雑草の言葉

千年どころか十年でボロボロの三峡ダム

2020/08/29
公共工事 4

世界最大の水力発電ダムである中国の三峡ダムは、現在決壊が懸念されています。

 建設が始まった1993年当初、中国政府は「千年はもつ」と豪語していました。しかしその後数々の問題が発覚して2009年の完成前までに「百年はもつ」にトーンダウンされました。そして完成から十年ちょっとしか経ってない現在、既に上流から流れてくる砂礫で埋まり、ダムがだんだんと機能不全に陥ってきています。今年の豪雨のピーク時には警戒水位を最大16mも超え、放水しても貯水量に追いつかないと言う時期が続きました。決壊の危機です。長江上流域の大雨により820日に流れ込む水量は、過去最大規模の75000㎥/秒 にまで達しました。今にも決壊しそうです。もし今年持ち堪えたとしても、気候変動で豪雨が増え、ダムには砂礫が溜まって、貯水可能量が減って来ている現在、決壊の可能性は年々高くなっていくばかりでしょう。

 世界で行われている、若しくは既に行われて来た巨大開発、巨大土木事業は殆ど全て失敗であると考えている私は、日本のすべてのダムの貯水量よりも多い貯水量の三峡ダムも、建設最中から非常に恐ろしいと思い、早く中止にすべきだと考えて来ました。完成前の2007年に記事【超巨大ダムの恐怖】で書きました。しかしまさかこれほど早く使い物にならなくなったばかりでなく、決壊の危機に陥るとは思いませんでした。

 これは詐欺と言っても過言ではないでしょう。日本の原発同様に、利権に群がって、強引に推進して来た連中の誰も責任を取ろうとしません。役に立たないばかりか非常に危険だと言う理由で反対して来た「水利事業の良心」と称えられる人物[黄 万里 氏]の警告を無視するばかりか、犯罪者扱いして、強制労働に追いやってまで、推進して来たのです。

 ここで、三峡ダムの大きな問題点を列挙させていただきます。

.汚職の温床となり、総工費の約17%が汚職や賄賂に使われ、手抜き工事が行われた。コンクリートの品質も粗悪材料が使わたので、「おからダム」(豆腐のおからのように脆いダムと言う意味でしょう。)と揶揄されている。

.百十万人が立ち退きを迫られ、強制的に荒地に移住させられ貧困化した。

.一千カ所以上の美しい景観と文化財が水没させられた。

.川の生態系が破壊された。その典型例が揚子江河イルカの絶滅。(絶滅したと言われた2006年当時、その原因は中国の工業化による水質汚濁や船舶が増えてイルカがぶつかることが多くなった・・・と、説明されていましたが、主因は三峡ダムでしょう。)

.三峡ダムの周辺地域で、崖崩れ、地滑りが頻発している。ダムの完成後は大地震が次々に起きている。ダムによって地盤に大きな歪みが生じた事が原因とされている。

.溜められた膨大な量の水が蒸発して大気中に留まり、濃霧、長雨、豪雨など発生するようになった。つまり周辺の気象現象にまで悪影響を及ぼした。

.上流から流れてくる砂礫でダムが機能不全に陥りつつある。貯水はヘドロ状になっている。ヘドロやゴミや雑草がダムの水門を詰まらせている。

 .、6.のように地盤や気象への影響は、専門家でなければなかなか予測はつけられないかも知れません。(実際にそれらを危惧して上申書等を提出した学者もいました。)しかし他の問題点は、素人でも考え得る問題で、事前にしっかり調査するべきでした。何故それをやらなかったかと言えば、利権優先で、「開発工事ありき」だからでしょう。

 私が全ての巨大土木工事、巨大開発に反対である理由は、自然が長年作り上げて来た地形・風土に、人間が適応できるように取り組んで少しずつ作り上げて来た自然との共生の地域社会を大きく取り壊すからです。

 巨大土木事業は、工事を進めている段階で取り返しのつかない問題点が次々に起きて来ました。かなり綿密に計画しても予期せぬ問題が起こるのに、現代の、利権の為の巨大土木事業は、慎重さに欠けるばかりか、手抜き工事も日常茶飯事の当たり前です。そんな巨大土木工事がうまく行く筈もありません。

