雑草の言葉

共産党の吉井英勝議員の凄さを動画で確認

2021/09/29
人物 12
 いつの頃からでしょうか?共産党には優秀な人物が揃っているように感じる国会質疑を多々目にする様になりました。案件・事案ごとに専門家のように精通した議員が揃っています。コロナ禍でも、「専門家」と言えるほどかなり精通した人が質疑を行っています(小池晃議員など)。もりかけ桜の調査能力も他の追随を許さず(田村智子議員、他)抜群だと感じる点が多々ありました。

 そんな中でも特に素晴らしいと脱帽したのは、原発案件です。吉井英勝元共産党議員は、2011年3月の原発震災に遡ること5年前の2006年3月に自民党安倍内閣に、そして、原発事故の前の年の2010年5月に民主党鳩山内閣に、それぞれ実際の福島第一原発事故の原因となった「全電源喪失により冷却が出来なくなってメルトダウンする可能性」について警告の質疑を行っています。アドバイスとも言えるでしょう。
吉井英勝議員2006質問

 2006年3月の安倍総理への質疑では、安倍総理は「全電源喪失はあり得ない」と断言しています。まあ、安倍総理は殆ど何も理解出来なくて東電社員や経産省の官僚に従って 発言しただけでしょうけれど国会で発言したのですから責任重大です。

安倍首相が原発事故前に「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否していた】Litera

 この記事は、原発の爆発後にネット上に出回ったので知っていましたが、その動画は観たことがありませんでした。
 それを最近知人から紹介して頂いて、動画で観てみて、記事以上に吉井議員の凄さを痛感しました。原発事故前にもかかわらず、原発の問題点の的確な指摘は、予言と言えるほど、的を射て凄すぎます。そして実際に吉井議員の指摘した事故が起こったのです・・。

  日本共産党 【原発事故 吉井議員質問ダイジェスト】


 今回のこの記事の一番の目的は、この動画を観ていただく事です。

 [動画の4分あたりから]
 2010年5月の民主党政権への吉井英勝衆議院議員の質問は、2006年の自民党政権への質問同様、電源喪失で冷却系が断たれた場合、
「最悪の場合、炉心溶融にも至りうる大変深刻な事態を考えておかなきゃならないと言うことだと思うのですがどうですか?」
と言う質問でした。
これにに対して 原子力安全・保安院院長 の寺坂信昭の回答は、
「日本の原子力発電所は多重防御の考え方に基づいた設計がなされまして、安全性が確保している・・」
と答え、さらに
  吉井議員から   [4分40秒あたり] 
 「最悪の場合は炉心溶融ですね。」とたたみかける様に確認されて、
寺坂信昭は馬鹿にしたような含み笑いで渋々
「そもそもそういった事態が起こらないように設計されているから、・・・そんなことはあり得ないくらい安全に設計されているから・・・・・・・論理的には考えうると言うそう言うことです。」と答えています。
  
 そしてそれから1年も経たずに、吉井議員の危惧した通りに全電源が喪失して冷却機能が失われ、炉心溶融(以上のメルトスルー)に至りました。
吉井英勝議員の優秀さ、洞察力の凄さには脱帽です。予言とさえ言える内容です。

事故後の2011年4月には 、この事に関して吉井議員から再び質問された寺坂原子力安全・保安院院長は
 [7分あたりから]
「私の当時の認識に甘さがあったことを深く反省しているところであります。」
と答えて頭を下げています。・・到底、謝って頭を下げる事くらいで済む話ではありません。こんな前代未聞の大きな事故になってしまって、彼には責任の取りようもありませんが、切腹ものでしょう。信じられないことに、これでも罪に問われなかったようですが、(罪に問われた場合、多くの人に飛び火するからでしょう。)原子力安全・保安院院長としての彼は、居た堪れなくて自殺したくなる様な取り返しのつかない最悪の大失態でしょう。吉井議員のアドバイスに従って対策をしていればメルトダウンには至らなかった筈ですから。それも、堤防を作るという大工事でなくとも、独立した複数の電源を高台にしっかりと設置しておくだけでも事故は防げたでしょう。
 吉井議員の警告を嘲笑して無視して対策もせずに、警告通りの事故を防げなかった寺坂信昭たちの責任は、極めて重大です。そんな保坂らに対して、事故後の吉井議員の国会での質問は、ちょっと物足りなさも感じるくらい優しいものでした。もう済んでしまったことを、今さら追い詰めても仕方がないと思ったのでしょうか?もっとしっかり追い詰めるべきだ・・と思いましたが、そこが吉井議員の度量の大きさなのかも知れません。あの時吉井議員に対しバカにした笑を浮かべた寺坂信昭は、どう思っているのでしょうか?人生にはどうやっても取り返しの付かない過ちがありますが、彼は一生背負って生きていくべきでしょう。それでも背負い切れるはずもありませんが・・。

