FC2ブログ
Welcome to my blog

高浜原発再稼働差し止め判決

日本国において、三権分立がまともに機能していると考える人は殆どいないでしょう。行政権と立法権は重なり合い、司法権は完全に行政に取り込まれています。そして行政は企業と癒着しています。環境訴訟に関する裁判は、多くが大企業に有利な形で判決しています。原発訴訟はその典型例でした。しかし、昨年の大飯原発差し止め請求裁判では、真っ当な理由による真っ当な判決が出されました。憲法で保障された人格権が判決の根拠とされ、『コストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である』と結論付けられました。全くその通り。極めて理性的な判決文です。

その大飯原発の湾を挟んで直ぐ対岸の、やはり関西電力の高浜原発の再稼働差し止め判決が、4月14日に判決が出されました。今回の差し止め判決もやはり福井地裁で同じ樋口英明裁判長が出しました。判決は大飯原発と同様に「人格権の侵害」が判決の根拠になり、更に踏み込んで、原子力規制委の新基準を『ズサンで無効』と判断しました。そして原子力規制委員会が策定した新規制基準に適合しても、「緩やかに過ぎ、合理性を欠く。安全性は確保できない」と規制委員会の作った規制基準を真っ向から否定しました。これまた画期的な判決です。
弁護団は、昨年の大飯原発差し止め訴訟で、運転停止を命じた樋口裁判長なら原発の問題点を熟知していると判断し、樋口裁判長のいる福井地裁に提訴したのです。それに対抗する為に、関電は3人全ての裁判官に対し、裁判官忌避申し立てを行います。
日刊ゲンダイ【高浜原発差し止め 裁判長を激怒させた関西電力の“禁じ手”】には、「樋口裁判長が4月1日付で名古屋家裁に異動することを知った関電は『裁判官忌避』という手段で判決の引き延ばしを図った。」とあります。しかしこれは関電が知ったと言うよりも、政府と関電など原子力邑が、樋口弁護士の追い出しを画策したのではないでしょうか?そう、「お上に歯向かう裁判官」は、見せしめ人事として、そして同じ判決を出させない為に左遷するのが権力政権の常套手段です。他の例も色々あります。(当方も実際に目の当たりにした事がありました。)そこに三権分立の精神は微塵にも生かされていません。これに対し気骨のある樋口裁判官は、『異動するが、この訴訟だけは俺がやる』と職務代行の手続きを取り、仮処分の決定を出したのです。
この判決を出した樋口裁判長に対して、原子力規制委員長、田中俊一氏は、「規制基準を見直す考えはない」「(裁判所の決定には)事実誤認がある」と話した。との事ですが、事実誤認は田中委員長にこそあるようです。再稼働推進派の御用学者や御用ジャーナリスト達は、樋口英明裁判長を誹謗中傷していますが、論点がお馬鹿過ぎて、一つ一つ挙げて反論するのも時間の無駄です。(具体的点に関してご要望が出れば反論致します。)

日刊ゲンダイは「樋口裁判長のような「良心と気概」を持った裁判官が増えてほしいものである。」と締めくくっていますが全くその通りです。
翁長雄志沖縄県知事、元官僚古賀茂明氏、そして今回の樋口英明裁判長と、反対派威圧のとんでも政権に、正面から反意を示し、日本をしっかり守ろうとする良識派が増えて来ました。金融資本家御用達のとんでも政権に日本を破壊される前に、何とかこの体制を打破したいものです。
関連記事

Comments 14

森の妖精 アイ
ありがとうございました

ご訪問とコメントありがとうございました
おかげさまで 大論争!!(笑)
願っていた 意見交換が始まり 感謝です

行政や市長とも こんな話が出来るといいのですが・・・
お気づきの点 ご指摘 アドバイスも これからもよろしくお願いいたします

  • 2015/04/20 (Mon) 00:33
  • REPLY
呪われた判決

  呪われた判決

裁判官.樋口英明は、高浜原発に対して、 「合理性がない」・「人格権が侵害される危険性がある」 などとして3,4号機の仮処分決定を下した。
裁判官.樋口英明は、法と人権を重んじる立派な裁判官でありましょうか?
そうではないはずです。
裁判官.樋口英明は、別訴で、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 との判決を被害者に言い渡したのです。(※1)
言うまでもなく、万が一にも虚偽事由などが許されることなどありません。(再審事由)

