FC2ブログ
雑草の言葉

田舎町まで不夜城

2008/08/21
Economic Fascism 4
 先日夜、街灯などに集まる虫が昔と比べて減ったかどうか調べる為に自転車で、町の中を見て回りました。夜の9時頃でしょうか・・?夜だというのにどこもかしこもコンクリートで固めて暑苦しい・・と文句を言いたいところですが、今回の主題ではありませんので省略致します。
 虫が集まりそうな、特に目立って明るい場所を探そうとして唖然としました・・・。どこもかしこも明る過ぎる・・・ガゾリンスタンド、コンビニ、無人サラ金、ラーメン屋さん、スナックの派手なネオンサイン・・・開いている店はまだしも、閉まっている店も、宣伝の意味と防犯的な意味からか、室内や看板に明かりが灯っていたりします。ライトアップしている無人のお店さえあります。飲み物の自動販売機もやけにあちこちで光ってます。・・・こんな田舎町がまるで不夜城
 街灯は・・・大通りは当然点いてましたが、小さな裏通りや農道に近いところまで、かなり短い間隔でずらりと並んで点灯していていました。・・・そう言えば地域の「社明運動」・・・社会を明るくする運動・・・とやらがあって、その一つとして防犯の意味からも、町内ごとに電気代を負担して街灯を点ける・・・てのがありました。私の家の前の電柱に取り付けられている街灯も、一晩中どころか、かなり明るくなるまで消えないで点いています。夏じゃなくたって、朝の7時くらいに点いている必要はないと思うのですが・・・
 公園の街灯も沢山点いてました。それこそ防犯の為でしょう・・・公園の横の野球場や小学校の校庭でさえ、ナイター設備が整っていて、夜間にこうこうと照明を点けて練習している時もあります。
 試しに夜中の0時過ぎにまた自転車で回ってみましたが、電気の消えたところは、各家庭は多かったけれど、お店の類は多少消灯致しましたが、あまり変わりませんでした。
 私も夜更かしで、家では電灯を点けてパソコンでこのブログを書いたりしていますが、夜更かしの人も増えています。
 夜が明るい町は活気があっていい・・・と思っている方も多いようです。・・・私も夜遊びは嫌いじゃありませんでしたが・・・。夜が静かで暗い町は、さびれた町だと勘違いしている方も多いようです。夜の闇が恋しく感じました。魑魅魍魎とした闇夜は、深く山の中の森にでも入って行かないとないのでしょうか?  こんな田舎町でも真っ暗闇は、閉め切った押し入れの中ぐらいしかないのでしょうか?わかってはいたものの、実際意識しながら夜の町の灯りを見て歩くと恐ろしいものがあります。 これは私の町だけの事ではなくて、全国的な事でしょう。そう、不夜城は大都会だけではないのです。だから真夜中に人工衛星から写真を撮ると、日本はこうこうと輝いている訳です。
 こうやって人の住む場所をいつでも明くして環境問題の暗闇から目を反らされているようにさえ感じます。
 こんな事の為に、値上がりした原油で発電し、禁じ手の原発を行い、世の中は知らず知らずのうちにエネルギーが枯渇し放射能で汚染されていくのです。
 
 こんな田舎町でも真夜中まで明るく照らし、電気などのエネルギーを浪費しているという現実・・それが全国的、全世界的に行われていて、それも経済活動の一つに取り組まれて・・・という悪循環が今日も続いています。節電をして、消費量を半分以下に減らすなどと言う事は簡単なのだけど、経済構造に組み込まれてしまった夜の電気の使用は、構造と意識を変えなければ止まないのでしょうか?。


夜の自転車散策の本来の目的であった 「夜街灯などに集まる虫」の調査については、さらにもっと憂鬱な結果でした・・・後日アップ致します。
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

やさい

工場の操業時間が24時間制になると、つられてコンビニも増えるし、確かに近所にコンビニがあると、重宝するのは確かなんですねぇ。急にマンガ読みたい時とか(笑)。

でもそれを当たり前~、と思ってたら人間がダメになりそうな気はします。
実際、それでエネルギーを使いまくっている訳ですからね。

2008/08/23 (Sat) 00:02

雑草Z

不夜城で毎晩夜宴をやっているうちに

    やさいさん

>それを当たり前~、と思ってたら人間がダメになりそうな

 深夜の不要な電力ばかりでなく、人類は、無駄を通り越した浪費を当たり前と思うようになってきました。色んなものの浪費と言うドーピングで破滅への道を暴走しています。

気づいた時にはもう遅い!でしょうか?

 

2008/08/23 (Sat) 15:32

熊本から

 はじめまして
 人の日常生活や動植物への悪影響を与える照明を「光害」と呼んでいます。
 防犯灯りなど必要なところには照明が必要ですが、その設置が悪く、道路を照らすが本来の目的なのに、水平や上空へ光を漏れさせ、光害になっているものもあります。もちろんエネルギーの浪費でもあります。
 しかし、最近は環境に配慮した照明に切り替える動きもあります。手前味噌にはなりますが、
http://astro.magma.ad.jp/ から
「アイシン九州・アイシンキャスティングの新しい防犯灯を撮影」をご覧ください。他にも「光害」防止へ取り組む記事があります。

2008/09/04 (Thu) 21:21

雑草Z

先ずは夜間照明を減らすこと

    熊本からさん

 はじめまして、

>防犯灯りなど必要なところには照明が必要

は、・・・どこまで必要かが問題です。光が水平方向や上方に漏れない対策も否定は致しませんが、全体的に夜間照明をなくす事が記事の主張です。
 地球上空からの衛星写真では暗いけれど、実際には照明だらけ・・と言うのはシャレになりません。

2008/09/06 (Sat) 09:42
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
Economic Fascism