FC2ブログ
雑草の言葉

専門農家の作ったミニトマト

2020/07/24
農業 14

 家庭菜園で作った作物を時々職場に持っていって配っていました。特にミニトマトは沢山取れて家では食べ切れないので、毎年夏は職場に持っていって色々な方に配ってました。

 何年か前のある夏の日、事務の女の子が、

「いつもミニトマトを頂いているから、今日は私が差し上げます。祖父が農家で、専門でミニトマトを作っているから・・・」と言って、小箱に入ったミニトマトをくれました。プロの作ったという自慢のミニトマトを是非食べて見たいと、待ちきれずに家に帰る前に箱を開けて見ました。形もよく、パンパンに張って、色も綺麗な赤で、流石「プロ」の作ったミニトマトって感じでした。

 早速一粒口に頬張ると・・・ん・・・何か味がしない・・・味が薄過ぎて水っぽい・・・まあ、たまたま味の薄いのを口に入れたんだろうと、その一つを食べ終えてもう一つ口に入れると・・・やっぱり味が薄い・・・次の一つもその次も・・・・

 頭の中にはある物質の名が浮かんできました。「窒素」。窒素化合物の肥料を多めにやれば実がどんどん早く立派に育ち見掛けは良いけれど、それだけでは味が薄いし栄養も少ない・・・という話を何度か書物等で読んだ記憶がありました。 見掛けは我が家の家庭菜園のトマトよりも立派ですが、味が全然ダメです。 家族に食べさせるには忍びないので、その場で味のない水っぽいトマトを我慢して全部食べてしまいました。

 光合成をちゃんとしてないのに合成窒素肥料で急速に膨らませたのでしょうか?連作で、畑の土の中の味を美味しくする成分がなくなってしまったのかも知れません。・・・カリウムやリンをはじめとする微量元素のミネラル(金属元素)不足でしょうか?

 よくもまあ、こんな味のないトマトを作って出荷しているものです。農家としての誇りはないのでしょうか?

 他の素人の家庭菜園で作ったミニトマトを頂いて食べた時は、私の家で作ったミニトマトよりおいしい場合もあり、味を比べる楽しみもあり、作り方や肥料なども参考にお聞きしてましたが、今回頂いた「プロ」の作ったミニトマトは、明らかに私の栽培している有機無農薬ミニトマトよりも不味く、比べ物になりませんでした。

    家のミニトマト スカットパール
   家で採れたミニトマト〜色や形はあんまり良くないけれど・・

                  

 他の農家の作ったミニトマトについては何とも言えませんが、現在の肥料にはいろんなミネラルを含んでいるものもあり、味を売りにした高級な拘り栽培ミニトマトでなくとも、美味しい農家のトマトも沢山売っている筈だと思いたいものです。このトマトの生産者は、20代の事務員さんの祖父と言う事ですから、昔は、窒素肥料を大量に使わないで、自前の有機肥料で栽培していた時期もあったのではないでしょうか?プロなのに長年窒素ばかり使って味の違いが分から無くなってしまったのでしょうか?・・・確かに私も自前のミニトマトばかり食べているので、売ってるミニトマトの味は忘れていました。・・そう言えば、ホテルなどのバイキングでとって食べたミニトマトも味が薄かったけど、こんなに酷かったかな?

 「質より量」を優先しているのでしょうか?栄養豊かな美味しいトマトを出荷している農家さんもいる一方、こんな見掛け倒しの不味いトマトを出荷している農家もいるのです。



 このトマトを下さった事務の方には、頂いた時に喜んで御礼しましたが、翌日、「美味しかった」とは言えず、話題にしませんでした。・・流石に「不味かった」とは言いませんでしたが・・


 江戸時代や戦前の農作物の方が、有機無農薬で美味しかった・・・と言う話も聞いていましたが、それを実感した出来事でした。植物の栄養の仕組みも解明されて、品種改良もされて、色んな肥料が開発されている現代のプロの農家の農作物の方が不味いって事が全然珍しい事ではないようです。

関連記事

Comments 14

There are no comments yet.

