雑草の言葉

BOPペナルティとBOPビジネス

2021/05/05
社会・経済 12
 BOPとは Base of the Pyramid の略で(経済的な)ピラミッドの底辺にいる人々を意味する略語です。世界の人口の過半数を占めるおよそ40億人の低所得者層の人々を指すとの事です。何を持って「経済的底辺」を指すかは色々考えられるでしょうが、ここではその事は論じません。

 『BOPペナルティ』とは、BOP層と呼ばれる低所得者層の人々が様々な不利益を得ているという事です。 具体例をネットで調べてみると、
「低所得者層は、交通の便の悪い田舎に住んでいるので、買い物をするために交通費をかけなければならない」
とか、
「品質の悪いものやサービスを高コストで買わなければならない」
・・・などばかり出てきます。それも大変かも知れませんが、あまり大きなペナルティとは思われません。
 もっと深刻な「ペナルティ」があるでしょう。アメリカの貧困ビジネスのように、大学の学費を払う為に軍隊に入って最前線に行かされるとか、人身売買などの被害です。また、ハリケーンだとか津波だとか地震の時に被災のレベルが大きくなるようなところに住まざるを得ない・・というペナルティもあるでしょう。兎も角、処罰される言われはないのに「ペナルティ」を不当に科されている状況でしょう。ただ貧しいだけで、不平等に罰のようなものを「科される」のは非常におかしい事です。それが資本主義の本質でしょう。
 
 そして『BOPビジネス』は、貧困層を食い物にする『貧困ビジネス』を想起しましたが、ネットではそれとは違う説明がされています。
「BOPビジネスは企業に利益をもたらすだけでなく、途上国の発展を促し、世界経済に大きく貢献できるサステナブルなビジネスとして、近年、大きな注目を集めています。」
などとあります。何故サステナブル なのか分かりません。むしろ持続可能では無いでしょう。そもそもサステナブルって事はBOP層がいつ迄も沢山居続けるという事で、貧困問題の解決にはならないでしょう。胡散臭さを感じましたが先に進めます。
BOPビジネスのメリットは、3つだそうで、
1。企業イメージをよくするブランディング効果
2。新たなビジネスモデルの開発に繋がる
3。未開拓の市場だから未来の成長市場を獲得できる

です。
 そして、BOP層は将来的には中間所得層になるそうです。
 これらの説明を読む限り、BOPビジネスは、「貧困ビジネス」と本質的に変わらない感じがします。あくまで、 BOPビジネスを行うのは富裕層(一部は中間層か?)の所有する企業であり、貧困層が自立する為の貧困層によるビジネスでは無いようです。
 いわゆる「貧困ビジネス」は貧困からの脱出に寄与する事なく、貧困を固定するビジネスです。綺麗事は言ってますが、貧困ビジネスもBOPビジネスの一部と考えられるでしょう。 そして何よりマズいなと感じた部分が、40億人の貧困層を中間層に引き上げて将来のボリュームゾーン(商品やサービスを最も消費する中間所得層)を作ると謳っている部分です。
 一言で言えば、「経済成長のために貧困層を利用する」ということでは無いでしょうか?
 貧困層が世界の人口の過半数の40億人もいる世界は酷い状況ですが、その人々が全員中間層の仲間入りをして、その他に富裕層が存在する・・・なんて世界がサステナブルな筈がありません。エコロジカルフットプリントの話を出すまでもないでしょう。
 一人で何十人分もの環境負荷をかける富裕層を無くし、人々の生活レベルも中間層と貧困層の間くらいにして、なおかつ人口が減らなければ、とてもサステナブルな社会にはならないでしょう。(「貧困層と中間層の間」というのは、消費のレベルであり、そこまで消費を減らしても、生活の満足度はかなり上げられるでしょう。)
BOPビジネスには、SDGsと同様な胡散臭さを感じます。 

インドの貧困ボート

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.

爽風上々

BOP

BOPという言葉は知りませんでしたので、ちょっと調べてみましたが驚きました。
確かに、途上国の貧困層の上昇を図るということで、おそらくそれに取り組んでいる人々は良心に従っているのかもしれません。
しかし、それと共に確実に「これは儲かる」と思っている連中も居るのでしょう。
富をどこかに動かすということは、確実にそこに「ビジネスチャンス」をもたらします。
それに群がるということでしょう。

しかし、「貧困層の多くを中間層に」というのは何と言うべきなのか。
現在のような「経済頭打ち世界」では富を移動させるには現在は持てる所から取り上げるしかありません。
つまり、先進国の中間層以下から収奪するということなのでしょう。

