FC2ブログ
雑草の言葉

政権交代

2009/09/01
Sustainability 36
 今回の衆議院選挙では、大方の予想通り政権交代が起こりました。国民が民主党に期待・・・と言うよりも、自民党にNOを突きつけた感じが強い選挙でした。ここまで酷い事をやっていれば、自民党でも大敗する・・・と言う現実を実現出来ただけで、今回の選挙はよしとすべきかも知れません。これから与党が変わる事によって、今までの自民党が行ってきた利権構造や癒着の悪徳構造が沢山世に暴露され、色々な利権構造が見直されて行けば、それだけでも政権交代の意味はあったでしょう。政権交代による構造改革の必要性は、不公平な利権の恩恵を受けている人々を除いて、大多数の国民の望むところでしょう。

××××    ××××    ××××    ××××    ××××

 新しい与党となった民主党は、これから張り切って新しい政策を実行するでしょう。でも、今回の政権交代では、社会体制に大きい変化は起こらないでしょう。・・・ましてや、パラダイム・シフト・・と呼ばれるような変化は起こらないでしょう。それは新しい与党はこれまで通りの経済成長路線を継続して行こうとするからです。

 アメリカ合衆国大統領が、共和党のジョージ・ブッシュから、民主党のバラク・オバマに変わった時も、いつもの共和党と民主党の間の政権交代よりも大きな変化があると期待されていましたし、確かに以前よりは大きく変化しようとしていると言えるでしょうが、大局的にアメリカと言う資本主義の権化のような社会体制に大きな変化は起こっていません。
 日本の自民党から民主党への政権交代劇も、アメリカと同じくらいの変化しか期待出来ないでしょう。大局的な大変化は期待出来ないでしょう。
・・・マニフェストを見れば、税金のばら撒き体質と経済成長路線と言う事に変わりありません。・・・確かに程度は違いますし、程度問題は大切ですが・・。
 そして、それは今回の選挙に出た全ての政党に言える事です。

 これから暫く、自民党と民主党の攻防が繰り返されるでしょうが(・・自民党が力を盛り返せば何度かの政権交代劇も・・)断言的に言える事は、どの政党でも経済成長路線を取り続ける限り、100年に一度の経済危機を乗り越えて、また100年間経済成長を謳歌出来る・・・なんて事はあり得ないと言う事です。【100年に一度の経済危機と言うナンセンス】に書いた通りです。
 経済成長路線を続けようとする努力はひたすら破局へ向かって進むだけです。

 日本に限った事ではありませんが、脱成長路線の政治に方向転換・・・
パラダイムシフトしなければならないのです。そういう持続可能な方向への政権交代が必要なのです。

 今回の一気の政権交代劇は、ある日トリガー値を超えた社会は、一機にパラダイムシフトを起こし得る・・・と言う事を確認出来ただけでも有意義でした。
・・・勿論、猶予はそんなにないのですが・・
関連記事

Comments 36

There are no comments yet.

guyver1092

大きな変化は期待できないですね。

 おっしゃるとおり選挙公約を見る限り、根本的な変化は期待できないと私も思います。社会の方向性を変えるためにはお金の取り方を変える必要があると私は考えますが、(廃棄食料品をなくすために会計法で廃棄食品の控除をできなくする等)経済成長路線からの転換するような政策の公約は何もないですからね。

>利権構造や癒着の悪徳構造が沢山世に暴露され

 これだけは期待できそうですね。あげればあげるほど自民党をたたくことになるのですから民主党は一生懸命やると思います。

>・・・勿論、猶予はそんなにないのですが・・

 メドウズ教授によれば、成長の限界は早ければ2020年頃だそうで、あと11年しかありませんね。

2009/09/01 (Tue) 21:02

雑草Z

パラダイムシフトも起こり得る

    guyver1092さん

 いつも的確で鋭いコメント有難う御座います。

>経済成長路線からの転換するような政策の公約は何もない

公約どころか、そういう事に考えも及ばない候補者ばかりですね。・・・・でも、地方自治体レベルでは、脱成長路線を考える候補が出て来て、少しずつ当選者も出始めています。
いわゆる『緑の党』系です。



>あげればあげるほど自民党をたたく

本当に酷い利権構造や癒着もあるでしょうね。本気で追及すれば、自民党は再帰不可能なくらいまで追い込めるでしょうが、民主党にも脛に傷を持つ議員が多いからどこまで出来ましょう?・・・期待したいところですが・・。