団塊親爺の遺言

土も私たちも生きて居る

 お久しぶりでした
雑草の言葉を又見られ嬉しい限りです今後ともよろしくお願いいたします 

私も無農薬十七年目 日本農林規格の天然粉と米糠だけで様々な食べ物(主に果実類)の栽培をし自然の味を楽しんでいます 初めは病害虫に遣られ焼いたりしましたが 近頃はさっぱり病害虫が来ず 寂しい日々・・
生物が健全に生きると抵抗力や免疫が最大限発揮され病害虫を寄せ付けない働きをするんですね 自分は人生に於いて散々、騙される事も経験し 自分の眼で確認する事が大切なのだと云う事を知り生きて来ました 
今のウィルス問題も薬剤礼賛の世界は大騒ぎです 薬剤がなければ育たない食べ物しか摂れない世界 本来、地球は微生物や細菌類で造られ 私たちの身体も同様です

今の農業は除草剤に始まり農薬漬けの食べ物だらけ 物凄い数の薬剤が産まれ 訳の判らない病気が増えています 私の様に薬を滅多に飲まないと薬剤企業は困るが 薬剤礼賛の風潮も困ったものです 
皆が健康になると困る世界が出来ているのかな・・
  

2020/07/24 (Fri) 04:13
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 土も私たちも生きて居る

団塊親爺の遺言様  またコメント頂き、有難う御座います。

 私は有機無農薬家庭菜園を始めて11年目ですから、団塊親爺の遺言さんの方が有機無農薬作物栽培に関しては先輩ですね!!
 米糠は非常に栄養豊かで、ミネラルも豊富に含んでいますから、作物栽培には最適の有機肥料ですね!
更に団塊親爺の遺言さんのところの天然粉はおそらく、自然界に不足しがちなカルシウム分を主としたミネラル分をかなり豊富に含んでいると考えられます。
 私は昨年までは、米糠以外に油粕なども使っていましたが、今年からは団塊親爺の遺言さんを見習って
油粕を用いず米糠中心に切り替えました。他に使うのは貝殻、炭などです。天然粉もまた使わせていただこうかと考えています。

> 生物が健全に生きると抵抗力や免疫が最大限発揮され病害虫を寄せ付けない働きをするんですね

そこのところ、非常に重要と考えます。現代社会は人も家畜も作物も薬剤を使い過ぎですね。大手製薬・農薬会社によってわざわざ多く使わされるように仕向けられていますね。そして、逆に病弱になっています。必要最小限の量は現在の使用量のほんの数%でしょう。
お互いこれからも人工的な薬剤はできるだけ使わずに、有機無農薬を続けて健康に暮らしましょう。
今後ともよろしくお願いいたします。 


2020/07/24 (Fri) 08:30

東京珈琲

資本主義により野菜の味はどう変化したか

野菜は大量生産、輸送、見えない消費者により不味くなりました。スーパーマーケットの進出により量り売りの八百屋が消えた事に起因すると考えます。

収量が多く、輸送に耐え、見た目が綺麗で日持ちがする。そのように品種改良された野菜において食味は二の次にされることはよくあることです。重ねて栽培の面でも仰るように窒素過多、それも化成肥料ですから味が乗るはずもありません。それと薬剤により土壌生物の多様性が失われ死んだ土と化し、病気が蔓延り負の連鎖。これは農家の無知が成せる業。対処療法的思考が治らない限り脱するのは困難でしょう。

対面販売なら可能である野菜の説明がスーパーマーケットでは出来ず、そのせいで野菜の画一化が進み、本来ならその土地に根付いた在来の美味しい野菜があったのに消え失せ、品種改良された皮の固くて鮮度が落ち味が無い胡瓜が真冬に全国何処に行っても長さ20㎝で売られているのです。消費者がスーパーマーケットの何でも売っているという利便性を求めるあまり八百屋は潰され、売れなくなった個性的な美味しい野菜は生産されなくなっていくのです。
農家も自分が作った野菜が何処の誰に食べられているとも知らないので不味かろうが関係ないのでしょう。遠くの見えない消費者を考えるより金が入れば良いのです。

