FC2ブログ
Welcome to my blog

平穏な生活があれよあれよと・・・

コロナウイルスパンデミックによって世界の多くの人々の日常生活がガラリと変わりました。外出自粛や非常事態宣言により、平穏な日常生活があれよあれよと言う間に変貌を遂げ、様々な制限のある生活に変わりました。パンデミックではありませんでしたが、2011年の3.11原発震災時も、原発爆発後は、福島第一原発周辺の広い範囲で屋内待機はありました。

 経済的に先行き不安な人も多い事でしょうけれど、多くの人々は、数週間から数ヶ月だけの辛抱・・・で、それが過ぎればまた元の日常生がやってくる・・・と信じている事でしょう。このパンデミックは百年に一度のパンデミックで、回復したらもう、生きている間に次のパンデミックは起こらないだろう・・(その間に経済的に破綻してしまう不安はかなりあるでしょうけれど・・)と考えている方もいる事でしょう。

 しかしもっと深刻な『あれよあれよと言う間の制御が効かない衰退』がこの21世紀中に起こると考えています。成長の限界に達したこの世界では、これ以上成長(膨張)は出来ず、その天井での限界の状況を続けると、カタストロフィー的な減衰が起こるからです。今回の様なウイルスによるパンデミックが引き金になろうがなるまいが、今回よりも深刻な歯止めの効かない減衰が21世紀中に訪れるだろうと言うことです。

20世紀以降、一時的な恐慌などを除き、人口も生産も急激に増加し続けてきたこの世界は、汚染、資源不足、食糧不足・・・などのどれもがかなり行き過ぎてしまって危機的状況です。現代社会は、成長の限界を超えて行き過ぎてしまった不安定社会なのです。砂上の楼閣なのです。だから、前回【ロックダウンからローカル化へ】でも描いたように、閉鎖してもやっていける地域に変貌を遂げ、社会を縮小させる必要があるのです。それが甚大な被害をより大きくしない方法です。

 かなり以前から21世紀中に制御不能な衰退が起こるとを予測していた私ですが、まだ実際に起こらなかったので実感が湧きませんでした。然るに今回のコロナパンデミック騒動によって、来るべき制御不可能な減衰を前もって多少実感する事が出来ました。

 元の不安定な経済成長路線の汚染不安定社会に戻るのではなく、これを機に社会、経済規模を縮小し、定常安定化した社会に移行する道に方向転換すべきなのですが、そんな話は聞こえてきません。

  にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
関連記事

Comments 8

guyver1092
文明崩壊

 現在の、いくつかの国家が経済破綻寸前の経済状況では、新型コロナウイルスのもたらす経済的損失に人類の経済システムは耐えられず、世界恐慌が起こる可能性は否定できないですね。そしておっしゃるように経済システムの崩壊が食料等の必須資源の生産システムまで影響を及ぼせば文明崩壊も始まるかもしれませんね。

  • 2020/04/08 (Wed) 22:12
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: 文明崩壊

私は21世紀が文明崩壊の世紀だと(かなり確信的に)考えています。余りにも深刻な問題が多過ぎて、複合的崩壊がやってくると考えています。その時、人類が生き延びて、パラダイムシフト出来ることを願っています。

>  現在の、いくつかの国家が経済破綻寸前の経済状況では、

これは経済成長神話に踊らされた結果ですね?

>新型コロナウイルスのもたらす経済的損失に人類の経済システムは耐えられず、世界恐慌が起こる可能性は否定できないですね。

確かに今回の新型コロナパンデミックも世界恐慌の原因になる可能性は大きいと思いますが、私は新型コロナウイルスから世界恐慌が始まらなくても、いずれ21世紀中に文明崩壊は起こるだろうと考えています。

>そしておっしゃるように経済システムの崩壊が食料等の必須資源の生産システムまで影響を及ぼせば文明崩壊も始まるかもしれませんね。

経済成長神話を信じる程に人類が余りにも愚かなんでしょう。以前、」文明崩壊を止める手段をいろいろ考えましたが無理に近い・・と言う結論に達しました。ならば、現文明が崩壊しても生き残り、新たな持続可能な文明を作ることを考えるべきかと考えています。

guyver1092
Re:Re:文明崩壊

>これは経済成長神話に踊らされた結果ですね?

 私もそう考えています。経済成長は、水野和夫氏によると、15%までの人口までしか享受できないそうです。出遅れたものは、骨までしゃぶられるのでしょうね。現実の失敗国家とよばれる国々のように。

  • 2020/04/10 (Fri) 23:04
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: Re:Re:文明崩壊


>  経済成長は、水野和夫氏によると、15%までの人口までしか享受できないそうです。出遅れたものは、骨までしゃぶられるのでしょうね。

人口の規模に限らず、15%までと言う事でしょうか?つまり、早いもの勝ちって事ですね。そしてその「早いもの」イコール悪賢いものという事でしょうね?自然の恵みや、人の善意の行動に経済的価値を作り出して売り出すわけですね?


