雑草の言葉

累進課税

2021/12/23
社会・経済 12
 小学3、4年生の時の担任の先生が累進課税について説明してくれたのを印象深く覚えています。担任の先生は非常に納得のいくように説明して下さいました。

「例えば、税金で山の村に立派な道を作ったとする。その道が出来たら、その村の山にあったお店に多くの人が行くようになって、そのお店が儲かるようになったとする。町や国が税金を使って道を整備してくれたお陰で、お金を沢山儲けたのだから、そのお店は税金をたくさん払って当然じゃないかな?」
 
 印象深い納得のいく説明だったので、何十年も経った今でも覚えています。税金を使った例ですから直接的で分かり易いと思いますが、税金でなくとも、国や地方自治体の政策に人々の収入は大きく影響されます。政治的な政策でなくとも、人は社会構造によって儲けが変わる・・・社会に儲けさせてもらっていると言う要素が大きいことは自明でしょう。

 この先生が説明して下さった道路の例でなくとも、例えば奨学金を貰って勉強して、それでお金を儲けた人も、社会に儲けさせてもらったって事は明らかでしょう。さらに、このようにわかりやすい例でなくとも、全ての仕事で儲かっている人は、社会のシステムがその人にとって都合良くできているから儲けられると言えましょう。社会が稼がせてくれた部分は大きいと言えましょう。

 自分で作った何かを売る場合でも、この道の例のように、社会に存在するインフラを利用するのです。それも、儲かっている人ほど社会のインフラを多く使う傾向がある事も明らかでしょう。

 自分の実力だけでのしあがってきたと思っている人、例えばプロのスポーツ選手でも、そのスポーツの練習ができたり、目標が持てた社会環境があってその人は強くなれたのでしょう。もっと根本的なことから言えば、そのスポーツ競技を作って、プロのスポーツとして容認する社会の下に、競技場があり、観客がいて対戦相手がいるからこそ、そのプロスポーツ選手はお金を稼げるのです。更に「負ける相手」もいなければ勝つことも出来ないのです。


 一方、ネットで調べてみると、累進課税は不公平だと思っている人が沢山いることに驚きました。
「なぜ努力して高給を得ている人が、努力していない人を支えなければならないのでしょうか?」
なんてのはざらにありました。
 もう十分に分別のある年代の学生でも「税金は、高いと40パーセントも持ってかれるそうでおかしいと思っています。なんで、努力して頑張った人が大金を払って、学生の時に遊んでいるような人たちの分の税金を払わないといけないんでしょうか?」 なんて方もいて呆れました。現在、アルバイトもせずに遊んでいる学生の多くは、裕福な家の子供であることもわからないようです。彼らの多くは努力の結果、稼いでいるのではなく、親から譲り受けた不労所得で遊んでいる連中でしょう。だから寧ろ贈与税も累進課税の対象にすべきでしょう。
 「消費税が最も公平な課税方法で、物を購入する量が増えればその割合で税が増えるから、累進課税にもなっている。」・・・などと発言したTVのコメンテーターもいて呆れました。消費税には、逆進性があることもわからないようです。
 消費税の逆進性とは、所得が低い人(家計)ほど所得に対する消費の割合が高くなり、所得に対する支払う消費税の割合も高くなると言う事です。収入の全てを消費に回さなければならない低所得者も、いまの日本には沢山います。高所得者は、その所得の一部しか消費せず、多額の貯蓄に課税されなくて済めば、消費税には逆進性があると言えましょう。それは公正な税制だとは言えないでしょう。
 儲けている人は、自分だけの実力で稼いでいるとは思わない事です。人の収入は、社会のシステム、現状で決まるのですから、社会に稼がせてもらっている・・・と言う面が大きい事を忘れるべきではないでしょう。

 日本で、所得税の累進課税による高所得者の最高税率が最も大きかったのは、1980年頃で、75%でした。この時の住民税の最高税率は18%で、合計の最高税率は93%でした。私はこれでも多過ぎるとは思いません。ただし、この時の最高所得者は、年収8000万円以上とのことです。もっと高額所得者は、その所得額に応じて、所得税と住人税を合わせてもっと段階的に税率を上げて行ってもいいと考えます。
累進課税1980年頃
所得税率高額1974から1984
↑1974年〜1984年の所得税率の累進課税;https://kaminomigi.com/税率75%!?|2019年3月19日の記事 より引用
○8000万円以上の部分をそれ以下の部分同様に、もっと段階的に上げていけば、ある程度理想の累進課税と考えます。