>メドウズ教授によれば、成長の限界は早ければ2020年頃

私はメドウズ教授の研究には大きな価値があると考えますが、複雑系カオスの地球上では、成長の限界の定量的な事は、正確には予測不可能でしょう。沢山あるパラメータの微調整でも大きく代わり得ますから・・・メドウズ教授も、定量的な年代は、あくまで一例ぐらいに考えていたと思います。・・・でも、成長の限界による制御不可能な減衰は、10年以内に起こっても不思議ではないでしょう。

 ちなみに私はメドウズ教授達による『成長の限界』シリーズは、一番最初の「成長の限界」は読んでいません。
20年後に書かれた「限界を超えて」は本質を突いた名著だと思いました。更に10年ちょっとして書かれた「成長の限界 人類の選択」はさらに本質に迫った更なる名著だと思いました。
 guyver1092さんは如何ですか?

2009/09/01 (Tue) 22:37

Anthony

我が家でも、自民党よりもマシだろうといことで、民主党に投票しました。

2009/09/02 (Wed) 23:00

雑草Z

先ずは政権交代だったのでしょう。

    Anthonyさん

 先ずは滅茶苦茶な政治をしてきた自民党にNOを突きつけ、与党から引きずりおろす為に、他の党・・・一番近い民主党に投票した・・・と言う人が非常に多いでしょうね。

 民主党もそこを踏まえて、これから信頼されていくような政治をするべきでしょう。・・・出来ましょうか?

 最終的には脱成長路線を掲げる党でなければ、持続可能ではないでしょう。

2009/09/02 (Wed) 23:34

BEM

やってくれなければダメです。

民主党に不安材料があることは確かにそうだと思います。
しかしもう自民党に任せる事は無理でしょうね。
これだけ財政的にも国民生活も国土も破壊しては。このままだとダメだと言う危機感が政権交代に繋がったのではないでしょうか。

同時に官僚が意識を変えて、本当に公僕となってくれなければ。
もうすでにこっそりと天下りまでしているという現実。
マスコミは霞ヶ関のやってることをもっと伝えなければいけないと思います。

2009/09/03 (Thu) 20:31

雑草Z

そうですね。

    BEMさん

>もう自民党に任せる事は無理でしょうね。

そう思うのですが、自民党はまだまだ逆転の可能性があるから注意しなければなりません。・・・でも上手くいけば、このまま自民党は先細りで衰退して消えるかも知れませんね。

 今回の選挙は自民党が大敗して政権交代が行われた・・・と言う事だけでも価値があるでしょうし、当面民主党に頑張って貰う事に反対ではありませんが、本文に書いたように、民主党の現体制では、大きなパラダイムシフトは起こせないでしょう。


>もうすでにこっそりと天下りまでしているという現実。

その人達は最低の公務員ですね。

>マスコミは霞ヶ関のやってることをもっと伝えなければいけないと思います。

賛成です。

2009/09/03 (Thu) 21:26

Anthony

民主党が創価党と連立を組まなければ、未来は少しだけ希望があるのだけれど...

2009/09/03 (Thu) 22:55

でなしNo.146

次の選挙。

選挙で大勝した後、ゆり戻しが起こり、次の選挙では苦戦するというのは奇しくも自民党の郵政選挙で証明されています。

期待が大きいぶん、これから「裏切られた」と感じる有権者は多いでしょうから。
仕事をきっちりやって結果を出さなければ、次は自民党が勝つと思います。
(多くの有権者はあんまりモノを考えていないのかしら…)

民主党に期待以上の仕事をすることは難しいと思いますが、期待以上の仕事をしてくれればうれしい限りです^^

ちなみに、
私は自民や民主を応援しているわけではないです^^;
ですが、
今回の政権交代は、雑草さんがおっしゃるとおり「政権が交代した」ことに非常に意味があると思います。

また、
パラダイムシフトはすぐには起きそうにないですが、国のいろいろなシステムに民主党が手を入れていくでしょうから、なんらかのうねりを作り出す可能性は高いと思います。

自民がダメで、民主がダメで、いじりすぎて経済や金融システムもイカれて…その後にやっと国民は持続可能な社会構造の必要性に気づくかもしれません…
(…遅すぎますかね汗)

2009/09/03 (Thu) 23:39

ゆう

雑草Zさん、はじめまして。
ゆうといいます。
札幌で環境と平和のNPO活動をしています。

いいブログかいてらっしゃいますね。

いまの価値観、社会システムがお金中心であって、それを変える必要がある。ボクもそう思います。

また、遊びにきます。
ありがとうございます。

2009/09/04 (Fri) 17:33

雑草Z

そこまでやったら御仕舞でしょうか。

    Anthonyさん

 これから暫く、野党第1党は自民党、第2党が公明党でしょうか(笑) 

 創価党と連立を組むのは今回の政権ではないでしょうから、いつか自民党かどこかと競い合ったとき・・・と言う事ですね??・・・連立組むのはその時だけの付け焼刃で、長い目で見れば衰退に繋がるでしょうね・・・そこまではやらないんじゃないですか?