 吉井英勝議員は、よくもまあ、ここまで調べあげて、指摘出来たものだと感心しましたら、吉井議員は京都大学工学部原子核工学科出身でした。ここは、京都大学原子炉実験所の熊取六人衆に代表される様に、出世を望まず、原発の危険性を訴えて反原発になった原子力研究者の多い所です。
 そして吉井英勝氏は日本共産党の議員になって、共産党の原発・エネルギー問題委員長になったのでした。

 原子力安全・保安院院長の肩書を持ってても、対策もせずに放っておいた寺坂なんかより、吉井英勝議員の方が遥かに原子力の安全・保安の対策にも優れた方である事は言うまでも無い事です。

こんなに優れた吉井議員ですが、既に勇退されたようで残念です。
 私が心から敬意を払える数少ない国会議員の一人です。

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.

爽風上々

原発危険性

吉井議員の国会質問は2006年に行われたということですので、こういった津波の危険性見直しが発表されだしたかなり早い時期に取り入れられたものでしょう。
私も、添田孝志さんという方の本を読み、かなり早い時期に津波高さの見直しの必要性が提唱されながら、形だけの検証をムラ内の御用学者にさせて葬ったという経過を知りました。
https://sohujojo.hatenablog.com/entry/20150216/1424034349
こういった見るべき問題をきちんと見ることができるのは、共産党だけ(その中の一部?)なのかもしれません。

そういった人々を、いまだに昔のままのイメージで拒絶しているのが多くの政党や議員たちなのでしょう。
いまだに世の大勢はそういった風潮の方にありますが、せめて、くじけずに頑張れと応援していくしかないのでしょう。

2021/09/29 (Wed) 09:07
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 原発危険性

爽風上々 さん

 吉井議員の言うように「人災」であったこの福島第一原発事故の責任者が厳しく処分されないのは納得がいきません。津波対策を葬った東電、国、原子力安全・保安院のメンバーには大きな責任を取ってもらわなければ、モラルハザードですし、安全対策も手ぬるいものになってしまうでしょう。何より、再稼働のハードルも低くなるでしょう。日本は小さな犯罪は大きく取り締まるのに、巨大な犯罪は追求しないという悪癖が出来上がってしまった感があります。

 記事にも書いたようにここのところ、共産党の調査能力は素晴らしいものがあり、議員にも優れた人物が揃っていると感じています。少なくとも共産党の議員は、金儲けの為に議員をやっている人はいないでしょう。

>いまだに昔のままのイメージで拒絶しているのが多くの政党や議員たち

このイメージ作りはアメリカや自民党などがやって来た事でしょう。なんか昔に実際にあったと言われてますが、何の事なのでしょうか?多くの(若い)人は知らないのでは無いでしょうか?
共産党に対するネガティブキャンペーンは、単に金持ちの資本家が自分の財産を守りたいだけ、大儲けしたいだけで、共産主義的な国家になっては困るから、それを阻止しようとしてやってるだけだと思います。

2021/09/29 (Wed) 19:10

爽風上々

共産党

私のような中途半端な知識であれこれ書くのもなんですが、戦後すぐの時期には共産党の本体も武力闘争を認めていた時期があるようです。
しかし、その後それは否定され合法的活動のみとなっていったのですが、ある時期までは共産党から分派した勢力がそれを認めていたために共産党自体の活動とも混同されたという事情があるのではないかと思います。

しかし、地道な活動をしっかりとやっていくという現在の方針は立派なのですが、もっと積極的な情報発信が必要なのではないかと言う思いはします。
正しいことを主張していくという活動を続けていけばその認知度も上がるだろうと思いますが。

2021/09/30 (Thu) 10:48
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 共産党

爽風上々 さん

疑問にお答え頂き、有難う御座います。

>共産党の本体も武力闘争を認めていた時期がある

「本体」ってことは、先日ここの記事にした、いわゆる過激派の中核派とか革マル派ではなく、「共産党」そのものって事ですね!?そう言えば、次の選挙での野党共闘に関して「共産党は今でも武力闘争を認めている」とかいう嘘の情報(共闘の妨害)を流したテレビのコメンテーターがいましたね!?彼は弁護士とのことですから酷い輩です。

 実際に武力闘争って言っても、国家権力の警察や自衛隊の武力には全然敵わないでしょう。しかし、キューバの例のようにたった数十名でキューバに乗り込み、上陸前に待ち伏せで多くが殺され、たった12名が上陸して始まったキューバ革命の成功例もあります。民衆の支持があれば、こんなに少ない人数で始めても、革命が成功する場合があるんですね!?