 仮に私が年収8000万円もあれば、93%税金で持って行かれても平気です。私は、贅沢な暮らしをしたいとは思いませんから。運よく社会が稼がせてくれたと考えます・・・と言いたいところですが、やはり文句を言いたくなるでしょう。何故なら、現在の日本の税金の使われ方はいい加減過ぎますから。税金が、湯水の如くおかしな利権団体に流れていく事は許容できません。あの手この手で脱税する人も多く、そこにも不公平を感じます。
 私は累進課税の強化・・特に高額所得者の課税率は所得に応じてどんどん高くしていく事には賛成ですが、その条件として、税金が公正に厳正に使われる事と脱税を許さず厳しく罰する事を必要条件と考えます。
 
 
 余談ですが、税率が段階的に上がるので、そのボーダー周辺の人は、収入の低い方が税引き後の所得が大きくなる・・と言う逆転現象が生じています。そのような税金対策の話が聞かれます。そんな簡単に解決できる事が未だに問題になっている事が不思議です。そんな事はボーダー付近の逆転が起こる周辺の税率を直線で結んで滑らかに税金を上げていけば、それで解決でしょう。どうせ税金は一円単位で取っているのですから。私が高校生の頃、そんな処理もされていなかった事に驚きを感じた記憶がありますが、未だにされていない事はもっと驚きです。

にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ
にほんブログ村  
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.

爽風上々

累進課税

累進課税に否定的な人間がいるというのは驚きであるとともに落胆させられる状況です。
おそらくこういったのは若い(そして一応今のところ”恵まれた境遇”)人々でしょうが、そのあまりにも皮相的な思考と知識欠如には暗然としてしまいます。
GAFAなどという現在では超大企業でもその最初は(それほど昔ではありませんが)一人あるいは数人のアイディアと行動力に由来するからそれで報酬が莫大なのは当然だと考えるのでしょうが、それはあまりにも世間知らずな考えでしょう。
どんな仕事でも一人の力では何もできないということが判るのはいつなのか。
さらに、賭博金融企業などに至ってはそのトップの連中が何をしてそのような莫大な報酬を得ているかということも、知れば唖然とするようなほぼ犯罪であることも知らないのか。

日本ではそのような企業トップの高報酬というのは今までは少なかったのですが、徐々に増えていきました。
親代々の財産を相続しただけの連中などはどこに何の努力があったのか。

資産家を見れば泥棒と思えという方がまともな判断でしょうから、そこから税金として取り上げてみなのために使うのは当然でしょう。

とは言え、社会が大きく動くということを知らない若年者が多いというのも仕方のないことで、ここ30年ほぼ停滞のままというのではそれしか判断基準がないというのもやややむを得ない事かもしれません。それでも勉強不足なのは歴然ですが。

何か、最後にさらに気持ちが暗くなる年の暮れとなりました。

2021/12/25 (Sat) 14:32
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 累進課税

爽風上々さんのおっしゃるように、累進課税に否定的な人間がたくさんいる事にはがっかりです。それも、1980年頃と比べて、高額所得者の累進課税がかなり減って50%も行かないのに、それでも不満を持っているとはおかしいです。社会に儲けさせていただいているという事が分からない様です。確かにあまりにも皮相的過ぎます。

>どんな仕事でも一人の力では何もできないということが判るのはいつなのか。

成人していない子供でも、中学・高校生くらいになれば十分にわかる事でしょう。

>賭博金融企業などに至ってはそのトップの連中が何をしてそのような莫大な報酬を得ているか・・

彼らは努力と言うよりも、如何にして楽して大金をせしめようと言うことしか考えていませんね。ちょっとした泥棒、窃盗犯などの犯罪者よりも遥かに酷くずる賢い連中です。なりすまし詐欺よりも酷いかも知れません。社会貢献どころか社会を悪くしてますね。

>資産家を見れば泥棒と思えという方がまともな判断

なるほど。確かに言えてます。

>何か、最後にさらに気持ちが暗くなる年の暮れとなりました。

気分の悪くなる記事を読ませてしまってすみません。

2021/12/26 (Sun) 12:53

爽風上々

いえいえ

雑草Zさんの責任ではありませんので、気になさらぬよう。
他の情報でも、若年層の政権支持率が高いとか、いまだに安倍支持が多いとか、嫌な話を聞きますが、その根源がどこにあるのか不思議でたまらぬところです。

私より少し上の団塊の世代は、日本だけでな他の国でもいわゆる怒れる世代(イカレタ世代ではありません)となり既存権力に疑問を呈するということをしてきました。
その後、会社に就職してからは何食わぬ顔でモーレツ社員をやっていたようですが。
その行動力の原点はやはりあのすし詰め教室から始まっていたのかもしれませんが。