 でも、創価党の中には善良な市民が結構いるんですよね。

2009/09/04 (Fri) 19:57

雑草Z

次の次の・・・次の選挙

    でなしNo.146 さん

そう!まさに、・・今回の選挙は、一挙に政権交代した・・・と言う事実に大きな意味があるんですね。


>これから「裏切られた」と感じる有権者は多いでしょうから。

そうですね。私のようにあんまり期待してなくても、せめてこれくらいは・・・という線がありますからね。
 差し当たって今日の幹事長人事でもがっかりした人が多いのではないでしょうか?

>自民がダメで、民主がダメで、いじりすぎて経済や金融システムもイカれて…その後にやっと国民は持続可能な社会構造の必要性に気づくかもしれません

気付くかも・・・と言うよりもその線は結構可能性が高いと思います。

>…遅すぎますかね汗

 民主党と自民党の間の政権の揺り戻しが繰り返されていたら間に合わなくなるでしょうが、これから脱成長を掲げた政党、団体が台頭してきますよ・・・そして、指数関数的に支持を伸ばすでしょう・・・いつまでに、どこまで伸びられるかが問題でしょう・・・と大胆予測。

2009/09/04 (Fri) 20:10

雑草Z

社会システムをどう変えるか。

    ゆうさん

 はじめまして。訪問&コメント有難う御座います。

>いまの価値観、社会システムがお金中心であって、

「資本主義社会」の原語は“Capitalist Society”・・「資本家の社会」です。資本を持っている金持ちの為の社会・・とでも解釈出来ます。それでいて、民主主義だとか人権尊重だとか言っているのは矛盾を感じます。

 資本主義社会は環境を破壊し、持続不可能な社会です。



2009/09/04 (Fri) 20:25

団塊おやじの遺言

私はどうするの・・

多くの人が自給自足をマスターしたら・・
飢える事の恐怖を克服すれば 着る物なんか実用で良い
豚に真珠 猫に小判 生きるのに何が必要なのか・・
自然は無駄や甘えを許さず 人間に自然の摂理を説きます

食料の生産に金等要らない 自然の摂理を守れば この地球は
優しく見守ってくれる 川や海・大地から様々な恵みが・・

ここに到達出来れば 人は人にへつらう事無く生きられる
人間の欲こそ己の最大の敵かも・・変革 チェンヂが必要だ
子供たちの遊んでいる時の笑い声 上下の差別も無く楽しそうに
仲良く遊ぶ姿 大人には無い世界だ この大地・地球こそ私たちの母なのに・・母の命を貪り喰う人間たち そして曳きづられる
自分がいる 晩酌も佳境に入り 今日はこれで・・

2009/09/04 (Fri) 21:04

Anthony

創価党

僕の周りの人は、100%狂信者レベルです。

これは、地域的なこともあると思いますが、僕の周りの人は異常な人ばかりです。

2009/09/04 (Fri) 22:53

雑草Z

自給自足は基本ですね。

    団塊おやじの遺言さん

 ちょっとした分業は、能率がいいし、いいシステムなんですが、分業と言うのも程度問題ですね。
 国際分業とか、資本家と労働者の分業とか・・・聞こえは悪くないかも知れませんが、そこに大きく搾取構造が入り込んで、全然働かないで大儲けする投資家が現れてきますね。

 自給自足的生活・・・と言うのは人間も含む、生物全体の基本でしょう・・・人間だけが自給自足が出来ない方向へどんどん進んで危険ですね。

  ++++    +++++   ++++      +++

晩酌も佳境に入り、いいですねえ。
 

2009/09/05 (Sat) 18:07

雑草Z

私の身近では・・・

    Anthonyさん

 母のほうで、時々◆◆新聞をとっていました。
「なんでこんな変な新聞とってるの??止めちゃいな!」
「だって、○○ちゃんが、お金は要らないから、とってくれと頼むんだよ。年に2か月位だからとってあげんの。テレビ欄くらいは見れるし・・」

