FC2ブログ
雑草の言葉

人口圧

2008/05/01
食料と人口 8
 環境問題は全ての人間の環境負荷の総計です。エコロジカル・フットプリント(地球に対する負荷)を考えるまでもないでしょう。環境問題の専門家達が使う事がある環境悪化の原因の IPAT公式は

 影響[Impact]
    =人口[Population]×豊かさ[Affluence]×技術[Technology]

つまり、地球の供給源や吸収源に対する影響=環境負荷[Impact]は、
人口[Population]と豊かさの水準[Affluence]とその豊かさを支えるために用いた技術が与えるダメージ[Technology]  にそれぞれ比例、つまり、それらの積に比例すると言うことです。
(余談ですが、個人的には、豊かさ[Affluence]×技術[Technology] を一つにまとめて、一人あたりの環境負荷・・・とでもしたほうがいいと感じます。)

 積に比例する訳ですから、豊かさAや用いた技術Tが大きくても、人口Pが極端に少なければ、環境負荷Iは少なく、大問題にはなかなかならないと言うことです。・・・当然の事です。
 地球全体に数百万人しか住んでなかったら、一人あたりの環境負荷が現在の数百倍になったり、マッドサイエンティストかなんかが、危険な試みでもしない限り(それらの可能性がある事も否定出来ないのが恐いところです・・)環境問題は、地球規模での大問題にはならないであろうと言うことです。

これは、地球全体でなくとも、閉鎖系とみなせる限られた地域を見ても言える事でしょう。
 
 古代文明が滅んでしまった原因には色々な複合要因が有りますが、主要な原因の一つが人口が増え過ぎた事による人口圧であった例は枚挙にいとまがありません。イースター島、マヤ文明、古代シュメールの都市、エジプト・・・砂漠化だって、人口の過剰による農地の過剰使用が原因である場合が度々です。

 世界の人口は、1万年前はたった1000万人と推定されています。
それが、2000年前で1億人、1000年前で2億人、500年前で5億人、200年前で10億人、現在60億人以上・・・と、指数関数以上・・・超指数関数的に増えています。もう十分に多過ぎるでしょう。
 一人一人の環境負荷が小さくても、これほど人口が多ければ地球に対する環境負荷は大きくなるのは当然です。
 地球は、人口を100億人まで養えるとかも言いますが、限界まで人口を増やす事は、具の骨頂です。ここ200年ばかりの人口の増加は、脅威と言うべきでしょう。

 環境問題の根本は、経済の成長であり、それは人口の増加を伴っている・・と言う図式である事をしっかり認識すべきです。
 人口爆発は、環境問題の根本原因の一つです。増えすぎた現在の人口に対して、少子化は望ましい方向に違いありません。
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.

地下水

地球の摂理

 私達は地球の上に住んでいます。地球と運命をともにしています。地球の摂理の内に生きています。宇宙から地球を見ますと、暗黒の空間の中に、地球が浮かんでいます。太陽の光を受けて、森が育っています。森の木々は酸素を出して、木の実を熟し、生き物を育んでいます。私達人間も、その酸素を呼吸し、緑の作物を食べて生きています。産業革命以降、この世界の摂理を忘れて、木を切り過ぎています。自分が食べて美味しかったなと思う実の種を、苗床に植えて育てる楽しみを持ちたいものです。
 生きるためには食べることが必要です。生きている人は食べているのです。しかし森の木々は、太陽の光を受けて自活しています。人間も、農林業や最新のソーラーハウスで、自活するようにして生きてゆきたいものです。
 山に登って見下ろすと、田園の真ん中に町の家々があります。凡そ人間の仕事は、食べ物を作ることと住まいをつくることだなと分かります。
 近年、人間の産業は地球に負荷をかけ過ぎています。人口の増加と産業の拡大などが、自然の資源を枯渇に追い込み、汚染を広げているからです。地球の環境を持続可能にするためには、子供の数は平均2人以下である必要がありますし、産業の拡大を制限し、環境技術を普及させる必要があります。森林やサンゴ礁、氷河や地下水、生物種や魚類、一人当たりの農地が、劣化減少しています。環境革命が近づいています。

2009/01/04 (Sun) 22:13

雑草Z

>苗床に植えて育てる楽しみ

    地下水さん

>環境革命が近づいています。

現在政府やマスコミが言っている環境対策はあまりにお門違いでどうしようもない事ばかりです。環境革命があるときは、小手先の技術ではなくて、社会思想から変わらなければなりませんね。

 話はかわるのでしょうけど、
自分で食べたい物を育てて食べる楽しみも持ちたいですね。
私は手の全然かからないものの植えっぱなしが好きですね(笑)

 