現代の問題の諸悪の根元は大体資本主義です。金に支配され欲望は膨れ上がり無駄な消費の為に人生の大半の時間を費やしまさに資本主義の奴隷のような人がわんさかいます。そのせいで環境はどんどん汚染され我々の子供らが生きにくくなっていく。

消費者には今一度未来に生きる子供らの為に、スーパーマーケットではなく別の近場で有機の美味しい野菜を買って食べてほしいものです。

2020/07/24 (Fri) 19:22

guyver1092

有機栽培

 若いころ、家の食材を生協に換えたとき、野菜の(特にホウレンソウ)の甘さに驚きました。
 ニンジンの種を買って庭で作ったこともありますが、その甘さは、生協のニンジン以上でした。

2020/07/24 (Fri) 20:49
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 資本主義により野菜の味はどう変化したか

東京珈琲さん

売っている野菜の味の変遷、原因について良く研究されてますね!驚きです。
やはり野菜は不味くなっており、その原因が
>スーパーマーケットの進出により量り売りの八百屋が消えた事

と言う事を説明され、更にその根本原因が
>資本主義

と言うところまで言及されているのはお見事です。

現在農業に携わっていらっしゃる身の東京珈琲さんとしては、

>スーパーマーケットではなく別の近場で有機の美味しい野菜を買って食べてほしいものです。

の為に、当事者として農業にどのような変革を考えていらっしゃるのでしょうか?
東京珈琲さんの作った作物を食してみたいです。

2020/07/24 (Fri) 21:23
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 有機栽培

guyver1092 さん

生協は有機野菜を売っていると言う事でしょうか?

>ニンジンの種を買って庭で作ったこともありますが、その甘さは、生協のニンジン以上でした。

人参も、プロの農家の作ったものより、素人のguyver1092 さんが作ったものの方が旨かったと言う事ですね?!

農業は最も大切な仕事だと思いますが、不味くて栄養も不足し、エネルギー浪費、農薬漬けの野菜を作るような農家は情けないですね!?
それは、現代資本の要求なのでしょうが、
不味いだけではなく持続可能ではない現代の農業形態は、やはり大きなハードランディングを引き起こすでしょうね?!
有機無農薬農業なら、生態系をもっと豊かにできるんですけどね。
やっぱりこれからは有機無農薬ですね。ヨーロッパでは日本より遥かにオーガニックに対する意識は高いですね。

2020/07/24 (Fri) 21:39

東京珈琲

Re: ☘雑草Z☘ 様へ

農業の未来について望むこと。

まずプランテーション、モノカルチャーを極力排除する事です。大規模に単一作物を栽培するとどうしても土壌が劣化します。20世紀最大の環境破壊と言われるアラル海の問題もモノカルチャーによる灌漑用水の為です。
大量に生産することによりコストが下がり安い値段で取引されるようになり、地元の農家はその安い作物と競合しなくてはならなくなり結局負けます。では大規模栽培している農家は儲かるか?というとおそらく儲かってはいないのでしょう。中間マージンの搾取により買い叩かれ補助金無しでは生活出来ないほどです。アメリカの穀物が糞みたいな値段で世界中に売られ、世界中の農家は崩壊しています。穀物が売れないからと綿やカカオ、コーヒーといった食えない嗜好品をプランテーションし輸出して外貨を稼いでしのいでいますがそれで農地が疲弊してどうするのでしょうか。その安い穀物は畜産にも影響し肉の価格も暴落、ファストフードを始め低品質の食料が世界に蔓延り人々の健康をも脅かしています。
元を辿れば石油の大量消費の為でしょう。機械を動かすのも化成肥料も農薬も石油です。石油は金になります。金は腐ることもなく何にでも変換する事が出来ます。その金をかき集めてなにがしたいのか私には理解出来ません。

農産物は地産地消に限ります。輸送コストも中間マージンも少なく、適正な価格で売られれば農家も儲かるようになるでしょう。地産地消であれば大規模に単一作物を作る必要は無くなります。問題は人口密度の高い地域は無理ということです。ですが人口密度が高いというのはリスクでしかないということをこの新型コロナで痛感したのではないでしょうか。人々が田舎に返り家族経営の自給自足的小規模農家が増えることを期待します。

