのおっしゃるように、ステッカー貼らなくても、みんな自主規制すればいいんんですけどね。・・・でも早く普及させるにはこの方法は悪くないと思います・・・
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

おかっぱ頭

いつか街中にステッカーが!

 こんばんは。
 先日の提案から具体案へと膨らませて頂き、大変嬉しく読ませて頂きました。ぜひとも飲食店の方々、手を携えて一歩踏み出して欲しいと思います。
 実現すればお店も、利用する人達もみんなが環境に関心を持つようになりますね。このステッカーが1つずつ増えていって、やがて街中ステッカーで溢れる、繰り返し利用が当たり前の事になる、決して不可能な事ではないと思います。
 その実現の第一歩のために、私達も積極的に呼び掛けていく事が大切ですね。 

2007/01/31 (Wed) 23:07

雑草Z

いつかというより近いうちに・・・

 割り箸を使わない流れはもう出来ています。私の知り合いはマイ箸を持って歩く人が結構います。
 イベントなどでも、使い捨て容器を使わないよう、工夫する場合も見受けられるようになりました。
 世間一般ではまだまだでも、この流れは急速に広まるでしょう。
 流れに先行してどこかの飲食店街で始めれば効果抜群だと思うのですが・・
 そうですか?積極的に呼びかけますか!それは頼もしいですね。

2007/02/01 (Thu) 21:39
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
身近なエコ