FC2ブログ
Welcome to my blog

コロナウイルス対策による環境回復

 新型コロナウイルスの拡散抑制政策によって、環境回復・環境浄化がされた事例が報告されるようになりました。
先ずは当然のことながら、中国の大気汚染の浄化は顕著です。中国では、大きな都市が封鎖されて、工場も閉鎖されたりして稼働が大きく減り、自動車の交通量も減少し、大気汚染が大幅に減少しました。NASA[アメリカ航空宇宙局]は、3月1日に中国での大気汚染物質である二酸化窒素NO2 の汚染レベルが大きく下がっている事を示す人工衛星写真を公開しました。1ヶ月ぐらいでこんなに大気汚染が減ってます。(別な見方をすれば拡散がはやいです。) 

 [NASAが2020年2月29日に公開した衛星画像;中国の二酸化窒素濃度 ]
  
↓1月の閉鎖開始前           ↓閉鎖後の2月   
NASAの衛星写真 中国の大気汚染 コロナ閉鎖前後 
 その他、ベネチアの運河の水がきれいになったと言う報告もされています。
ネットで見つけられる環境浄化、環境回復の記事は、まだこれくらいですが、コロナウイルス対策を行っている国のもっと多くの場所で、環境回復・浄化が確認される(・・・または、既に確認さている)筈です。ただ、現在は、コロナウイルスの感染拡大や封じ込め対策が世界の大多数の人々の関心事ですから、当然のことながらそちらの話題が優先して環境回復の情報はあまり入って来ていません。そして、コロナウイルスパンデミックに関連した世界の大きな関心事が経済の事です。世界経済が後退するリセッションを恐れる声が大きく、環境浄化・回復のことなど、どうでもいいとかちょっとした慰み程度にしか考えていない人が大多数のようです。サイトによっては、環境浄化・回復が「予想外の副作用が起きた。」と記されています。しかしこれは十分に予想される結果であり、これを「予想外」と述べるはかなり判断力が欠如していると思われます。「予想外」と書いた記者もコーヒーブレイク程度にしか考えていないのかも知れません。・・・しかし今回のコロナウイルス感染拡大対策の副作用でどれだけ多くの地域でどれだけ環境が回復されるだろうかと考えた人は私だけではないでしょう。災の中に見出せる一つの希望の光だと考えます。
21世気になって「環境よりも経済」と考えている人は20世紀よりは減ったと感じていますが、いざこのような事体になると、やはり経済のことが第一である人が大多数のようです。生活がかかっている一般の人々にとっては仕方のないことですが、もっと多く儲けようとしか考えない投資家連中には困ったものです。
生態系が大きく破壊され、待った無しの現代世界では、近視眼的には経済が大切でも、長い目で見れば生態系を優先すべきです。
付け加えるならば、今回のコロナウイルス拡散規制対策が無くても、成長の限界に達しつつある(既に限界を超えたとも言える)現代文明に於いては、今世紀中に今回以上の経済後退が起こることは明らかです。今回の景気後退よりも遥かに深刻で制御不能な景気後退がやってくるでしょう。
今回のコロナウイルスパンデミックは、大変なことでありその対策も痛みを伴ったものですが、その痛みを無駄なものにしない為にも、環境浄化・回復された部分の評価もしっかりして、不要な経済活動を縮小して生態系を回復していく方向を大きく検討していくべきです。




   にほんブログ村 環境ブログへ 
関連記事

Comments 4

guyver1092
豊田真由子ではありませんが

 「このハゲー!」の豊田真由子ではありませんが、「物事には裏と表がある」の実例の一つですね。即ち、経済活動が止まれば、「飢え死にする」の裏には、経済活動によって「環境汚染が発生している」のですね。
 環境汚染が発生するということは、槌田敦氏のいう、エントロピーを環境の外に捨てることができずに、人類の生存圏にエントロピーという毒物が逆流しているということですね。たしか中国では呼吸器疾患で亡くなる人が数十万人単位で出ているそうです。それ以外にも環境に放出された毒物による死者は、当然あるでしょうね。
 飢え死にか、環境汚染による毒死かの二者択一ですね。

  • 2020/03/28 (Sat) 19:23
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: 豊田真由子ではありませんが

> 「物事には裏と表がある」の実例の一つですね。即ち、経済活動が止まれば、「飢え死にする」の裏には、経済活動によって「環境汚染が発生している」のですね。
難しいところですが、少なくとも経済成長は必要ないですね。

>  飢え死にか、環境汚染による毒死かの二者択一ですね。

これまた難しい選択ですが、その間のバランスになりましょうか?上の衛星写真のNO2濃度でもわかる様に、中国が経済・工業活動・移動を一月ほど控えただけでこんなに汚染が無くなるのですから、この調子で活動を控えるとPM2・5による日本の被害も激減するでしょうね。
縮小社会の練習です。

  • 2020/03/28 (Sat) 20:56
  • REPLY
guyver1092
Re: Re: 豊田真由子ではありませんが

> 難しいところですが、少なくとも経済成長は必要ないですね。

 その通りですね。現代社会は経済成長をしないと人が飢え死にする仕組みですので、経済成長しない仕組みへの転換が必要ですね。


> これまた難しい選択ですが、その間のバランスになりましょうか?

 己の生存圏を守るためには、環境が毒化しない範囲で経済活動する必要があると考えます。さもないといずれ己の出した毒で死ぬことになるのでしょうね。

  • 2020/03/28 (Sat) 22:06
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: Re: Re: 豊田真由子ではありませんが


>  現代社会は経済成長をしないと人が飢え死にする仕組みですので、経済成長しない仕組みへの転換が必要ですね。

その通り、そこが根本的問題点です。経済成長をしないとやっていけないシステムだけど経済成長すれば破局を迎えると言うとんでも無く無茶苦茶な社会であることをもっと多くの人が気付くべきです。

>  さもないといずれ己の出した毒で死ぬことになるのでしょうね。

そんな生物他にもいましたね!?何でしたっけ?でもいづれにせよ人間ほど酷くはないでしょう。

  • 2020/03/28 (Sat) 23:28
  • REPLY