FC2ブログ
Welcome to my blog

コロナに関わらず海外旅行はやめるべし

昨年まで日本は5月の連休;ゴールデンウイークは海外旅行に行く人で溢れていたのに今年はコロナの影響で緊急事態宣言も出され、遠出する人は少なく、ステイホーム連休などと言われています。

 今年我慢してコロナが収まれば来年からまた昨年並みの遠出・・海外旅行にも気軽に行けるゴールデンウイークが復活・・・と思っている人が沢山いる事でしょう。しかしそんな生活形態はもう終止符を打つべきです。たかが数日の旅行のために交通費にお金を使ったり、移動の為に多くの時間を費やす人がいてもそれは個人の自由ですが、その為に飛行機に乗って移動するのには、大量のエネルギーを使い、更に環境汚染をするのです。たかが数日海外のリゾートで過ごす為にこれほどのエネルギーの浪費と環境負荷がある事をもっと真剣に考えるべきです。コロナ騒動で飛行機の便数が減っただけでも環境の改善があったのです。

 もう環境汚染・環境破壊は待った無しの切実な状況です。取り返しのつかないところまで来ているのに、個人の娯楽や経済の為に海外旅行を野放し状態にしている現在のシステムを再考するべきときです。このコロナ騒動がその大きなきっかけにするべきです。しかし、日本に限らず経済優先の政府はそんな政策を打ち出すのはまだまだ先の事でしょう。

 おそらくそう遠く無い将来に、大勢が気楽に海外旅行する為に飛行機を沢山飛ばし、石油の枯渇を早め、大気を汚染していた事を後悔することになる事でしょう。勿論「後悔先に立たず」

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村

Comments 4

guyver1092
環境破壊

 真に憂うべきは、旅行そのものではなく、人類文明を自滅に導く環境破壊活動の中の一つとしての旅行という意味でしょうか? 旅行自体は、産業革命以前もされていますから。おっしゃるように現代の旅行は、拡大再生産文明の中で、自滅のための活動の一角を担っていますね。
 私は、最も問題の大きい環境破壊は、水循環の破壊と考えています。水循環の破壊の結果、農地、森林の消失が起こっており、人類の文明の維持に重大な危険が迫っていると考えています。また、目に見えにくい危機として、毒物の環境内への蓄積がありますね。これは気が付かないうちにいわば人類種の生命力を弱らせ、ある時突然北海のアザラシに起こったような大量死が起こる恐れがあると考えています。

  • 2020/04/30 (Thu) 21:53
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: 環境破壊

>  真に憂うべきは、旅行そのものではなく、人類文明を自滅に導く環境破壊活動の中の一つとしての旅行という意味でしょうか? 

はい、その通りです。主に飛行機の海外旅行を意図しています。徒歩での国内旅行は問題無しです。

>現代の旅行は、拡大再生産文明の中で、自滅のための活動の一角を担っていますね。

またまた guyver1092 さんにしっかりまとめていただきました。この記事の主題はそう言うことです。

>  私は、最も問題の大きい環境破壊は、水循環の破壊と考えています。水循環の破壊の結果、農地、森林の消失が起こっており、人類の文明の維持に重大な危険が迫っていると考えています。

鋭い本質的なご指摘です。私は、複合的環境汚染が頭にありますが、マイクロプラスチックも殺虫剤も農薬も水環境の破壊に大きく関わっていますね。水環境の破壊というタイトルで記事を描くべきかと思いました。(guyver1092さん、いかがでしょうか?)

>目に見えにくい危機として、毒物の環境内への蓄積がありますね。これは気が付かないうちにいわば人類種の生命力を弱らせ、ある時突然北海のアザラシに起こったような大量死が起こる恐れがあると考えています。

抗体も出来ないでしょうからコロナのような伝染病よりも恐ろしいかも知れません。

guyver1092
水循環

 水循環について、やってみることにします。時間はかかりますが。


>マイクロプラスチックも殺虫剤も農薬も水環境の破壊に大きく関わっていますね。

 マイクロプラスチックはあまり意識していなかったのですが、これらは毒物であるとともに、おっしゃるように水循環の一部の生物に大きな悪影響を及ぼしているのでしょうね。

  • 2020/05/02 (Sat) 21:26
  • REPLY
☘雑草Z☘
☘雑草Z☘
Re: 水循環

>  水循環について、やってみることにします。時間はかかりますが。

有難う御座います。期待しております。

>  マイクロプラスチックはあまり意識していなかったのですが、これらは毒物であるとともに、おっしゃるように水循環の一部の生物に大きな悪影響を及ぼしているのでしょうね。

私はマイクロプラスチックは水循環に限らず、生態系、環境問題のもっとも深刻な問題の一つだと考えています。