○○ちゃんと言うのは、80歳近いお年寄りで、何かと母の家の手伝いをしてくれる方です。
 彼女自身は善良な市民だと思います。そして彼女のご主人も。

2009/09/05 (Sat) 18:23

guyver1092

間に合うか

 私が持っているのは「成長の限界」、「限界を超えて」と、共著の「地球のなおし方」の三冊です。本質を突いているとは思いますが(技術革新は現実には不幸をもたらすだろうと、「文明の暴走」と同じ主張がされる等)、その当時、人類の選択は最悪のシナリオのみと考えていましたので、条件(実際には実現不可能な条件もありました)をいろいろ変えて試算したあたり等、退屈でついには投げ出してしまいました。

>民主党にも脛に傷を持つ議員が多いからどこまで出来ましょう?・・・期待したいところですが・・。

 新聞に出ていましたが、高速道路無料化の試算を国土交通省が隠していたのが出てきたとか・・・。すくなくとも民主党が利権につながっていない部分(小沢氏のように土建会社とつながる)は期待できると思います。むろん完全は期待していません。

>私はメドウズ教授の研究には大きな価値があると考えますが、複雑系カオスの地球上では、成長の限界の定量的な事は、正確には予測不可能でしょう。沢山あるパラメータの微調整でも大きく代わり得ますから・

 研究発表から時間がたっているので、当時の予測と現実の結果のデータを比較すれば、どの程度のずれがあるかは割りと簡単に導き出せるのではないかと思います。

>でも、成長の限界による制御不可能な減衰は、10年以内に起こっても不思議ではないでしょう。

 最近買った「江戸・キューバに学ぶ"真"の持続型社会」という本のなかでも10年以内に起こるのではないかと考えている人がいました。


 マスコミは二大政党制などと騒いでいますが、実はマスコミは成長の限界による破滅を予測していて、避けられないのならせめて苦痛なく逝けるよう、麻薬の役目をしているのではと疑ったりして。

2009/09/06 (Sun) 22:26

Anthony

新聞代を自腹で払ってまで、新聞のノルマを達成しなくちゃいけないのは、見ててツライです。

そういう集金システムが何十年も続いているのが、おかしい。


で、僕も実は....

以下、秘密。

2009/09/07 (Mon) 00:04

ゆう

>「資本主義社会」の原語は“Capitalist Society”・・「資本家の社会」です。資本を持っている金持ちの為の社会・・とでも解釈出来ます。それでいて、民主主義だとか人権尊重だとか言っているのは矛盾を感じます。

そうなんですね。
資本家の社会....。
う~ん。みんなの幸せとは程遠いですね。

教えてくれてありがとうございました!

2009/09/07 (Mon) 16:27

雑草Z

成長の限界を感知できる人はどのくらいか?

    guyver1092さん

「成長の限界」シリーズは、後に書かれたものほど名著だと思います。
 最初の「成長の限界」は読んでませんが、書店で見て、ちょっと読む気がしませんでした。
 次の「限界を超えて」は
>人類の選択は最悪のシナリオのみと考えていましたので、条件(実際には実現不可能な条件もありました)をいろいろ変えて試算したあたり等、退屈でついには投げ出してしまいました。

 は、guyver1092さんの感覚が非常にわかるような気がします。・・まあ、それでも、私は読んで大いに価値があったと思います。「文明崩壊」くらいの価値はあったような記憶です。
 現時点で最後の「成長の限界 人類の選択」は大いに価値があります。3冊の中で最も厚いですが(笑)最も読みやすく、それでいて最も本質に迫り、読み応え満点でした。
 ・・・まあ、同意出来ない部分もありましたが・・


>研究発表から時間がたっているので、当時の予測と現実の結果のデータを比較すれば、どの程度のずれがあるかは割りと簡単に導き出せるのではないかと思います。

ずれが割り出せても、またこれからの定量的な未来予測は難しいでしょうね。
「成長の限界 人類の選択」は2004年に発行されたものですから、ここから考えるのが妥当かと思います。


>実はマスコミは成長の限界による破滅を予測していて、避けられないのならせめて苦痛なく逝けるよう、麻薬の役目をしているのではと疑ったりして。

マスコミの中には、成長の限界を感知している人もいるでしょうが、

>成長の限界による破滅を予測していて、

いるなら、スロウ・ランディングをするように働きかけるでしょう・・・そして何より、更なる経済成長を期待したりはしないでしょう・・・残念ながらマスコミの主流は、まだまだ経済優先の洗脳が解けていないおバカの集まりでしょう。

2009/09/07 (Mon) 20:51

雑草Z

おかしいのだけれど・・

    Anthonyさん

>見ててツライです。

そうなんですが、いまさら彼らに、脱会を説得するほうがもっと酷なのかもしれません・・

 苦しい時に助けられた(・・と思った・・)とか心の支えになった・・とか色々理由があるようです。

Anthonyさんのきっかけは?? 