 武力闘争でなければ国家の体制は資本主義から共産主義(社会主義)には変わった例はありませんね。もしも選挙で共産党が過半数を取って政権与党になったとしても、北欧のような福祉国家になっても、共産主義国にはならないでしょうね?即ち、革命無しには共産国家にはならないでしょう。ただ、その革命が「武力」革命で無くてもいいのかも知れませんが、「武力」革命で無ければ、資本家や大富豪が逆に武力で鎮圧するでしょう。実際にそれに似たようなことがラテンアメリカでは起こってます。

 資本主義国が共産主義国に変わるときは(武力)革命が必要ですが、東ドイツ諸国やソ連、中国のように共産主義諸国が資本主義(的)に変わる時は、それほど大きな武力闘争も起きずに、禅譲の形か、権力者自ら共産主義を転換してますね。大富豪や大資本家の財産への執着こそ武力を用いても守りたいものなのかも知れません。
面白い事を考える機会を与えて下さって有難う御座います。この辺り、もう少し熟考してみたいと思います。

2021/09/30 (Thu) 14:06

guyver1092

優秀

 おっしゃる通り、共産党の質問は他の政党より鋭いものが多いですね。以前聞いた話ですが、地方議会でもその傾向はあるようです。聞いた内容はうろ覚えですが、共産党の質問に対して何か反論があったそうですが、すぐさまその反論を否定できるデータを持ってきたというものです。
 近年特に増えた、ずれた回答をしてそのまま押し切るという与党の議会対応に対する罰則があれば、世界は破滅から遠のくのではないかと思う今日この頃です。

2021/09/30 (Thu) 20:47
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 優秀

guyver1092 さん

 そうですか。共産党は地方議会でも優秀な議員が多いのですね。頼もしいですね。共産党は現在野党第4党くらいの所にいますが、かつての(20世紀の)社会党のように野党第1党くらいまで行けば、自民党のモラルハザードの政治にブレーキをかけられるのかも知れません。・・いや、他の野党と共闘して自公を上回って、連立政権を作って、暫く続けば日本も破局から救えるかも知れません。今のところ可能性は小さいでしょうけれど、世の中どう変わるかはわかりません。

>近年特に増えた、ずれた回答をしてそのまま押し切るという与党の議会対応に対する罰則があれば、世界は破滅から遠のくのではないかと思う今日この頃です。

 その罰則はいい案です。安倍・菅らのずれた回答は、ずらさなければ窮してまともに答えられないのでしょう。小学校の学級会でもあんな回答をしたら、「聞いた事にちゃんと答えろ、ふざけるな!」って責められるレベルです。教育にも良くないですね。情けなさ過ぎます。マスコミも国民も、もっとまともに答える責任を追求すべきです。

2021/10/01 (Fri) 08:35

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2022/11/10 (Thu) 01:53
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: お邪魔しますm(__)m

上↑のコメントを下さった通りすがりさん

非公開コメントですが、非常に興味深い面白い内容で、みんなに読んで欲しいです。
私自身、「そんな事があったのか!」と非常に面白く興味深く読ませて頂きました。
HNも「通りすがり」ですし、URLも入っていないので、匿名性は十分に保たれますので、非公開にする必要は無いと思われます。
私だけが読んだのでは勿体無いので、読者に分かち合いたい内容です。
もう一度、この下↓に「公開コメント」として同じ内容を書いていただけませんか?
若しくはこちらで、その内容を公開させて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。

2022/11/10 (Thu) 08:10
☘雑草Z☘

通りすがりです

お邪魔しますm(__)m

共産党の議員って、知的さが目立つような気がします。
あの議員の名前は忘れてしまったけど、国会で麻生さんと安倍さんを厳しく追及した議員さんがいた。いつもニヤニヤしてる二人が、その時だけは、物凄くイヤな顔をしていました。そして国会終了後、安倍さんは嘔吐した、ゲロちゃったんですw追及が厳しかったので。