今回、原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には 「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、裁判官の「虚偽は正当」 との基準からすれば、その様な指摘が出てくることは当然のことでもありましょう。
裁判官.樋口英明は、嘘の主張で対立させて争わせて、何を判断するというのでしょうか。
法廷で嘘をつかないように「宣誓」 までさせておきながら、何故、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と言えるのでしょうか。
裁判官.樋口英明は、法と国民を愚ろうし社会秩序を乱す国賊ではないのでしょうか。

 (※1) 福井弁護士会所属の弁護士(2名)は、「虚偽を依頼者に教唆し事由としたことを滑らせて自白した」、 しかし、その後、 「虚偽.侮辱することは正当な弁護士業務だ」 と主張し続けて罪を重ねた。(弁護士3名、他多数) 
  裁判官は、自白を裁判の基礎とせずに(基本原則違反)、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と判決したのである。
  結果、福井弁護士会の弁護士3名(多数)は、今もこの主張を撤回しょうとせず、被害者に恐怖の日々を与えている。

裁判官.樋口英明は、被害者の苦しみを知りながら、恣(し)意的に侮辱する行為(人権侵害:国際法違反)を良しとし、訴訟詐欺を認めているのである。

雑草Z
ここの記事を読みましたか?

    森の妖精 アイさんへ

この記事への最初のコメントが、記事本文に関係ないコメントで脱力です。
ここは、記事に対するコメント欄であって、連絡欄では無い事はお分かりですよね?
 前の記事に良識的なコメントを戴いたので、そちらのサイトを訪問してそちらの興味を持った記事にコメントしたのですが、そのお礼は同じそちらのコメント欄に書くべきです。ここに書くのは場違いです。
以上が
>お気づきの点 ご指摘 アドバイス
です。

雑草Z
Re: 呪われた判決

    呪われた判決さん

樋口英明氏の他の裁判の事は知りませんし、あなたが書かれている事は理解出来ません。(かといってその点を説明されれば、長文になるだろうし、本件から外れるでしょうから、)本裁判に関して・・・この裁判についてどこが不合理と考えているか具体的に書いて下さい。

>原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、 
と、書かれていますが、具体的に書かなければお返事できません。本文にもそのような旨記しました。

今回の判決に関して、原発推進派は樋口英明氏に対して別件などである事ない事書き立てていると言われてますが、あなたもその工作員の一人でしょうか?逆効果だと思いますよ。

団塊親爺の遺言
戦争と原発と神風

 あの大戦突入の時も日本には神風が吹くから大丈夫とか・・
一億総玉砕の精神でとか・・富国強兵の為にとか戦争に駆り出された人々は
逝きました 一部の権力者たちの言い成りになると悲惨な結果が・・
今も世界の様々な戦争の為に凄い数の避難民や一般の方が亡くなっています 
我が国も近隣の国との領土問題が在ります 
戦争は終われば国へ故郷へ帰れるが・・
福島から避難した方々は帰られないのですよね 
欲望に囚われた一部の権力者たちの考えは人の命なんて捨て駒位にしか考えていないのでしよう やっと司法が国富の喪失との本質を語りました

原発事故は 国富の喪失で在る事が現実に成った今
人は間違いを起こす生き物なのだと云う事が判らなければ
それは人では無く 唯の金の亡者なのかも・・あの世で遣ってくれ
裁判官がどうので無く 原発事故をどうするのか 解決策は在るのか
口先の理屈は要らない 福島を取り戻してからのお話では・・  