2009/09/07 (Mon) 20:59

雑草Z

私の解釈です。

    ゆうさん

 以前、「資本主義」の英訳を調べたら
“Capitalist Society”と出てきて唖然としました。
直訳して
“Capitalism Society”
かと思って確認の為に調べたら、そうじゃなくて
“Capitalist Society”
でした。

 その2者の意味には大差がないのかも知れませんが、
私は英語の専門家ではありませんから、わかりません。
どうあれ、“Capitalist Society”は
「資本家の社会」と直訳出来得るのですから、酷いものです。

 それに実質資本家の為に都合よく作られた社会システムですからね。
とんでもない社会に間違いはないでしょう。

2009/09/07 (Mon) 21:08

Anthony

僕は、騙されて3日間拉致の末、眠らせてもらえず、

やっと、寝かせてもらえたら、入会していた。

寝ぼけながら、入会したみたいだ。


2009/09/08 (Tue) 00:00

雑草Z

だとしたら、犯罪ですね。

    Anthonyさん

 勿論、もう脱会しましたよね?
どの位入会していたのですか??

2009/09/08 (Tue) 21:55

Anthony

脱会したのだけれど、名簿には在籍してることになってます。

約2年間、実質1年間の活動でした。


会費も寄付もしていないですが、時間が惜しい。

2009/09/13 (Sun) 21:59

雑草Z

在籍中は・・

    Anthonyさん

名前だけじゃなく何か活動したのですか?

2009/09/14 (Mon) 00:30

Anthony

ひたすら、勤行・・・

読経だけの人生で、受験勉強もしませんでした。

2009/09/15 (Tue) 23:13

雑草Z

まだ子供じゃないですか

    Anthonyさん

 受験勉強と言うと、高校生くらいのお話ですかあ。
未成年の頃のお話とは思いませんでした。

2009/09/16 (Wed) 05:30

Anthony

分別の付く大人になってからだったら、洗脳されにくかったと思います。

2009/09/16 (Wed) 23:27

雑草Z

大変な経験でしたね。

    Anthonyさん

状況をお聞きすると、随分と酷い洗脳の方法ですね。
ご家族は抗議されなかったのでしょうか?・・・心配でしたでしょうに。

2009/09/17 (Thu) 20:30

Anthony

隠れキリシタンのように、隠れてましたからね。

タンスの中に「ある物」を隠して、拝んでました。(笑)

でも、家族の怒りに触れて、タンス自体を粗大ゴミに出されてしまいました。

2009/09/19 (Sat) 00:04

雑草Z

結構洗脳されていんでしょうか。

    Anthonyさん

>タンスの中に「ある物」を隠して、拝んでました。

何らかの魅力があったのですね。

>家族の怒りに触れて、タンス自体を粗大ゴミに出されてしまいました。

タンス全体が仏壇とか隠れ部屋のイメージだったのでしょうか(笑)

2009/09/19 (Sat) 01:48

Anthony

某、名誉会長の健康を祈ることに疑問を持ったことと、北朝鮮とつながりがあるのを知ったときに、洗脳が解けました。

2009/09/21 (Mon) 13:52

雑草Z

一軒落着ですね

    Anthonyさん

時間と労力の無駄でしたでしょうが、ある意味貴重な体験だったですね。

2009/09/21 (Mon) 14:01

Anthony

お経を憶えるくらいなら、英単語かギターのコードを憶えたほうが、自分のためになったと思う(笑)


2009/09/22 (Tue) 19:20

雑草Z

そうですね

    Anthonyさん

 話題が逸れ過ぎたのでこの話題はこのへんで終わりに致しましょう。

Anthonyさんが以前
【まちで林の残る場所】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-417.html
にコメント下さった「鎮守の森」の写真などを時々記事としてアップしたいと思ってましたが、第一弾として今月末[9/29(火)]にアップの予定です。 

2009/09/22 (Tue) 20:41
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
Sustainability