>現実の失敗国家とよばれる国々のように。

失敗国家と呼ばれている国が何処かは定かではありませんが、近い将来、日本をはじめ、多くの国が失敗国家になるのでは無いでしょうか?

guyver1092
訂正

 記憶違いをしていました。人口の20%です。

https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/interview/mizunokazuo/394

 まあ最大でということでしょうが。世界人口の上位20%までの国家というふうに理解していましたが。悪賢かったかまではわかりません。歴史を研究しないとわからないのではないでしょうか。少なくとも、資本主義をより理解していたものが、上位の地位を得たのでしょう。
 資本主義の維持のためには、あらゆるものを商品にする(以前したのは本来、公共サービスであるべきものまで営利企業がするというもの)というのは、以前にも議論しましたね。「自然の恵みや、人の善意の行動に経済的価値を作り出して売り出すわけですね?」実例が思いつきません。示していただければ私の考えも言えるのですが。

 どのような学問上の言葉かまでは書かれていませんでしたが、ウィキペディアにページがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/失敗国家#定義・識別方法

 文明崩壊すれば、おっしゃるようにすべての国家が失敗するでしようね。



  • 2020/04/11 (Sat) 21:03
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: 訂正

>  記憶違いをしていました。人口の20%です。

人口の15%か20%かは、著者も区別して無いでしょう(笑)。かなりアバウトな感覚でしょうから。
其れよりも、ご紹介のサイト、非常に良かったです。guyver1092 さんと私の考えと一致してますね?
このサイトだけでも水野和夫氏の主張はほぼ掴めましたが、彼の著書はまだ読んで無いので読んでみたいと思います。guyver1092 さんのコメントにもよく出てきましたがお勧めはありますか?

>  悪賢かったかまではわかりません。歴史を研究しないとわからないのではないでしょうか。少なくとも、資本主義をより理解していたものが、上位の地位を得たのでしょう。

「悪賢かった」と言うのは、資本主義と言うものを自分達の都合の良いように解釈して作り上げていったと言う事です。例えば労働者との関係において、労働者を資本の一つと位置付け、資本家の支配下に置く法律を作っていくとか・・・。

>「自然の恵みや、人の善意の行動に経済的価値を作り出して売り出すわけですね?」実例が思いつきません。示していただければ私の考えも言えるのですが。

ちょっと表現が適切ではなかったかも知れません。

>  資本主義の維持のためには、あらゆるものを商品にする(以前したのは本来、公共サービスであるべきものまで営利企業がするというもの)というのは、以前にも議論しましたね。

と重なる部分がありますが、
例としては、みんな只で飲めた湧き水の土地の権利を手に入れてボトルに入れて売るとか、プライベートビーチとか、知的財産権と称してみんなが普通に使っていたものに特許を取って使用料をとったりする行為です。作物の遺伝子に特許を取るとかです。
知的財産権はある程度は必要だと思いますが、アメリカの企業(モンサントとか・・)の知的財産権の主張は、モラルハザードの域です。

guyver1092
Re:Re:訂正

>お勧めはありますか?

 すべて読んだわけではありませんが、紹介ページの資本主義の終焉と歴史の危機は間違いないと思います。なお資本主義に対する認識は水野和夫氏と我々の考えはほぼ一致していると思います。

>「悪賢かった」と言うのは、資本主義と言うものを自分達の都合の良いように解釈して作り上げていったと言う事です。

うろ覚えの記憶ですが、もともと資本主義の発達と近代法は同時といってよいぐらいに成立したのではなかったのでしょうか? 何が言いたいかというと、資本家のための社会システムが近代法で支配された現代であると認識しています。あけっぴろげに自分たちのための社会システムを作ったのだと思います。それに制限を加えようとしたのが、共産主義、社会主義、ゲゼル主義等であり、すべて敗北(共産主義と社会主義は内部矛盾)、または忘却(ゲゼル主義)されたのだと思います。

>みんなが普通に使っていたものに特許を取って使用料をとったりする行為です。

 理解しました。近代以前の社会で共有していた入会等の前近代的な(ゼロ成長的な)社会システムをすべて貨幣的なシステムに置き換える行為ということですね。それであればおっしゃるように、それを行ってしゃぶっていると思います。

 失敗国家について、なぜか違うページが張り付いていました。「失敗国家」と「ランキング」の検索語でそう呼ばれている国家は見つかると思います。

  • 2020/04/12 (Sun) 22:34
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: Re:Re:訂正

>  紹介ページの資本主義の終焉と歴史の危機は間違いないと思います。

了解です。ご紹介ありがとういございます。読んでみようと思います。


> もともと資本主義の発達と近代法は同時といってよいぐらいに成立したのではなかったのでしょうか? 何が言いたいかというと、資本家のための社会システムが近代法で支配された現代であると認識しています。あけっぴろげに自分たちのための社会システムを作ったのだと思います。それに制限を加えようとしたのが、共産主義、社会主義、ゲゼル主義等であり、すべて敗北(共産主義と社会主義は内部矛盾)、または忘却(ゲゼル主義)されたのだと思います。

非常に参考になる内容です。この内容で非常に質のよい記事になりますね。案の定、近代法が作られて行く過程で、資本家に都合の良いように法律が作られて行ったと言う事でしょう。資本主義国家は所詮 capitalist society つまり、資本家の為の国家ですからね。
株式も金持ちが有り余ったお金をもっと増やす為に考えたシステムであり非常に不合理・不公正だと考えます。

20世紀には、労働組合や人権に配慮した労働法が作られていきましたが、21世紀に入ってまた逆行するように資本家に有利に法改正されているようですね。
>  近代以前の社会で共有していた入会等の前近代的な(ゼロ成長的な)社会システムをすべて貨幣的なシステムに置き換える行為ということ

その通りです。しっかりまとめて頂きましたね。こんな行為も経済成長の一つの要因ですからね。決してこんな行為で社会が豊かになったとは言えません。

  • 2020/04/13 (Mon) 18:06
  • REPLY