なお、このような行為が「サステナブル」であるはずもないのですが、どうもSDGsとやらにも見られるように「サステナブル」とは「持続的」と考えているとついて行けないようです。
せいぜい「公正な」と似た意味と思っていた方が分かりやすいのでは。
もちろん、誤用であるのは間違いないのですが。

2021/05/06 (Thu) 13:51
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: BOP

爽風上々 さん

私もBOPという言葉は、比較的最近、世界の貧困の事を調べている時に見つけた言葉です。

>「これは儲かる」と思っている連中も居る

『BOPビジネス』を盛んに論じている人々は、殆どビジネスチャンスとして捉えている富裕層が多いと思います。だからそのビジネスパートナーに貧困層は殆ど入ってないのだと思います。

>「経済頭打ち世界」では富を移動させるには現在は持てる所から取り上げるしかありません。
つまり、先進国の中間層以下から収奪するということなのでしょう。

富裕層の儲け過ぎたお金をBOP層に再配分するのならいいと思うのですが、仰るように中間層より下から収奪するのでしょうね。だから中間層が激減して貧困層に落ち、貧困層と富裕層の2極化による格差がますます進むのではないでしょうか?今のアメリカや日本の状況ですね。

>SDGsとやらにも見られるように「サステナブル」とは「持続的」と考えているとついて行けないようです。
せいぜい「公正な」と似た意味と思っていた方が分かりやすいのでは。

なるほど、確かに「持続的」と考えると矛盾だらけです。儲ける事が優先の輩からすれば「サステナブル」とかいう言葉を使って社会貢献に見せかければ実質はどうでもいいのかもしれません。

 実はBOPに関しては、当初はもう少し肯定的なことを書こうと思ったのですが、ちょっと期待して調べたら、ビジネスチャンスの話がどんどん出てきて『貧困ビジネス』とあまり大差なく、SDGsのような胡散臭さを感じ、上記のような否定的な記事になりました。

2021/05/06 (Thu) 21:28

guyver1092

似ている物

 私もBOPビジネスについて知りませんでした。わたしが似ているものとして思いついたのは、アメリカで起きたリーマンショックで有名になったサブプライム層です。ウィキによると、サブプライム層は信用が低いので、より高い金利でしか貸し付けてもらえないそうです。そしてこの高金利のうまい汁のみをとりだして作ったと称する金融商品を世界中に売りさばきましたが、しょせん大本は信用のない(お金のない)人々相手の貸し出しで、結果として暴落したのがリーマンショックでした。
 おっしゃるようにBOPビジネスも、このサブプライムローンと同じ問題を抱えていると考えられますね。

2021/05/06 (Thu) 22:19
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 似ている物

guyver1092さん

 確かにBOP層とサブプライム層は似てますね。似ていると言うよりも寧ろ、サブプライム層はBOP層の一部と考えられますね。
サブプライムローンの様なインチキっぽい代物はいつかは暴落して不良債権になるのは、リーマンブラザーズなどの証券アナリシストの多くが知っていたのでは無いでしょうか?そしてその前に売り逃げしたのでは無いかと見ていますが、guyver1092さんはどうですか?

BOPビジネスでも、そんなところまで見据えてやっている人がいるとすれば悪質だと思います。

>  おっしゃるようにBOPビジネスも、このサブプライムローンと同じ問題を抱えていると考えられますね。

なんだかんだ言って、サブプライムローン問題の時は、株主とかが大変だと言われましたが、本当に大変だったのは、家を取られて路頭に迷ったサブプライム層でした。
BOPビジネスも破綻した時に最も被害を被るのは、ビジネスが破綻した企業ではなくて、BOP層の方々になりそうです。サブプライムローンほど酷いインチキもあるでしょうから。


2021/05/06 (Thu) 23:29

爽風上々

サステナブル

「サステナブル」と使われていても「持続的」というよりはせいぜい「公正」程度の意味だと書きましたが、これはもちろん正しい意味であるはずもなく、せめて「定常状態」を目指して少なくとも「数十年」は持続しそうなものを意識してほしいものです。
しかし、SDGsを見てもそのような意味への配慮はほとんどなく、大企業の言っていることは「公正」ですらないものがほとんどですが。

本当の意味でのサステナブルでなければいけないのはなぜなのか。
実は環境の方が定常どころではない、激変する危険性すら高いものですから、いくら人類の方が定常状態の生活をしたところで、すぐに崩されている危険性も強いものです。
そのために、食糧備蓄といった方策は取らなければすぐにでも餓死の恐れも強かったでしょう。
ところがその備蓄食料はすぐさま投機の手段となり権力の増大につながってしまった。
皮肉なものですがそれが人類の歴史とも言えるのでしょう。