彼らとは少し差がありますが、私らの世代でもやはり社会の矛盾に対する疑問は持ち続けている人間が多かったと思います。(そうでない連中も多かったようですが)
今の若い世代にも色々な人はいるでしょうから、ひっくるめて言うわけには行きませんので、変な発言をするようなのはごく一部で、まともな人たちが大部分だと信じておきましょう。

2021/12/26 (Sun) 15:03
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: いえいえ

>若年層の政権支持率が高いとか、いまだに安倍支持が多いとか、
情報過多の若年層は、自分の好きな情報や耳障りの良い情報しか見ないので、逆に情報弱者なのかも知れません。
今の日本で若年層から「インフルエンサー」とされている人たちの過半数は、ろくでも無い利己的な個人主義者にも見えます。非常に薄っぺらなのに、若年層が惹かれるのが残念な感じがします。
>変な発言をするようなのはごく一部
とは言えないかもです。
しかし、中にはかなりまともで社会に対して奉仕精神を持ってる方々もいて頼もしく感じます。(その中には「ビジョンハッカー」と呼ばれている人達がいますが、「ビジョンハッカー」も玉石混淆だと感じます。)

 いわゆる全共闘世代は「怒れる世代」で、下の世代からは「イカれた世代」とも誹謗されそうですが、その後の「無関心世代」よりは遥かにまともだと思います。残念ながら、多くの現在の日本の若者ではなく、韓国や香港の若者に引き継がれた感じもします。
確かに今の若い世代は非常に多様化していてひっくるめては言うわけにいきませんが、ノンポリも非常に多く(それは全共闘世代の下の世代からずっと続いてきたことではありますが)こんな酷い格差社会になっても政治に無関心だったり現状維持の保守派も多いですね。極端な個人主義も蔓延っています。そんな若年層が上記の累進課税に否定的な人々なのでしょう。
まともな若年層の存在に期待したいところもあるのですが・・。

2021/12/27 (Mon) 00:07

爽風上々

累進課税

最初から脇道にそれてしまってすみません。
累進課税制度はかなりの程度まで強めていくのが必要だとは思うのですが、かといってさすがに最高税率の時代のように93%というのも行き過ぎかとも思います。
それではどの程度が妥当なのか。
これは国によっても事情が違いアメリカと日本では大差があるでしょう。
日本の高額所得者というものがどういう人々かということを考えることからきちんと決めていくべきことでしょう。

今では少ないのかもしれませんが、かつてのように土地販売でその時だけ金が入ったような人々をどうするのか。
日本では大企業経営者というものがオーナーを除けばそれほど収入が多いとは言えず(ゴーンの真似をした連中は別として)かえって中小企業のオーナー経営者の方が収入が多いようですが、それを守る必要はないでしょう。
宇宙旅行などに大金を払うのからは精一杯取るべきだとは思いますが。
この辺、細かい事情をどこまで取り入れていくべきなのか。
あまり法律で縛ることはできないかもしれません。

中国のように狙いをつけて全額没収と言う方が簡単で効果もあるのでしょうが、それができないのが法治国家ですから、我慢して決めていかなければならないはずです。
しかし、こういった話をきちんと考えるということが政党も有権者も全くできないのが日本の政治かもしれません。
とにかく、「自分が得か損か」しか判断基準がありませんので。

2021/12/29 (Wed) 10:57
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 累進課税

 爽風上々さんの議論は脇道に逸れてしまったとは感じません。

最高税率時代の93%は行きすぎかと思うかも知れませんが、例えば10億円稼ぐ人は手取りで7000万円残ります。真面目に働いている人の一般的な手取りの10倍以上の手取りという事でしょう。社会に稼がせて貰っているのですから、桁違いの手取りは貰いすぎだと思います。だから、8000万円で最高税率を93%で止めずに、それ以上の収入の部分も細かく段階的に上げて行くべきだと思います。

>宇宙旅行などに大金を払うやからは精一杯取るべき

はその通りだと思います。そのお金こそ税金で公共福祉に使うべきです。それこそ話は逸れますが、宇宙飛行目指す輩にはロクな人間がいませんね!?地球環境の破壊のレベルも物凄い大きさでしょう。プライベートジェットを遥かに上回ります。プライベートジェットと宇宙旅行は禁止にすべきだと思います。