  • 2015/04/21 (Tue) 22:35
  • REPLY
雑草Z
Re:戦争と原発と神風

    団塊親爺の遺言さま

>一部の権力者たちの言い成りになると悲惨な結果が・・

おっしゃる通りです。その意味で日本人は大人し過ぎるのかもしれません。

>欲望に囚われた一部の権力者たちの考えは人の命なんて捨て駒位にしか考えていないのでしよう

残念ながら、そのように考えていると思われる権力者が沢山いますね。原発の被曝労働を是とする人々はみんなそうだと思います。

>やっと司法が国富の喪失との本質を語りました 

はい、こう言う方にこそ頑張って欲しいものです。

>裁判官がどうので無く 原発事故をどうするのか 解決策は在るのか口先の理屈は要らない

そうですね。極めて真っ当な判決を出した裁判官に、別件のある事ない事で誹謗中傷する原子力邑の推進派は、卑劣だと思います。

理性的な結論は、先ずは原発を全廃する事でしょう。 

guyver1092
最初に知った時

 最初に知った時、裁判所としての一般的な判断で、仮処分が出たと思っていましたが、前回の大飯原発と同じ裁判長だったのですね。このことを知った時、あまり喜べないと思いましたが、やはり川内原発の判決では、気違いじみた判決が出ました。
 まだまだ裁判も安心して見ている事は出来ないようですね。

  • 2015/04/23 (Thu) 19:53
  • REPLY
雑草Z
Re:最初に知った時

>このことを知った時、あまり喜べないと思いましたが、
>まだまだ裁判も安心して見ている事は出来ないようですね。

おっしゃりたい事は良くわかります。結局、樋口英明裁判長だけ・・・と言う事で、彼は主要な地位から外されて、控訴審では逆転判決・・・と言うシナリオを現政権や関電は描いている事でしょう。まあ、裁判は裁判長一人で決める事では無く、3人の裁判官の平等な協議によるとの事ですので、後の二人の裁判官の少なくとも一人は樋口英明裁判長に近い思想の持ち主だったのでしょう。

世界一の原発密度の日本は、今直ぐ脱原発に舵を切ったとしても放射性廃棄物の膨大な量で、放射能汚染は既に遅し・・・の感のあるところですが、これからも再稼働を続ければ、助かるものも助からなくなりそうです。原発は愚の骨頂です。

呪われた判決
安心安全を願う者です

雑草Z 様

私は、あなたと同じく安心安全を心から願う者です。
「身に迫る危険」、それは様々です。
法を犯している事を知りながら、「正しい」として身勝手に組織的に行動する者たちがいる。
この恐怖は、原発事故よりも身近であるのかも知れません。

雑草Z
Re;

>この恐怖は、原発事故よりも身近であるのかも知れません。

身近かも知れませんが、原発事故ほど恐ろしくは無いでしょうね。

>法を犯している事を知りながら、「正しい」として身勝手に組織的に行動する者たちがいる。

なんて抽象的な事を書かれてもね。先のお返事に
>具体的に書かなければお返事できません。本文にもそのような旨記しました。

と書いた筈ですが。勿論今回の記事の
高浜原発再稼働差し止め判決
に関してです。

guyver1092
呪われた判決さんへ

 あなたのおっしゃる「法を犯している事を知りながら、「正しい」として身勝手に組織的に行動する者たち」とは、 権限も無いのに、憲法解釈を勝手に変更する内閣のことですね。確かに原発事故より身近で恐ろしい事かも知れませんね。安陪内閣のすることはすべて、日本の存在基盤を破壊し、自滅へと導く政策ということですね。

  • 2015/05/21 (Thu) 20:28
  • REPLY
名乗らず
弁護士は虚偽事由で提訴する!


弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。

  • 2016/04/05 (Tue) 13:56
  • REPLY
雑草Z
Re:弁護士は虚偽事由で提訴する!

すみません。コメントに書かれている内容が良く判りません。
記事本文と関係ないような感じですが・・・

名乗らず
二枚舌を使う者

>原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」と述べた。 とありますが、そんな発言を本当にしたのですか?
弁護士島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときに胸を張って主張していた人物です。
せっかくの活動にも興ざめします。仲間を選んでください。
疑うのであれば以下の件、本人に確認下さい。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。

  • 2016/05/10 (Tue) 11:20
  • REPLY