それでもその方向を求めなければならないのは、そのような文明初期の飢餓対策の食糧備蓄などというものとは比べ物にならないほど大規模になった経済成長構造の暴走危険性が増したためです。
せめて、文明初期の程度までは速やかに戻さなければ、文明崩壊の場合の危険が増すばかりです。

2021/05/07 (Fri) 06:40
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: サステナブル

> せめて「定常状態」を目指して少なくとも「数十年」は持続しそうなものを意識してほしいものです。

全くおっしゃる通りです。SDGsの駄目なところは「定常状態を目指す」と言う発想がないところだと思います。
「発展」「開発」「成長」は常に間違った方向にいくリスクも高いし、エネルギーも資源も浪費しますからね。
SDGsはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)であり、開発を続ける事が目標のようです。「持続可能な経済成長」をいまだに謳っている時点で破綻するのは目に見えています。
「貧困を無くそう」とか「不平等を無くそう」とか「海の豊かさを守ろう」とかいいことも謳ってますが、それと「持続可能な経済成長」を並列するところが理解できません。

>実は環境の方が定常どころではない、激変する危険性すら高いものですから、いくら人類の方が定常状態の生活をしたところで、すぐに崩されている危険性も強いものです。

も全くその通りだと思います。

> 備蓄食料はすぐさま投機の手段となり権力の増大につながってしまった。皮肉なものですがそれが人類の歴史とも言えるのでしょう。

食料備蓄から、支配者層が始まったと言いますからね。

> せめて、文明初期の程度までは速やかに戻さなければ、文明崩壊の場合の危険が増すばかりです。

「文明初期の程度」とはまた厳格な提言ですね。私は日本であれば江戸時代、欧米であれば産業革命以前・・・と考えますが、爽風上々さんはまた厳しく判断されましたね!?

この手の話では、私が最も極端な脱成長などを唱えますが、今回は爽風上々さんに脱帽です。

2021/05/07 (Fri) 12:59

guyver1092

インチキっぽい代物

 このインチキっぽい代物については、NHK特集で見た程度の知識しかないうえに、内容もかなり忘れていますので、自信を持って言えませんが、記憶によると、証券会社も暴落するとは思ってもみなかったみたいです。突き詰めて考えてみると、貧困層への貸し付けに寄生する金融商品なので、貧困層が倒れれば、当たり前にすべて倒れますよね。

2021/05/07 (Fri) 21:40
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: インチキっぽい代物

guyver1092 さん

確かにインチキっぽいと言うのは、「後になってみて分かった」と言う部分は否定できませんね。

> 証券会社も暴落するとは思ってもみなかったみたいです。

証券会社の一般社員はあんまり考えていないので、「暴落する」とは思っていなかったでしょうね。
証券会社のアナリスト・・と言うか、リーマンブラザーズのアナリストは、「知らなかった」と言わざるを得ないでしょう。

>貧困層への貸し付けに寄生する金融商品なので、貧困層が倒れれば、当たり前にすべて倒れますよね。

「サブプライム」と言う名の示す通りでしょうね。この商品を作った人々は、詐欺師の要素があると思います。サブプライム層の人々をみんな混ぜて誰のローンか分からなくして全部一気に崩壊・・なんて事が起こりましたね。現代の証券にもこの手の「ワナ」が沢山あるのでは無いでしょうか?

2021/05/07 (Fri) 22:04

爽風上々

本当の定常状態

私も文明初期の段階まで戻せるなどとは夢にも思っていません。
それを阻むものは、このソフトランディングが絶対に不可能なほどに増大してしまった人口です。
もしもエネルギー依存の農業が立ち行かなくなれば直ちに食料奪い合いの世界となり、ワクチン奪い合いの現在の世界とは比べ物にならないほどの地獄図となるでしょう。

徐々に近づけるしかないのですが、それは日本で言えば戦前、明治、江戸、室町と遡っていく社会変化となります。
これが、歴史の退化と感じる人が多いでしょうから、その意識をどうにかしなければ実現不可能でしょう。

しかし、このような社会変化を実現するためにはすべての人類の同意が必要となりますが、それが成立する見込みは全くありません。
私の身近の親類知人ですら、機会さえあれば金儲けに走るのがぞろぞろいます。
まして、アメリカや中国などその本場の人々はそのような考え方があることすら想像もできないでしょう。