2009/01/05 (Mon) 22:59

地下水

>植えっぱなしが好き

 雑草Zさん、私もです。(^^;
 ミニトマトやゴーヤは野生化しました。シシトウも11月いっぱいまで採れましたし、大葉はシソの実がつくまで育って、つくねに混ぜたらおつでした。金柑もよく実がついて口にさわやかです。ビワはよく育ち20本も芽が出ました。大粒の黒豆のブドウマメも世話要らずで4キロとれたのでおすすめです。
 昔、御爺さんの畠には桐の木が十数本あり、その下に柿が2本、桃が2本とグミがあり、そのまた下にネギ、ニラ、ニンニクなどがあり、自然に3層のアグロフォレストリーのようになっていました。
 新たな耕地を制限して、アグロフォレストリーを普及する法律、皆伐を禁止して、森の成長をうながす間伐をして、面倒でも運び出すようにする法律が、今世紀は必要になるでしょう。
 役所は御爺さんの土地を接収して木を切り世話をしないので、今は道路と竹薮になってしまいました。

2009/01/07 (Wed) 14:14

雑草Z

>>植えっぱなし・・ですね。

    地下水さん

今度は、間を置かないコメント返しですね(笑)有難う御座います。

>ミニトマトやゴーヤは野生化しました。

植えっぱなしして野生化するって・・・理想です。
そう言えば、家の庭にも、父の兄から種を貰ったと言うアスパラがあって、私が生まれる以前から、殆ど何もせずに野生化してます。・・きっと50年以上になります。

>ビワはよく育ち

どちらにお住まいですか?暖かい所ですね!?・・私はビワが大好きで、ビワが家になっているなんて羨ましいです。


>自然に3層のアグロフォレストリーのようになっていました。

いやあ、本当に理想ですね。そう言うのを目指したいものです。


>新たな耕地を制限して、アグロフォレストリーを普及する法律・・・

大賛成です。

・・今回の地下水さんのコメントは、非常に示唆の富むものです。凄く参考になります。

 

2009/01/09 (Fri) 00:44

地下水

>>>植えっぱなし・・

 私の父はまた大根を30本も庭に作りました。松竹梅もあります。剪定し過ぎのビワもあります。雄のイチョウもあります。昔中国の故事では、田の西にイチョウを植えて、秋風に吹かれた葉が農薬の代わりのフィトンチッドになり肥料にもなったそうです。林間農法が普及したら地力も回復しますね。
 御婆さんの富有柿もあります。美味しかった柿の種をフタ付きのプラスチックの入れ物に入れて置いたら湿気て、11個根が出ました。木の赤ちゃんです、何かうれしいです。(^^/ 動物が運んでできた一人生えの渋柿もあります。雄を失敗して枯らした、雌だけのキウィも実らずにあります。来年は人工授粉してやりたいです。(^^;

2009/01/26 (Mon) 22:07

雑草Z

>>>植えっぱなし・・に挑戦

    地下水さん

 またまた参考になるお話ですね。

>林間農法が普及したら地力も回復

なるほどそうですね。その為にも森林を沢山増やさなければなりませんね。

 私の家にも幾つか植えっぱなしの食べられる植物がありますが、今年は近くに小さな農地を借りるかなどして、植えっぱなしの農作物を増やしてみようと思います。・・・少しだけ手をかけて・・・
 何かアドバイスがあれば宜しくお願い致します。 

2009/01/27 (Tue) 23:37

地下水

苗の配布

 ビワの苗を5本、近所の農家に引き取っていただきました。まだ14本あります。庭は狭いので、なんとか嫁ぎ先を見つけなくては。
 庭の富有柿を食べた種を植えたら、今のところポット苗が5本できました。
 ミニトマトを百粒程植えたら、ほとんど発芽して、今のところポット苗を12本、近所の方々に引き取ってもらいました。
 25マスの蕃種床に蒔いて発芽を楽しみ、用土を用意してポットに移してより丈夫な苗にしました。一つ20円程でできました。今は、土地が狭いですので、これ以上はがんばれません。ちょっと、お気楽な趣味になりました。(^^/

2009/05/14 (Thu) 21:54

雑草Z

ビワの苗いいですね。

    地下水さん

 お久し振りです。地下水さんは、忘れた頃に以前の同じ記事にコメント下さるので、嬉しくなります。
 地下水さんのお庭での自然農法は、着々と実を結んでいますね。(『実を結ぶ』・・・って本当に言葉のままですね・・)

 さて、私の住んでいる福島県の会津地方では、ビワは寒くて育たない・・・と思いきや、最近ビワの木を植えている家を見つけました。
 私はビワは大好物なので(そう言えばここ数年あまり食べてません・・・)ビワの木があったらどんなにうれしい事か・・・
 出来れば地下水さんからお裾分け戴きたいです。

 地下水さんはどちらにお住まいですか?

2009/05/15 (Fri) 20:34
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
食料と人口