>中国のように狙いをつけて全額没収と言う方が簡単で効果もあるのでしょうが、

そうですね。非常にリスクの大きいやり方ですが、確かに効果も抜群ですね。それをやる為には、本当に公正で品行方正な政府でないと大変な事になりますね。

2021/12/30 (Thu) 00:58

guyver1092

累進課税は不公平

 累進課税は不公平と感じる者が多いというのは、政府の洗脳の結果と思います。どこで読んだかは忘れましたが、最近は若者ほど、自民党支持だとか。
 私は、公平不公平以外の点から累進課税を論じてみたいと思います。累進課税が強いと、儲けることに対して罰金をかけているようで、経済成長に対するやる気をそぐことになり、経済成長に反するとの議論があるのはご存じと思いますが、有限の地球上で無限経済成長はが゛帷幄以外の何物でもありません。儲けることに罰金をかけ、やる気をそぐことは、人類が有限の地球上で安定して生存するためには必要不可欠の政策と考えます。

2022/02/26 (Sat) 22:21
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: 累進課税は不公平

政府が累進課税を不公平と感じさせようと洗脳しているとはとんでもないですね!?逆に累進課税は必要だとプロパガンダすべきでしょう。日本もアメリカのように、金持ちの資本家の忖度傀儡政府になってしまったのでしょう。

>私は、公平不公平以外の点から累進課税を論じてみたいと思います。

私も同じ考えです。この内容は頗る気に入りました。非常に共感を覚える全面的に賛同の記事です。guyver1092 さん一流の言い回しもいいですね!
是非新たな記事としたいと思いますので、変換ミスと思われる
>無限経済成長はが゛帷幄以外の何物でも
の部分だけは訂正いただき、後は短いままでも十分ですので、記事にしても宜しいでしょうか?記事をお送りいただけますか?若しくはコメント欄に書いて頂いても構いません。その場合、こちらで新たな記事といたします。よろしくお願いいたします。

2022/02/27 (Sun) 11:37

guyver1092

すみません

 これも「自滅が法律に記述されている社会」で詳しく述べていると思います。
「無限経済成長は気違い以外の何物でも」ですね。

2022/02/28 (Mon) 21:17
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: すみません

guyver1092 さんから頂いた原稿「自滅が法律に記述されている社会」https://zassou322006.blog.fc2.com/blog-entry-776.html
は、当方で2回に分けて掲載させて頂き、後半の「定常社会の会計基準」https://zassou322006.blog.fc2.com/blog-entry-777.html
に確かに、この部分の記述がありました。しかし今回私がguyver1092 さんの記事で
>この内容は頗る気に入りました。
と書いたのは、その記述の表現です。
>儲けることに罰金をかけ、やる気をそぐことは、人類が有限の地球上で安定して生存するためには必要不可欠の政策

などと言う、経済成長にどっぷりと浸かった現代人が「奇抜」に感じる表現は、かなり強烈なインパクトがあるでしょう。
それも短い文章で絞って書けば、より印象的です。是非書かれませんか?・・・と言うか、ほとんどコメントのままの記事で構いません。私が書いてもいいのですが、殆どパクリになってしまいます(笑)
差し当たって、変換ミスの正い変換文を教えて頂けますか?

2022/02/28 (Mon) 23:04

guyver1092

やる気をそぐ

 やる気をそぐで書いてみます。
 私はかな入力をしているので、変換間違いというよりはタイプミスで、文字が足りなかったとか、ダブって打ったのを変換ミスしたものですね。打ちたがったのは、「気違い以外」です。

2022/03/02 (Wed) 21:47
☘雑草Z☘

☘雑草Z☘

Re: やる気をそぐ

なるほど、「気狂い以外」は、ますますインパクトがあっていいですね。
「やる気を削ぐ」と言うタイトルも、逆説的な「累進課税反対」のタイトルのようで意外性が面白いです。
お忙しいでしょうから、コメントとほぼ同じ内容・同じ長さでいいですよ。
・・と言うか、短い方がインパクトも更に強いし、読んでくれると思います。
短い記事を多くしようと考えています。
急がなくてもいいので、よろしくお願いします。楽しみにしております。

2022/03/03 (Thu) 06:36
☘雑草Z☘
Admin: ☘雑草Z☘
無理に経済成長させようとするから無理に沢山働かなければなりません。あくせく働いて不要なものを生産して破局に向かっているのです。不要な経済や生産を縮小して、少ない労働時間で質素にゆったり暮らしましょうよ!「経済成長」はその定義からも明らかなように実態は「経済膨張」。20世紀に巨大化したカルト。
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
社会・経済