FC2ブログ
雑草の言葉

最高の組み合わせ

2006/10/18
人力 4
 発動機(エンジン)とその燃料で最高の組み合わせは何だろう?
 と、聞かれたら、私は、エネルギー効率ですか?環境に対してですか?などと聞き返すまでもなく、間髪入れず
燃料は炭水化物でその発動機は生物(の細胞)』と答える。
 この組み合わせには、エネルギー変換効率も人間の作ったものは全く及ばない。環境負荷で考えたらそれこそ完璧。排出物も水とニ酸化炭素。人間が作ったガソリンエンジンのNOx や SOx 原子炉の核廃棄物・・・と比べたら雲泥の差だ!有毒物は一切つくらない。

 こんなに完璧なエンジンと燃料の組み合わせは他には考えつかない。

 だから、普通の生活、スローライフをする上で、他のエンジンや燃料を開発する必要は全くなかったのだ
 人間は、速く遠くへ行きたいとか、空を飛びたいとか、重いものを動かしたいとか、そんな”夢”を追求して、エネルギーの能率の悪いものを次々に発明していって、今日の環境問題を引き起こした。
 色々新しいエネルギーとエンジンを考えるのも悪くないが、もっとこの最高の組み合わせを活用すべきである
つまり、人力だ!動物の力でもいい。
(「じんりき」と発音すべきか「人力」と発音すべきかは、『人力車』のところと同様言語学的何かがあれば教えて下さい)

 現代は人力エネルギーを、スポーツやフィットネスクラブで使い過ぎ。それは、自ら「先進国」と名乗っている破壊者のエゴ。

 人力と言うと、すぐに限界説や大変そう・・という発想になりそうだが、そんな事はない。てこの原理や車(円形)の利用で人間の知恵は使われる

 例えば自転車。これぞ、てこ(輪軸)と車の利用の代表。歩くより、走るより、速く疲れずに移動出来る。筋肉も使うからいい運動にもなる。

 自動車に乗って運動不足になって病気になっても、スポーツクラブに通っても、どっちにしても能率が悪い。能率の比較でなく環境負荷の比較は雲泥の差。

 ガソリンエンジンは熱効率だって30%もいかない(燃やされたガソリンの熱のうち、30%以下が動力となり、70%以上がただの熱として排出されると云う事)のに、運ばれる人間より運ぶ自動車自身の重さの方がずっと重い。その上さらに余計なものまで積んだまま走る。本当に効率悪い。
 そう、庶民の燃料、炭水化物の御飯一杯(元々の米の質量で100gとして)で、自転車で20~30kmは軽く走れるが、

 熟成プレミアム超高級燃料である化石燃料100gで、軽自動車だって2~3km走ったらいいほうだ。
100gの米からバイオオイルを作ってそれで車を走らせたらさらにもっと走らないだろう。

(このあたりの計算は我流なので、御指摘あれば宜しくお願い致します。話の趣旨には影響しないと思います。)

 我が崇め奉る緑色植物の神業”光合成”で作った完璧な燃料『炭水化物
を最も有効利用出来る機関は生物の細胞だ!!


そう、今、色んなエネルギーの開発が急がれているが、

最高の組み合わせ、
 『生物(人間)エンジンに炭水化物燃料』 をもっと有効活用しよう!!

環境問題も多くが解決!!

自転車の例を書いてたら、交通手段は自転車が中心だった昔を思い出した。考えてみればその頃は随分ロハスだった・・次回書かせて戴く。
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

こ~き

エネルギー効率のよい燃料機関を開発したいっす

このまえ実験でギターの弦にかんするものをやりました。
ハーモニクスの仕組みを理解してへぇ~って感じでした。

2006/10/19 (Thu) 01:29

雑草

ピッキング・ハーモ二クス

『エネルギー効率のよい機関の開発』の私のアドバイスは
”自然の流れに素直に”。
 私が最も有効と考えるのは、協同現象[Synergetics]の利用です。以前お話した事があるべナールのセル〔我が家の味噌汁のように具の少ない味噌汁(笑) の六角形の対流〕のような現象です(変換効率と言うより寧ろ輸送効率ですが)。私はこれで、ノーベル物理学賞をとる予定でした。(笑)

 ハーモ二クスの仕組みは、定常波の作り方で、5フレッドとか7フレッド上でのハーモ二クス(正確には、ずれる)は、指を添えた時、実は短いほうの弦の長さが半波長になることに気づくまで何でこんな高い音になるか不思議でした。(12フレッドは完璧!)
 私が昔から疑問に思っているのは、ピッキング・ハーモ二クスです。どういう原理でどういう波長の波が出現するか、その指導教官に聞いておいて教えて下さい。ちなみに私がピッキング・ハーモ二クスの名手と思うのは、Bon Jovi のRichie Samboraで、個人的に抜群の名曲"Wanted Dead Or Alive"のギター・ソロでの彼のピッキングハーモ二クスは、何度聞いても鳥肌ものです。
同じハーモ二クスでもピッキング・ハーモ二クスは音色も全く違って病みつきになるほど快感で素晴らしい技です。

