雑草の言葉

アスファルトからアスパラガス

2020/07/26
雑草の映像 4

 数年前から、家の門とそのすぐ横の電柱の間から、アスファルトを破ってアスパラガスが生えるようになりました。かつて世間で流行った言い方をすれば、根性アスパラ』です。

 最初は驚きました。『根性大根』とか聞いたことがあったし、雑草が舗装道路から生えてくるのは普通によく目にします。ちょっと凄い花が生えていたのは以前記事にもしました【根性鶏頭2012-10-29(Mon)。 確かにケイトウの時も、想像を超えた珍百景でしたが、アスパラガスは更に珍百景に感じます。

 アスパラガスは地下茎で増えますので、最初に出てきた年から毎年この場所に出てきます。何処から種がやってきたのか不思議です。推測は難しいのですが、勝手に、近所の毎朝犬を連れて散歩している小澤さんの所の犬の糞にでも種が含まれていて、電柱の脇に種入りの糞を落として行ったんだろうと言うことにしています。肥料も全然あげてませんでしたが、その小澤さんの犬が、肥料として糞尿を時々かけてくれているんだろうと、これまた勝手に想像しています(笑)。ここにアスパラを生やして下さった事に感謝しております。最近は、そこに米糠とかの有機肥料を撒くこともあります。

 毎年他の雑草と共にいつの間にかアスファルトから出ています。採る時期を逸して長く伸びて枝分かれしたものは、そのままにしておけば葉を広げ、光合成をして地下茎を育てるし、その後枯れれば腐葉土になって行くので、塀と電柱との間には 土=腐葉土 が少しずつ溜まってきました。


電柱と門に挟まれたアスパラ

電柱の上の方まで高くうっそうと茂っているのは
育ち過ぎて枝分かれして、葉を広げたアスパラガスです。
これが地下茎を育てます。

電柱と門の間のアスパラ

手前の食べ頃の1本は写真撮影後に収穫いたしましたが
他に5、6本見える茎は全て、上の方まで高く伸びて枝分かれして葉を広げ、
地下茎を育てています。これで来年も出てくること間違いなし。


 収穫して食べるのかって?・・・それは勿論。茹でたりして食べています。今年も1回に1、2本ずつ回くらいは収穫しました。八百屋で売っているアスパラよりは細めで固めですが、味はいいです。何せ、犬が肥料をかけてくれてますから・・・犬の尿は汚くないかって?・・・そんなこと気にしてはいけません。そもそも、犬がそこにおしっこしている現場はまだ目にはしていないので、尿をかけている事はあくまで想像の範疇です。・・・時々通行人も折って持っていくようです。きっと珍しい物を見つけた感動で、持って帰って食べるんでしょう(笑)

 毎年門の横のアスファルトに生えてくるアスパラガスは素敵です。


にほんブログ村 環境ブログへ
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

でなしNo.146

ほのぼのしました

お久しぶりです!
根性アスパラ素敵ですね〜

小澤さんのワンちゃんの犬の糞を持ち帰らないスタンス(あくまで、想像…)は褒められたものではないですが、適切に土に埋めたりしてくれればむしろ肥料の供給という意味で歓迎すべきことなのかもしれません。

また、通行人も持っていくとのことで、どんな気持ちで持っていくのかちょっと理解ができないのですが、美味しく食べてくれるのが、アスパラ冥利につきるって感じでしょうか笑

ほのぼのとした読後感で朝からひと笑させていただきました。

2020/07/26 (Sun) 08:16
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: ほのぼのしました

でなしNo.146 さん
 突然の、お久しぶりのご訪問、有難う御座います。当ブログは4年間も閉店休業状態だったのに
ごく最近になって、またかつての常連の方々に訪問して頂き嬉しい限りです。

でなしNo.146 さんのコメントを読んで、記事に誤解を受ける書き方が何箇所かあるのに気付きましたので変更させて頂きました。更に写真にも説明文を添えました。

 先ず、小澤さんは責任感の強い方で、必ず犬の糞を持ち帰っています。逆に「そのままにして行って下さい。肥料としてアスパラガスの根本に置きますから・・・」って言っても持ち帰ったことがあったのを思い出しました。つまり、彼の犬の糞に種が含まれていてそれが発芽した・・ってのは残念ながら間違った推測であったようです。せめて電柱におしっこくらいはかけて行って欲しいものです(笑)。
 余談ですが、小澤さんは、かつては原発推進派でしたが、3.11原発震災を受けて、責任を感じて現場のすぐ近くまで出向いて、放射能を浴びながらも対策に尽力した尊敬出来る方です。他にも色々活躍された方で、今でこそ引退して犬の散歩をする毎日ですが、お家にお邪魔して現役時代の興味深いお話をお伺いしたこともあります。記事にしたいような素晴らしいお話でした。だから、敬意を込めて実名を出させて頂きました。

 それから、通行人がアスパラを折って持って行った形跡を最初に見つけたとき(数年前)は、持って行かれる前に収穫すれば良かった・・・と悔しく思いましたが(笑)、私の家の門の横とは言え、公共の道路ですから、誰が持っていこうが私が文句を言う筋合いでも御座いません。それにあのような怪しいアスパラを見つけてしっかり収穫していくような方々には親近感を覚えるのです。

2020/07/26 (Sun) 10:05

東京珈琲

アスパラの初期生育は非常にひ弱なのでその環境でここまで大きくなるのは凄いですね。恐らくアスパラの実を食べた鳥が電柱の上から糞をして生えてきたのでしょう。
家の近くの電柱下のアスファルトの割れ目にヤマゴボウが生えているのですが、それも鳥の糞由来だと推測しています。
以前畑の近くの山の中にトマトが生えていたことがあり、なぜこんなところにと思ったのですがカラスがトマトを食べるのでそのせいだと気づきました。
鳥と植物の共生関係は良く出来ています。

2020/07/26 (Sun) 21:41
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

作物・生態系の事に精通されてますね。流石です!

> アスパラの初期生育は非常にひ弱なのでその環境でここまで大きくなるのは凄いですね。

アスファルトで覆われた土地で、しかも塀の北側で肥料も与えなかったにも関わらず育ったのは、
根性雑草が腐葉土を作ってくれていた事と、アスパラガスに気付くのが遅く、
アスパラガスが伸びきって枝分かれして葉を広げて光合成出来たからだと思います。
更に雨の多い今年は別としても、昨年までは水もろくに与えなかったのに枯れなかったのは、
アスファルトで水の蒸発が防げたからかと思います。

>恐らくアスパラの実を食べた鳥が電柱の上から糞をして生えてきたのでしょう。

ご指摘を受けて気が付きました。きっと間違い無いでしょう。あの電柱の電線には、毎日沢山の鳥がとまって居ます。
特に最近はカラスが沢山止まっている事が多く、アスファルトの上に沢山糞を落として汚くなっています。
槌田敦さんの本などにも、植物の生えて居ない岩場に最初に種子植物が生えるのは、鳥の糞によるところが大きいと書かれて居ました。
私も砂漠化した土地や禿山の再生には、鳥に食べさせて糞をさせる方法が効果的だと思って居たのに、何故気が付かなかったのでしょう?
砂漠化した土地や禿山の緑化実験をアスファルトの上で成功したと考えていいでしょう(笑)

現場を観てない東京珈琲さんが長年の私の疑問を一瞬で解決しましたね!!農業と生態系を良く研究されてますね!

> 鳥と植物の共生関係は良く出来ています。

おっしゃる通りです。

2020/07/26 (Sun) 23:56
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
雑草の映像