FC2ブログ
雑草の言葉

ホームレスより役立つ仕事

2006/09/10
環境総論 0
今、特に日本では、直接、間接、石油を消費していない仕事はほとんどない。農業、漁業、製造業、医者、教師、その他のサービス業・・・

 ひとつひとつ具体的に説明する気はないけれど、例えば私は現在住んでいる町から30km 程離れた場所に自動車通勤している(自動車通勤はすべきでない・・この事についてはまた別の機会があれば・・)そこそこ燃費のいい私の車でも1往復約60kmで、5リットル弱のガソリンを消費している。アバウトに計算してこれで排出される二酸化炭素の量は15kg。人間一人の呼吸による二酸化炭素の排出量のおよそ100日分だ。通勤だけでだ。その代償を払うだけの仕事を私はしていない。断言する。仕事に行かずに休んで迷惑かけても、大きな目で見れば世の為人の為(笑)。じゃ何故仕事を辞めないかと言うと、自分を含めた家族の為となるーそして、これが、今の(日本の)経済のシステムの本質だ。

 農業だって、今の日本やアメリカは土と太陽と水が作物を育てると言うより、石油で育てているって感じの農業が多い。季節外れの野菜や果物なんか、温室で石油をたいて栽培したりしている!法律で規制しないのが歯がゆい。
 それで日本のエネルギー自給率は、10パーセント以下。まあ、自給率が高ければ、石油を使っていいかと言う話ではないが・・。
 
 ほとんどの職業がそれだけのCO2を排出してまで、する必要がない。というかすべきでない。
 日本で、ネパールやソマリヤの原住民並のCO2排出レベル、即ち人間の呼吸で排出する量の数倍程度しかCO2を排出しない人はどんな人々か考えると、ホームレスの人々などであろう。(特別な金持ちのホームレスは除く)。ホームレスの人々は町を汚すなどととんでもない事をいう人もいるけれど、そんな文句を言う人の方が、よっぽど、町だけでなく、地球を汚している。「ホームレス」とは、その名の通り家がない。住処はその辺から拾ってきた段ボール等。貴重な木材資源をほとんど使わない。家を作る為に東南アジアやツンドラ地帯の木を切り倒さなくて済む。望む、望まざるにかかわらず、自由人で、究極のエコの形に近い。彼等ほど、迷惑をかけてない人が他に日本に何人いるであろうか?・・・
 ニートだって、他の職業人より、資源を浪費していないであろう。頑張って働いている人の方が偉いという発想は危うい。
 
 私は、ホームレスになるほどの達観や勇気がないから今の仕事を続けている。ニート対策よりも、石油を始め、エネルギーを使わない職業の再編成が必須。ーそれは、小さなコミュニティ単位の自給自足であろう。
 近代の「経済」を知っているという固定概念の持ち主は「ホームレスばかりだったら外貨を稼げないから、日本は終わりだ。」と言うであろう。確かにそうかも知れない。けれど、そんな、食料もエネルギーも外国に頼っている事が最も悪い根本原因。外貨を稼いでも、こんな石油漬けで稼いでいては、やっぱりオシマイ。他の国を巻き添えにしている分もっと酷い。食料自給率は100パーセント以上に、エネルギー消費は10分の1以下に。これ早急の課題。それまで経済活動お休み・・すべきだけれど食料自給率30パーセントでは、それさえ出来ない。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト、「経済成長信仰」と「科学技術信仰」とによって、飛行船地球号は破裂して墜落を始めるのも時間の問題。
あくせく働いて破局に向かって突き進むくらいなら猫のようにその日暮らしをする方がよっぽどいいではないですか。脱成長によってゆったり暮らすことができる社会の実現を!
にほんブログ村 環境ブログへ
環境総論