現在はグローバル化という世界が画一化に向かって進んでいます。その方が大企業が単に儲かるからでしょう。しかし自然というのは画一化は望んでいません。何かが多くなればそれを抑制しようとする力が働きます。アブラムシが増えればそれを捕食するてんとう虫が増えるように、人間が増えれば疫病が蔓延するように、世界は均衡を保って存在しています。その中で人間も生きるべきです。無理矢理自然を支配するのではなく共生していかなければなりません。それには多様性が大切になります。色んな国や人種、宗教や価値観、その土地に合った種を播き、その土地で循環するように生きていく。中には過酷な環境もあるかもしれません。しかしそこで生きていくこと自体が人類にとって多様性であり意味のあることなのかもしれません。
野菜も多様性が大切で、F1といった画一化された種子は脆弱です。やはり農家自らが種を採りその土地に馴染んだ野菜を作るのが一番強い農業だと思います。循環型の農業で今の人口を支えるにはまだまだ農家の数が足りないと思います。ですので人口の抑制と同時に家族経営の小規模農家の数も増えていくようにすべきです。それが多様性を守ると思います。

林業に関して、今の杉だらけの山はどうも好きになれません。これも結局金になるから植えられたのでしょうが、もはや外国の木材に負けた負の遺産なのかもしれません。家を建てるというのも今となっては無駄な事です。空き家が溢れ返り、なのに外国の木材を使い家を建てるとはどう言うことなのか。
杉だらけで山に食べ物がなく、里には猪や鹿が畑の作物を食べようと毎夜降りてきます。落ち葉を集めようとも周りに針葉樹ばかりで辟易します。管理も疎かになり台風で木が倒れやすくなり土砂災害も起きやすくなります。これが豊かな多様性のある山ならもっと楽しかったに違いありません。

生態系を守り持続可能な農業を目指すアグロエコロジーという概念がありますが、この考えが一つの答えではないかと思っています。

私の野菜も美味しいものもありますがそうでないものもあります。特に今年のような梅雨ですと野菜も病気や日照不足で味が落ちます。野菜食べてもらいたいのは山々ですが、配送により鮮度が落ちる事を考えると地元の野菜の方が美味しいと思いますよ。

2020/07/25 (Sat) 12:37

森の妖精アイ

No Subject

自然農気取りで小さな畑をやっています。米ぬかと油粕を少々、裏山からの落ち葉、ごくたまに食べ物クズの2年もの腐葉土。玉ねぎがチューリップの球根みたい、ジャガイモもニンジンも「虚弱児」みたいなのです。それを友だちにおすそ分けしたら「うちの27歳の息子が野菜嫌いで、それなのにコレは美味いって食べたのよ」。偽物で生かされてる人は気の毒です。人間も偽者になりかねない。

2020/07/25 (Sat) 17:19

guyver1092

生協

 少なくとも、我が家が加入した生協は、加入した当時は、有機野菜オンリーでした。現在は違います。
 ニンジンについては、雑草を抜いて種をまいて、あとは飽きてほったらかしにしていて、ふと思い出して見てみると、一本しか残っていませんでした。この一本もかなり小さく、しかも途中で急に成長したらしく、割れていました。でも、味は最高でした。

2020/07/25 (Sat) 20:37
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 農業の未来について望むこと。

東京珈琲さん
よく、世界の農業の問題点を勉強されてますね。
世界の農業のあり方に対する提言も賛同出来るものばかりです。
東京珈琲さんのような大局的な視野を持った農業従事者が増えれば、日本、世界の農業、食料供給事情も良い方向に向かう事でしょう。

>中間マージンの搾取により

中間マージンのみならず、F1の種、苗や化学肥料、除草剤に殺虫剤に大型の農機具・・・
周辺産業も本当に必要な分以上に肥大して、結果的に農家におんぶしています。

>綿やカカオ、コーヒーといった食えない嗜好品をプランテーションし輸出して

農家は先ずは自分の食べる分以上は食物を生産すべきだと思います。それを阻止して嗜好品を生産させ、主食を買わせるようにしているのも大資本の多国籍企業です。

>元を辿れば石油の大量消費

そうですね。作物栽培は、太陽エネルギーを貯蔵して人間の活動エネルギーとする手段ですが、近代農業は、石油をはじめとする投入エネルギーを回収していないのでは無いかと思っています。それが出来なければ、持続可能な社会にはなれず、石油の枯渇と共に農業も破綻し、文明崩壊をもたらすでしょう。

