FC2ブログ
雑草の言葉

高い煙突

2006/10/27
ゴミ・廃棄物 1
 酸性雨の原因は、化石燃料の使用によって排出されるNOx とSOxによる大気汚染だ。工場の煙突からの廃棄ガスや自動車の廃棄ガス。
 自動車の廃棄ガスは急激に自動車の増えた最近は深刻だが、昔は主に工場の煙突からの廃棄ガスのほうが問題視された。日本でも1960年代頃から『公害問題』として騒がれていた。
 そして、公害対策に限らず、なにか問題が起きたら、
 『元を絶つ』と云うのが基本だと思うが、
本当にしょうもない方法、「煙突を高くする」という方法がかなり堂々と対策として実施された。
 勿論、脱硫装置、脱硝装置のフィルター等、有害物質を大気中に出さないなどの対策もなされ、それは日本が得意とするところたが、
  元を絶つ=工場の稼働停止
などの措置は、本当に酷い時意外は実施されていない。

 「煙突を高くする」と云う方法は、いわゆる「拡散」の方法であって、
 もっともやってはいけない方法である。まして、地球は球形で有限である事が十分わかってからの時代の話である。「高い煙突」と言った時に反対する人はあまりいなかったのか?こんなことがまかり通っていた事が不思議だが、「拡散」の方法は現在でも、大気中に限らず、海でも行われているから本当にどうしようもない。それも大気中なり海の許容量の研究の裏付け無しにだ。(都合のいいように作られてしまった研究データは沢山あるだろう。)
 これはあたかも適正人口の論議なしでの少子化対策をしている日本の現政府と似ている。(今まで何度も述べたが、適正人口の許容量は自給率100%であると確信する。)無能者の対策である。

 その結果、酸性雨の原因となるNOxやSOxは、上空の気流に乗って、広範囲に広がった。 スウェーデンやノルウェーがドイツやイギリス等から、カナダがアメリカからの貰い酸性雨の被害が深刻である。
 日本も最近中国等からの貰い酸性雨が酷くなってきているが、日本企業が中国や東南アジアに進出して、向こうに工場を建てているから
自業自得の部分もある。そればかりか現地にはもっと酷い迷惑をかけている。


 話をもどすと、熱と違って、大気中の物質は、宇宙までは飛んで行かない。(最近熱もCO2に吸収されて、余分に地球に残っているが・・・じゃあ、宇宙まで飛ばせばいいかというとまた別な問題が起こる・・・別な機会に述べる。)

 こんな子供が考えてもおかしく愚かな『拡散の方法』を今だに対策にしている政府や企業には任せられない。 


 汚染物質を拡散させなければ、現地の被害はもっと酷くなるが、
 その分もっと早くから真剣に対策を考え

根本的な生産方法や、構造改革の話(結局、Produce less 生産縮小に行き着く)になる筈だ。

 
拡散の方法は、
問題先送りの愚作であるばかりか、問題を肥大化させる

局地的な環境問題は

その場しのぎの『拡散の方法』によって、
世界的に深刻な、
人類の破滅の問題まで成長する。
 
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.

坂番

煙突が高くなる理由について

授業でとったノートそのまんまです。
http://blog74.fc2.com/z/zassou322006/file/20061029050034.jpg

2006/10/29 (Sun) 05:03
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
ゴミ・廃棄物