FC2ブログ
雑草の言葉

アサガオ庭に蔓延る

2020/10/23
作物、畑 2
 家の裏庭の雑草だらけの家庭菜園では、毎年、5月の連休前に、畝に米糠や炭などを入れて整備しています。
その頃はまだ生えてくる雑草も小さくてかわいいものです。畝を作る時はスコップなどで、芽生えた植物は殆ど一緒くたに掘り起こして土に埋め込みます。いろんな雑草が生えて来ますが、その中で特に沢山生えて来て、いつも抜くのに気が引けるのがアサガオです。綺麗な赤紫色の花の咲く朝顔です。

朝顔一輪

 5月の連休の頃から、ポットに種を蒔いて育てた作物の苗を畝に定植していきますが、勿論、その後も多くの雑草同様にアサガオも次々に生えて来ます。見つけたアサガオは全て抜かずに花が咲くようにと少し残します。それが積りに積もって、気づいた時には赤紫朝顔の蔓だらけになってしまいます。
 今年は心を鬼にして梅雨前のアサガオは殆ど抜いた積もりでした。しかし、今年の梅雨は早く始まって長引いたので、梅雨の期間に沢山の朝顔が芽を出して、例年以上に、アサガオが蔓延ったようです。ご覧の通りです。これでも99%以上のアサガオの苗は抜いた積もりでした。

朝顔蔓延る1

  以前、強くて毎年生えてくるから大丈夫・・・とケアをしなかったら生えて来なくなった植物が何種類かあります。ケイトウ、フウセンカズラ・・・これらの植物のように、赤紫アサガオが家の庭で絶滅して欲しくはないのです。そんな訳で、いつもアサガオを抜く手を抜いてしまいます。

 よく観察すると、アサガオの新芽は、5月頃から次々と連続的に発芽し続けているようです。9月になってもまだ出て来たばかりの小さな苗がありました。これは今年咲いた花が受精してこぼれた種から発芽したのでしょうか?
 来年は梅雨明けぐらいまでは、アサガオを抜き続けようと決めました。
 朝顔も何がしらのコンパニオンプラント・・・一緒に植えて効果のある共存作物・・・になるかと調べて見たら、何と『柑橘類のアゲハ蝶を遠ざける』とありました。・・とほほです。庭にあるアゲハの好きな蜜柑の仲間の木は山椒です。流石にアゲハ蝶の幼虫を駆除してまで山椒の木を守る積もりは毛頭ありません。逆にアゲハには是非とも家の山椒の木の葉に卵を産んで欲しいものです。そう言えば、アサガオが蔓延る以前、家の小さな山椒の木の葉に黒アゲハの幼虫がいて、頗る嬉しかった記憶がありますが、最近は全然見ていません。アサガオのせいだったのでしょう。・・来年は山椒の木の周りのアサガオは全部抜こうと決めました。

朝顔ゴーヤカーテン
ゴーヤカーテンに絡みつく朝顔・・共生?


 今年ひょんなことから、朝顔の苗を買って植えるという人の話を聞いて、朝顔の苗がポットに入れられて売られていることを知りました。花が咲いた苗を朝顔市とかで買う人がいるのは多少納得しますが、小さな苗から買って育てる人がいることには驚きです。種を直接蒔くのとあまり変わらないではありませんか?。家では一切ケアをしなくて放っておいても、種がこぼれて毎年毎年沢山生えて来ます。毎年生えて来たアサガオを、何百、何千と抜いているのに、残った苗が沢山育ち、我が物顔に育ってしまいます。小学1年生の時、学校から全員がアサガオの種を与えられて、家で種を蒔いて「朝顔日記」を付けました。これも育ちやすいからでしょう。・・朝顔でさえも種から育てないで苗を買って育てる人がいるって、とっても変な感じがします。
 現在のようにあんまり蔓延り過ぎてるのは考えものですので、もっと減らそうかと思いますが、これからもずっと庭の赤紫朝顔は絶え無いようにして行きたいと思います。
朝顔茄子
   茄子と共生?するアサガオ

朝顔西瓜
   西瓜と共生?するアサガオ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村




関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

guyver1092

大江戸〇〇事情

 そういえば、大江戸〇〇事情のどれかに、江戸時代の人の朝顔の楽しみ方として、変わり朝顔(だったか?)の栽培があると紹介されていたのを思い出しました。いくつかの種類の朝顔を掛け合わせて、変わった形の花咲かせるのを競うというものです。今でもする人がいるそうで、現在は、遺伝子をいじりすぎて、江戸の昔より咲かせるのがむつかしくなっているとか。

2020/10/26 (Mon) 21:21
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 大江戸〇〇事情

言われてみれば、確かに石川英輔の大江戸シリーズには、朝顔が大流行して品種改良も盛んだった事が書かれていたような記憶があります。
今、蔵書を見直したら、『大江戸番付事情』には、江戸でも大阪でも「アサガホ」が大流行し、庶民は早起きして見物した旨が書かれていましたが、品種改良の事が書かれている『大江戸〇〇事情』は見付けられませんでした。
 江戸時代は労働時間も今よりも少なくて(1日6時間くらい)趣味に興ずる人も多かったそうですから、現代よりも余裕のある生活だったと思います。
 『古き良き時代』でしたね。

2020/10/27 (Tue) 19:28
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
作物、畑