>農産物は地産地消に限ります。
>人々が田舎に返り家族経営の自給自足的小規模農家が増えることを期待します。
>無理矢理自然を支配するのではなく共生していかなければなりません。
>それには多様性が大切になります。
・・・・
その他、全面的に賛同いたします。

この長いコメントは、是非とも多くの人に読んで頂きたいので、最後の段落3行を除いて添削してここの記事に致しませんか?


追伸

>配送により鮮度が落ちる事を考えると

はははは、野菜を送って頂こうなんて考えてもいませんでしたよ。
そんなら、コロナ騒動が落ち着いたら、縮小社会研究会とかエントロピー学会とかに行きますので、
次いでに君のところに回りますので、自慢の作物を食べさせて下さい。
勿論、F1で無い、君が種取りした固定在来種の京都の伝統野菜を食べさせて下さいませ。

2020/07/25 (Sat) 21:48
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 森の妖精アイさん

> 自然農気取りで小さな畑をやっています。

私もです。同志ですね!

>米ぬかと油粕を少々、裏山からの落ち葉、ごくたまに食べ物クズの2年もの腐葉土。

とてもいい有機肥料の組み合わせだと思います。裏山があるのが羨ましいです。
米糠は精米所で只でいくらでも手に入りますが、油粕は購入してました。見掛けから米糠の方が窒素分が多くミネラル分は少ないように感じていたのですが、調べると逆で、米糠の方が成分的に有機肥料として優れているようですので、今年から実験的に油粕は買わない事にして、只の米糠メインでやってます。

>玉ねぎがチューリップの球根みたい、ジャガイモもニンジンも「虚弱児」みたいなのです。

微笑ましいですね。それでも美味しいのが素晴らしいです!

私の大きな拘りは、自家採取の種から育てると言う事です。つまり、f1品種は使わないと言う事です。

森の妖精アイさんが種採りしていないのであれば、よろしければ来年まく分の固定種の種を採ったらお裾分けしますよ。

2020/07/25 (Sat) 22:24
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 生協

guyver1092さん

>少なくとも、我が家が加入した生協は、加入した当時は、有機野菜オンリーでした。

素晴らしい生協ですね!そう言えば、槌田敦さんの息子さんも関東地方の特別な生協にお勤めで、化学的な何かを調べてました。

>ニンジンについては・・・ほったらかしにしていて・・・割れていました。でも、味は最高でした。

すごくわかります。私も似たような経験をしています。・・・てか、guyver1092は飽きたとのことですが、
私はズボラで毎年そのような状況に陥ってました(笑)毎年春には欲張って沢山植えてるのが負担になって・・・(笑)

2020/07/25 (Sat) 22:35

東京珈琲

Re: ☘雑草Z☘ 様へ

私の書いた文はすべてこのブログに既に書かれたことを羅列したに過ぎません。私は雑草の言葉信者です。オリジナリティは存在しないです。文章も読みにくいのは分かっていますし、わざわざ記事として掲載する必要はありません。

京都に来る際は連絡お待ちしております。

リクエストなのですが、今なにかと熱い三峡ダムの記事をまた書いてください。

2020/07/26 (Sun) 03:15
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: Re: ☘雑草Z☘ 様へ

東京珈琲さん

君の書かれた壮大なコメントは、思想的には大方私のものと同じですが、
具体的内容は君のオリジナル文章ですよ。
その証拠に私の知らなかった知識や使わない言い回しも含まれています。
それに私の記事だって、多くの参考文献がありますし、思想だって全てオリジナルではありません。
槌田敦さんやビルトッテンさんはじめ、いろいろな方の思想に大きく影響を受けております。
兎も角、件のコメントはオリジナル記事として発表しても恥ずかしく無い立派な記事ですよ。

2020/07/26 (Sun) 09:16
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
農業