 今のところ上手く行っている思い付く例は、パナマ運河くらいでしょうか?万里の長城は作られてから長い期間持ちこたえてますが、目的が開発とは別のところにありました。

 驚くことに、中国では、三峡ダムよりも巨大な土木事業があります。【南水北調】です。そして更に巨大な【西部大開発】まであります。万里の長城のように中国は巨大な建造物・巨大公共事業が大好きなのでしょうけれど、文明共々崩壊する前にやめて置くべきでしょう。

 巨大土木工事、巨大開発 は間違いなく文明崩壊を加速させていくでしょう。


<参考記事>

Newsweek 中国「三峡ダム」危機 201773

Newsweek  中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る  202076

Newsweek 中国・三峡ダム危機  2020824



 

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ    
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

guyver1092

ダム

 もともとダムというものは、水質、地質等から考えると、適地がほとんどないというのを読んだことがあります。覚えている範囲では、流れる水に土砂の量が少ないこと、周りの地質が水につかることで弱くならないことです。日本のダムもこのような基準を満たしているところはほとんどなく、何らかの問題を抱えているそうです。
 三峡ダムについては、反対派の学者が10もの予言をして、そのうちの9まで的中しているとの事です。残りの一つは、三峡ダムを爆破せざるを得ないのみだそうです。

2020/08/31 (Mon) 21:06
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: ダム

guyver1092さん

>日本のダムもこのような基準を満たしているところはほとんどなく、何らかの問題を抱えているそうです。

日本のダムもそのうち壊して河川復旧・・・って話も出てくるでしょうね。まあ、三峡ダムと比べれば被害は微々たるものでしょうけれど、それでもかなり大変です。

>  三峡ダムについては、反対派の学者が10もの予言をして、そのうちの9まで的中しているとの事です。残りの一つは、三峡ダムを爆破せざるを得ないのみだそうです。

それは、 水利学者、清華大学の故・黄万里教授の言葉でしょうか?
おそらくその最後の予言も当たるでしょうね。あと5年も持たない可能性が高そうです。
建設に16年くらい費やしたようですので、建設した期間よりも短い運用で取り壊しでは話になりませんね。
費用対効果が破綻しているばかりか、流域の地域に多大な損害を与えることになるでしょうね。
下流の水害ばかりか、日本海にも大きなダメージを与えるでしょうから日本も被害を被るでしょうね。
三峡ダムは間違いなく文明崩壊を加速させましたね。酷い話です。


2020/09/01 (Tue) 19:49

guyver1092

Re: Re: ダム

 日本のほとんどのダムは土砂が多く、延々と浚渫を続けなければならないようです。もうどこかは忘れましたが、地質学者に、「ここにダムを作ると、辺りの土地が崩壊する」と警告されたにもかかわらず、ダム建設を強行して、延々と土地のひび割れを工事しているところもあるとか。
 日本で、唯一ダム撤去となた川があって、そこでは、天然ウナギの漁獲量が10倍になったそうです。
 そうです。黄万里氏です。あと五年持たない可能性があるとは驚きです。
 三峡ダムが決壊した場合、黄海はおろか、日本まで漁業資源に相当な影響があるとの記事を読んだことがあります。致命的ことにならないうちに、影響が最小になるよう撤去するのが、最高の選択肢なのでしょうね。

2020/09/02 (Wed) 20:14
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: Re: Re: ダム

>  ダム建設を強行して、延々と土地のひび割れを工事しているところもあるとか。

とんでも無い事ですね。そうやって、工事完成後も延々と土木工事を行って土建屋にお金を流し続けるのが古き悪しき土建行政ですね。

>  そうです。黄万里氏です。あと五年持たない可能性があるとは驚きです。

あと5年と言うのは現状からみた私の推測で、黄万里氏の予言は、

>「もしダムを強硬に建設したら、10年もたないだろう」と警告した。

です。三峡ダムの完成は一応 2009年ですから、昨年2019年まで持たないと予言したわけですね。
中国の「水利事業の良心」と称えられる 黄万里氏 は極めて優れた水利学者だったんですね。
本文最後に載せた<参考記事>のNewsweek 中国「三峡ダム」危機 2017年7月3日の最後のページに載ってます。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/---5_3.php

2020/09/03 (Thu) 00:07
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
公共工事