FC2ブログ
雑草の言葉

アイヌ人の自然の摂理に対する洞察の鋭さ

2007/07/17
思想 2
前回、【アメリカ インディアンの言葉】でもかいたように、自然の摂理に対する的確な感性を持っている民族は、他の生物に対しても、他の民族に対しても共存共栄の思想があり、包容力がある分、好戦的でなく自然の摂理に対する感覚が欠如しているエゴの強い、征服欲の強い民族に滅ぼされて来た歴史があります

 前回は白人が、アメリカ・インディアンを滅ぼした事について書きましたが、日本人もアイヌを滅ぼしたと言われています。
 どこから先住民と呼ぶかは、解釈に議論の余地があるところですが、一般に先住民と呼ばれる人々は、長い歴史を生きて来ただけあって、他からやって来た征服好きな民族に滅ぼされない限り、持続可能な社会を築いて来ました。アメリカ・インディアンもアイヌも戦争したと言うよりも、侵略者に一方的に攻撃されたと言うべきでしょう。それを滅ぼした白人、日本人は戦は強かったかも知れませんが、自然の摂理に対する感性を失い、自然の一部として生きなくても大丈夫と勘違いする人間が沢山現れて、確実に破滅への道を辿っています。

 自然と共生する気持ちの強かった日本人が、アイヌと共生して、その生き方に学ぼうと言う者が少なかった事は、重ね重ね残念です。当時の指導者が悪かったのでしょう。

 アイヌの人々は、地球規模の環境破壊なんて起こる以前の、豊かな生態系が残っていた時代に、しっかり生物どうしのつながりを大切にし、自然の摂理を大切にした生活を実践していたのです。

 アイヌの里二風谷に生きて (アイヌ・・・萱野茂 の言葉)
 を読むと、なんと自然の摂理をしっかり理解して生活していたか、驚きます。食べ物を採取するときも全部は採らず、植物は根から掘り起こさない・・・現代の乱獲と比べると理想的な採取です。
 自然の摂理から学んだ生活の知恵を小さな子供に教えるときは、昔話と称して、代々伝わっている民話を教える・・・現代で言うところの迷信でしょうが、これは経験から得られた素晴らしい感性に裏打ちされた、ある意味、しっかりとした科学です。これを迷信といって切り捨てたなら、現代科学のなんと愚かなことでしょう!現代の似非科学とは比べ物にならない先人の知恵が詰まっています。

 生存競争もある意味自然の摂理でしょう。そして、先住民をあまりに理想化する必要はないかも知れません。
 しかし、平和だとか、協力だとか、共存共栄とか言う言葉を安っぽく使う現代の似非指導者達よりも、今こそ真摯にアイヌの生き方に学ぶべきでしょう。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

debater in the making

いつも愛読させてもらっています。

今回の記事に対するコメントとしては少々不適切なのですが、最新の記事ということで、このブログに対する意見(感想?)を書かせて頂きます。

今回始めてコメントをさせていただきますが、このブログはいつもとても参考にさせて頂いています。
僕はEnglish debateをやっているのですが、、English debateの議題では
We should abolish nuclear power plant
等といった環境などに関する議題が往々にして出ます。
そして、debateではよく大雑把に言って環境が大事か経済(今の生活など)が大事か・・・という論点になります。
debateの論点としておかしくは無いのですが、このサイトを見ていると、どちらが大事なのかは一目瞭然なのになあ・・・とよく思います。

もし機会あれば、こちらのブログの意見を参考にdebateしてみたいと思います。
「原発を全面廃止し代わりの発電手段は設けない。人間が生活水準を落とせばよい」という風に。
(実際のdebateでは「原発の代わりに〇〇を使ってまかなう」などが多いです。)

ところで、柏崎の原発事故があった今、もっと多くの人が原発という物により大きな不信感を抱いてくれればいいものですね。
そしてそれが別の手段を模索するという愚かな行為の切欠になりませんよう・・・



2007/07/20 (Fri) 00:15

雑草Z

原発は、世紀の愚行である事を是非ディベートで主張して下さいね。

 はじめまして。いつもご愛読とのこと、有難う御座います。

debater in the making氏が、このコメントを書いているとき、偶然にも次の柏崎の原発の記事をアップしたところでしたね!

>「原発を全面廃止し代わりの発電手段は設けない。人間が生活水準を落とせばよい」という風に

ディベートして頂くのは結構な事ですが、
「生活の水準を下げる」
と言う言い方ではなく、
「無駄なエネルギーの浪費レベルを下げる」
と言う風に言って下さいね。
現在日本、世界中で消費しているエネルギーの半分以上が必要のない浪費レベルのエネルギーです。
エネルギーの浪費が生活水準に比例していると言う考え方は、いかにも「GDPが豊かさの指標」と言うプロパガンダに洗脳されている言い方です。
 因みに、原発のあるところには必ず補助の火力発電所があるので、原発稼動停止してももっと有効にエネルギーは使えます。
 仮に原発が稼働中に事故を起こさないと考えても、

>「原発の代わりに〇〇を使ってまかなう」

と言う代替案は、必要ありません。それは「エネルギー算出比」を検討すればわかります。以前の記事でも触れていますが、次の記事(明日7月21日アップ予定)で書きますので、読んでくださいね。

2007/07/20 (Fri) 22:35
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
思想