2006/10/19 (Thu) 02:26

こ~き

平均律の自然音階のずれによって、5と7フレットの真上でのはーニクスは上手くいきません。同様の理由で1弦のEは少し低めにチューニングしたほうがよくハモります。

ピッキングハーモニクスは現在調査中です。

2006/10/19 (Thu) 12:30

雑草

目から鱗・・固定概念からの脱却

 先ずは、こーき氏へ・・・色んな細かい要求聞いてくれて有難うさん。おかげさまで、ここはかなりお気に入りの部屋になってきました。
 
 ところで、もう昨夜のことですが、若松に用事があって、自転車で行きました。一寸肌寒かったけれど、着いた時には汗だらけ・・まあそれは置いといて・・
 20時頃に用が済んで、知り合いととあるジャズバーで待ち合わせして(特にジャズが好きなわけではないんですけどね。)、飲んでいたら、つい最近1度だけお会いしてちらりと言葉を交わしたことのある会津で一番ギターが上手いとの評判もある方が、奥様といらしてカウンターの私の隣に座って、私と話をしました。彼は、ギターの腕がいいだけでなくギターのメカニズムにも詳しく、マニアックな話となったわけです。
 若しかしたらと駄目元で、ピッキングハーモ二クスのメカニズムも質問してみると、何と彼はしっかりわかってました。
 つまりこうです。普通にハーモ二クスがよく鳴るのは、12フレット、7フレット、5フレット、4フレットでありますが、それ以外のどこでも、フレット上でなくてもハーモ二クスは(小さく)鳴るのです。
 それを聞いて目から鱗。
 12フレットは2分の1、7フレットは3分の1、5フレットは4分の1、4フレットは5分の1(12フレット以外は少しずれるが)これは、短いほうの弦の波長です。これらは指が触れたところが、節になって、短いほうの弦が半波長になるのですが、別にそうならなくても、どんな整数比になっても、いい訳です。その比が簡単な整数比であれば、エネルギーが大きくて大きく振動するわけです。指が触れたところが節になって、ハーモ二クスは鳴ります。 ただ、かなり高い音になってエネルギーは小さくなるのでアコギではそのフレッドの普通の音に比べて小さすぎるので聞こえないだけ。
 しかし、エレクトリックギターでオーバードライブやディストーションを強く掛けて波形をかなりつぶしてやれば、元の弦の振動が小さくても出力は均一化されるわけです。タッピングがエレクトリックで効果があるのと同じ原理。タッピングだったら、アタックを強くすればアコースティックでもある程度サマになろうけれど、ピッキングハーモ二クスはエレクトリックの専売特許でしょう。
 だから、抑えたフレッドのかなりの倍音まで拾うし、どのフレットに左手をおいて、どの部分に右手の指を触れてもそこの固有のハーモ二クスが鳴る訳です。
 ちなみに倍音をハーモニクスというのは、そこの音にハーモニーになる、つまり協和音になるということなので、元々の音のフレッドをピッキングハーモニクスでどんな倍音にしても、曲の流れに合うという素晴らしい仕組みです。
 整数分の1と云う固定概念に捕らわれすぎて、高倍音まで考えるとハーモニクスはどこに触れても鳴ることに考えが及びませんでした。それから、右手のピッキングの位置と、触れる位置が余りに近すぎることにも惑わされました。これは、そうしないと弾けないという話とピッキングの位置が触れる位置に近いほうが高い倍音は出やすいという事もあるでしょうけど、ピッキングの位置はハーモニクスの音程に関係ないでしょう(・・?少し疑問・・)。

 普通のハーモニクスの原理が分かってから四半世紀が過ぎて、ピッキングハーモニクスの原理も理解出来ました。普通のハーモニクスの原理も、ドラムを叩いていた同級生の一言がヒントになって理解しました。ともに先入観が、理解の邪魔をしていて、ある一言でその固定概念から脱却出来たわけです。

 霧の中を自転車を漕いで帰ってきたのは夜中の2時近くでしたが、充実した素晴らしい夜でした。
 音に関しては8年ほど前に「差音」という概念を知ったときよりも、感動がありました。

 これなら、またそのうちマイナーコードとメジャーコード(の合成波形?)と、脳波(何故マイナーコードは哀愁を感じるか等)の関係も解明出来るかも知れないと、期待も持てました。

 ・・・という事でマニアックな話でした。こーきだけでも面白いと思ってくれるでしょう。

2006/10/29 (Sun) 05:06
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
人力