あの人も共産党かなぁ、白井聡さん。物凄い分析力。
自民党の議員よりも、ずっとずっと賢いと思います。
・・・それでは、おじゃましました、ばいちゃ♫

2022/11/15 (Tue) 00:14
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: お邪魔しますm(__)m

通りすがりさん
管理人のみ閲覧出来る非公開コメントでしたが、HNも 「通りすがりです 」で、匿名性も高いしURLも入っていないので、
問題無いと思われますので、コメントをコピペして貼らせて公開させていただきました。
悪しからず。
私以外の多くの方に読んで頂きたいと思ったコメントだからです。

さて、
>国会で麻生さんと安倍さんを厳しく追及した議員さんがいた。いつもニヤニヤしてる二人が、その時だけは、物凄くイヤな顔をしていました。そして国会終了後、安倍さんは嘔吐した、

いいですね。その動画観てみたいです。麻生も安倍も本当に嫌な野郎ですからね。
追求した議員は誰でしょう?
確かに共産党の議員は的を射た、核心を突いた質問をしますから、悪党の二人にキツイ灸を据える質問をしそうな方は複数います。
その議員、本当に誰か知りたいです。共産党でなかったら、山本太郎じゃ無いでしょうか?
彼の政策案には賛成出来ないものが多々ありますが、彼の安倍元総理に対する質問も、安倍を追い込んで面白いものでした。

通りすがりさん、もしまた通りすがりでここの私のお返事を観る事があれば、更にお返事のコメントを頂ければ嬉しいです。

2022/11/15 (Tue) 00:33

たっきー

おはようございます

リンク先の記事を読ませて頂きました、動画も拝見しました

共産党吉井議員の質問は明快で的を得ており、対する答弁は根拠のないものばかり・・・

議事録を削除させたり捏造したり、やりたい放題だった安倍晋三、あまりにひどい話しに驚きました

ワタクシ、以前から疑問に思っている事があります。

それは、福島第一原発が地震に耐えたか否かという事です。

大まかな流れとすると、地震→津波→電源喪失→炉心溶融だと認識しているんですが、果たして津波が無ければ大丈夫だったんだろか?
不幸にも大津波に襲われて、その被害は甚大だった訳ですが、さて原発は地震に耐えたのだろうか?とずっと疑問に思っています

世界中が脱原発に舵を切る中で、日本は原発推進に逆戻りのような状況です・・・

机上の空論のような推進派の原発安全神話が崩れた現在、経済的な優位性も無く、安全も担保されず

やはり、
なぜに原発なのかが分かりません

2023/06/11 (Sun) 08:29

☘雑草Z☘

Re: おはようございます

この記事と動画を観ていただいて有難う御座います。この元共産党吉井議員の質疑の動画は、広く拡散したいところです。共産党でなかったら、もっともっと拡散されていたのでは無いでしょうか?そこが残念です。マスコミももっとしっかり報道して欲しいところです。
原発政策では彼のように原発をしっかり理解している人物のアドバイスを聞くべきです。

>福島第一原発が地震に耐えたか否かという事です。

地震にも耐えられなかったと言う推定や証言、証拠も色々あったようですね。津波前にかなり壊れていたと・・。
福島第一原発は作業員の間にも「ぼっこれ原発(福島県方言)」で有名だったようです。3.11原発震災以前にもいろいろな事故を起こしていました。だから東日本大震災の地震の揺れにも耐えられなかったと言うのは本当だと思います。「1000年に一度の想定外の津波」のせいにしてしまうところが卑怯だと思います。過去に何度か起こっている大津波を想定外にする事もあり得ません。
 そして「電源喪失は有り得ない」と発言した安倍晋三や、コストを惜しんで対策をしなかった東電の勝俣 恒久会長(当時)とかが何の責任も取らないのは許されません。酷い連中です。彼らは切腹しても許されません。

>机上の空論のような推進派の原発安全神話が崩れた現在、経済的な優位性も無く、安全も担保されずやはり、
>なぜに原発なのかが分かりません

事故が起こらないとの希望的推定の上で、電力会社は原発をやったほうが儲かる仕組みになっている事(総括原価方式)や核爆弾開発とかでしょう。強欲な人間の狂った欲望の為にこんな代物が建造されることが許される筈は無いです。

2023/06/11 (Sun) 12:02
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
人物