FC2ブログ
雑草の言葉

水循環 その1

2020/07/28
都市/文明 5

この記事は、ここ<雑草の言葉>の休止以前からの常連さんで、復活後、最も沢山コメントを下さっているHN guyver1092氏に依頼して寄稿して頂いた記事です。

 地球は水の惑星です。地球上の生命は水のなかで生まれました。地球上の生命で、構成物質に水を含んでいないものは存在しません。地球は水循環により地表の排熱(エントロピー)を宇宙空間に捨てることにより、生命の存在できる環境を維持しているのです。排熱を捨てるといってもピンとこないでしょうが、熱中症を考えてください。熱中症は人間の生命活動によって生じた排熱を捨てることができなくなるから(環境の温度が上がりすぎて)なるのです。生きている地球も同じで排熱を捨てることができなくなると死んでしまうのです。

生命はこの水循環によってもたらされた水を利用して生きています。植物は水と二酸化炭素で光合成をおこない、動物は植物を食べ、動物の死骸は微生物により分解され、植物の栄養となって地表を循環します。地球上の生き物に係わる物質循環は、水循環に依存しているのです。

森林は水をため込んでいます。森林に降る雨の何割かは、森林から蒸発した水分です。森林は水循環に大きな影響を及ぼしています。

https://www.ffpri.affrc.go.jp/snap/2015/8-shadanj.html


しかし、人類は歴史的に見て、文明化するとほとんどの場合、水循環を破壊してしまい、文明の没落という結果を招いてしまっています。

最初に紹介するのは、ノアの箱舟伝説の原型のメソポタミア文明です。この文明は森林と沼地を開墾し、主に麦類を栽培し、沼の多い湿度の高かった大陸を乾燥したものに作り変えました。しかし、完全に水のない状態では、農業はできません。彼らは、川の水を引いて灌漑を行ったのです。しかしこの川の水というものが曲者で、なんと塩分を含んでいたのです。

http://histori-ai.net/archives/1298


また、川の水以外にも、灌漑の技術によっては、地下水を地表に吸い上げてしまうのです。地球上の土地はかつて、すべて海底でした。地下水には、塩が含まれているのです。結果として、メソポタミアの地は塩の平原と化してしまいました。そして、麦が食料というのも不幸なことでした。麦は、必須アミノ酸が含まれておらず、肉を多く食べる必要があります。そして肉を得るために森林に家畜を放し、栄養分を収奪した結果、荒れ地に換えてしまったのです。

結果として、メソポタミア人は数千年の時間をかけ、水循環を破壊し尽くし、水の多い森林を砂漠に作り変えてしまい、自ら没落してしまったのです。

その他、古代インド、ローマ帝国の穀倉地帯であった現在のチュニジアも、似たような過程を経て砂漠に作り変えてしまい、それぞれ没落しました。


ギリシャ文明は、交易のための貨幣の銀を精錬するため、森林を燃やし尽くしてしまいました。結果として文明は没落し、今なおその痛手から抜け出せず、エーゲ海はプランクトンも魚も少ない海のままです。


【水循環 その2】へ続く

にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ
関連記事

Comments 5

There are no comments yet.
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

No title

 古代文明の多くは砂漠化で幕を閉じたと言われてますが、それは水循環の破壊による水の枯渇がもたらしたものですね。この記事でその事を再確認できました。
  現在、7月下旬にも関わらず、日本各地で大雨が続いており、私の住む地域では今現在、大雨警報や洪水注意報が出ています。日本は季節にもよりますが、全体的に水は洪水を起こすほどにあり余っているように感じてしまいます。日本は非常に水に恵まれた国です。だから最近は治水の問題は考えてましたが、枯渇問題は考えておりませんでした。
 一方、世界の多くの地域では歴史的に水は不足してきましたね。砂漠化は過去の問題では無いでしょう。更に現代は、マイクロプラスチックなどによる水の汚染も非常に深刻な問題です。これから、気候変動で水環境も大きく変わってくるでしょうが、砂漠化はこれから更に大きな問題になるのでしょうか?近い将来水に関してどんな問題が顕著になっていくのでしょうか?水環境に関してだけでも大きな問題が山積みです。

2020/07/28 (Tue) 18:08

guyver1092

水資源

 水という資源は、生物としての人類にとって最も重要であるとともに、代替物のない資源です。考えなしに開発し続けて、最重要資源である水の確保を保証する水循環を破壊して古代文明は滅びましたが、現代人の愚かさも古代人並みで、今なお、水をおろそかにしています。このまま悔い改めずにいると、確実に文明崩壊は来るでしょうね。

 

2020/07/29 (Wed) 22:54
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

>現代人の愚かさも古代人並み

そうですね。いや、科学技術によって自然を支配してやろうと考える輩の多くなった現代人の方が傲慢な分、愚かさも古代人以上だと思います。

>このまま悔い改めずにいると、確実に文明崩壊は来るでしょうね。

過去の愚行は痛いほど解っている筈なのに、強欲が勝ち、同じ過ちを繰り返している現代人です。悔い改める日は文明崩壊の日に間に合いそうも無いのが怖いところです。

2020/07/29 (Wed) 23:22

guyver1092

間に合わない

 考えようによっては、現在の失敗国家と呼ばれる国々が、文明崩壊の初期症状ではないかと気もします。それらの国がその国の責任において失敗したのではなく、拡大再生産という前提を無条件に信仰した結果、立場の弱いものが失敗したのではないかとの推論です。

 エーゲ海について、リンクを貼り忘れました。追加します。

https://ameblo.jp/maizo0414/entry-12420721061.html

https://ameblo.jp/22423an/entry-10435572361.html

2020/08/01 (Sat) 20:10
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 間に合わない

>  考えようによっては、現在の失敗国家と呼ばれる国々が、文明崩壊の初期症状ではないかと気もします。それらの国がその国の責任において失敗したのではなく、拡大再生産という前提を無条件に信仰した結果、立場の弱いものが失敗したのではないかとの推論です。

仰る通りです。拡大再生産は文明崩壊に繋がりますね。21世紀は縮小に向かわなければならないはずなのに、いまだに拡大再生産に捉われているようじゃ間に合いませんね。

>  エーゲ海について、リンクを貼り忘れました。

このリンクを見ると、エーゲ海が美しい理由を書いていますが、美しいと言うよりも死に掛かっている海というべきなのかも知れません。

2020/08/01 (Sat) 21:16
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
都市/文明