やはりいずれはとてつもないハードな結末、ハルマゲドンとなるのかもしれません。
そんなことを言っていると、オカルト的宗教や何とか原理主義者のようでもありますが、出発点は違っていても結局は至る所は一緒なのかもしれません。
ただし、彼らはそのあとに神の救済があると信じているのかもしれませんが、こちらはそのような救いは無いと考えています。

2021/05/09 (Sun) 15:08
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 本当の定常状態

爽風上々 さん

> 阻むものは、このソフトランディングが絶対に不可能なほどに増大してしまった人口です。

おっしゃる通りで、人口増加を「是」としてきた過去に学ばない政府が良くないですね。過去に人口増加で滅びた社会はあったのですから。その点、中国が一人っ子政策をしたことは大いに評価できます。

> もしもエネルギー依存の農業が立ち行かなくなれば直ちに食料奪い合いの世界となり、ワクチン奪い合いの現在の世界とは比べ物にならないほどの地獄図となるでしょう。

その危機はもう近くに迫って来てますね。恐ろしいです。

>日本で言えば戦前、明治、江戸、室町と遡っていく社会変化となります。
> これが、歴史の退化と感じる人が多いでしょうから、その意識をどうにかしなければ実現不可能でしょう。

これには私が何度も言及している「正当な恐怖心」しかないと思います。

> やはりいずれはとてつもないハードな結末、ハルマゲドンとなるのかもしれません。
> そんなことを言っていると、オカルト的宗教や何とか原理主義者のようでもありますが、出発点は違っていても結局は至る所は一緒なのかもしれません。

この辺りは、残念ながら爽風上々さんの推測が当たりそうですね。理性的に考えればそのような結果になる確率は低くないでしょう。そのためにも「正当な恐怖心」の共有が必要です。

>私も文明初期の段階まで戻せるなどとは夢にも思っていません。

戻せるかどうかの前にどこまで戻さなければならないか、再度検討しましょう。
戻らなければならない地点は、地下資源などの一方通行の資源の利用無しで、再生可能な資源で、再生循環できる範囲で(ここが、再生可能なエネルギーの利用とか言ってる方々がもっと検討しなければならない部分でしょう。)使用する事でしょう。
前回私が言及した、日本で言えば江戸時代、世界で言えば産業革命前というのは、アバウトに300年くらい前です。1700年くらいの日本の人口は3000万人、世界の人口も10億人以下でした。(現在の中国やインドの人口以下です。)そこから世界は狂気の超指数関数的人口増加と経済成長を始めるわけです。その頃石炭を使ったり、木の伐採も進みましたが、省エネ省資源に取り組めば、地下資源を使わず(鉄などは使う量が少量であれば循環可能です。)木材の使用も再生循環の範囲で使えると思います。先ずはそこが目標で十分だと思います。もしそれが不十分でも、更に100年も遡ればいいのではないでしょうか?
「文明初期段階」っていつ頃を示すかはアバウトですか(1万年くらい前でしょうか?)そこまでは考えなくてもいいかと思いますが?
確かに念には念を入れてかなり前まで戻った方がいいでしょうが、そこまで遡ると今度は逆に文明化をまた始める事でしょう(笑)
でも、300年前まで戻る事でもかなり不可能に近いでしょうね。
繰り返しになりますが、このことに関して、私より極論をいう方を初めて知りました。

2021/05/10 (Mon) 13:35

guyver1092

Re: Re: インチキっぽい代物

 このサブプライムローン問題のNHK特集では、このサブプライムローンビジネスモデルに隙はないと考えられていたように思います。しかし実際は住宅価格が下落して、破綻しました。現代の様々な金融商品も何らかの隙があっても何の不思議もないと考えます。ただし、私は金融商品に疎いので、どの商品にどの様な隙があるかまではわかりません。

2021/05/10 (Mon) 21:54
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: Re: Re: インチキっぽい代物

>  このサブプライムローン問題のNHK特集では、このサブプライムローンビジネスモデルに隙はないと考えられていたように思います。

繰り返しになりますが、リーマンブラザーズの金融アナリシスとはそう言わざるを得ないでしょうね。

>しかし実際は住宅価格が下落して、破綻しました。

住宅バブルを見込んで作った金融商品だったお思いますから、下落のリスクも当然考えたのではないでしょうか?
そうで無ければ、限り無い経済成長を前提にしてる現代社会の縮図でしょうね。

まあ、私も金融商品には全く疎いので、勿論、後からそう思っただけですけれど、金融商品に隙がないなんて事は無いでしょうね。
やっぱり基本的にはハイリターンはハイリスクでしょう。

2021/05/11 (Tue) 00:49
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
社会・経済